この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】事故が起きた時の保険会社の事故対応の内容と保険料まとめ

自動車事故を起こした時やもらい事故にあった時は保険会社が事故対応をしてくれますが、この保険会社がしてくれる事故対応とは何か?を詳しく説明しています。

具体的に事故の時に険会社がしてくれる事故対応は、レッカー車や代車の手配、事故相手との会話の代行、修理工場の手配、相手の病院への連絡、示談交渉、事故に関する相談や弁護士の手配をやってくれます。

被害者の救護や警察への連絡、救急車の手配は自分でやる必要がありますが、その後の面倒なことは保険会社がやってくれるでの示談交渉の結果を待つだけということも多いです。

この事故が起きた時の保険会社の対応は、代理店から契約している代理店型でもインターネットなどの通販から契約しているダイレクト型でも対応は同じです。

事故が起きた時の保険会社の事故対応の内容の詳細

事故が起きた時は、まず最初に負傷者の救護と事故車の移動をして、警察に連絡(届出)までを優先的に行います。その後に保険会に連絡します。

保険会社に連絡をすると事故の対処のアドバイスをしてくれたり、自分が事故相手の話をする自信がない時は保険会社の担当者が電話で話をしてくれたり、事故現場に駆けつけてくれたりします。

この対応はどの保険会社でも同じです。

事故が起きた時の保険会社の事故対応の内容
  • 事故の状況の確認や事故の対処のアドバイス
  • 事故現場への駆けつけ
  • レッカー車や代車の手配
  • 修理工場までのレッカー移動
  • 事故相手との会話(電話で)
  • 事故相手の病院への連絡と治療費の支払い
  • 事故相手との示談交渉
  • 弁護士の紹介や弁護士費用の支払い

他には、車のレッカー移動や修理工場の手配をしてくれますので帰りの交通手段は問題ありません。保険会社の指示に従ってレンタカーや新幹線などで自宅まで帰ることが多いです。一人の場合であれば、レッカー車に乗せてもらえることもあります。

あとは、事故後の示談交渉や治療費の支払い、損害賠償金の支払いなどは保険会社がやってれるので特になにもやらなくても保険会社任せで進んでいきます。

事故にあった時や起こした時に自分がやること

事故が起き時に現場でやることは主に自分でやる必要があります。

大事なことは負傷者の救護と二次災害が起きないように事故車の移動(移動できる場合)、警察への連絡です。もし相手が当たり屋だと思っても普通の事故のように対処してください。

交通事故の時に行う対処方法と手順まとめ
  1. 負傷者の救護(ケガの具合を確かめて必要であれば救急車を呼ぶ)
  2. 必要であれば事故車の移動
  3. 警察に連絡(届出)をする。自損事故の場合も必要。(必須)
  4. 被害者の氏名や住所、連絡先を確認する(必須)
  5. 保険会社に連絡をする(必須)
  6. 事故現場の証拠の保全
  7. 現場の写真を撮影する
  8. 目撃者がいれば連絡先を聞く
  9. その場で示談には応じない

相手の氏名や住所、連絡先を確認は免許証や車検証で確認できます。相手の許可を得て、携帯やスマホのカメラで撮影しておくといいでしょう。

相手がその場で示談してほしいと泣きついてきても絶対に示談交渉には応じてはいけません。ほとんどの場合あなたが不利になるからです。

【重要】交通事故の際はすぐに警察を呼んで届出をしないと保険金が受け取れない

【必読】追突事故はその場で示談は絶対ダメ!過失割合と慰謝料の詳細

ダイレクト型(通販型)自動車保険でも事故対応は同じ

自動車保険には代理店型とダイレクト型(通販型)の2つがあります。

結論を先に書くと、代理店型でもダイレクト型(通販型)でも事故対応は全く同じです。

なぜなら申込み方法が違うだけで全く同じ保険会社に契約しているからです。ダイレクト型(通販型)でも担当者は付きますし、対応が変わることはありません。

代理店型は自動車を購入したディーラーや中古車屋、修理工場などで申し込みます。ダイレクト型保険はインターネットから申し込むだけの違いです。

ダイレクト型(通販型)と代理店型自動車保険との比較

ダイレクト型(通販型)保険はインターネットから申込みをするので人件費や店舗代などのコストがかかっていません

保険商品や補償、事故対応は代理店型と全く同じですが保険料は安くなります。

代理店型は対面で自動車保険の加入ができるので簡単ですが人件費や店舗代などのコストがかかっているのでダイレクト型よりも保険料は高くなります。

ダイレクト 代理店
保険商品や補償 ダイレクト型・代理店型でも保険商品や補償は全く同じ
事故対応 ダイレクト型・代理店型でも事故対応は同じ
保険料 安い 高い
相談・見積 保険会社に直接メールや電話で行う。複数保険会社無料一括比較サービスが便利。 代理店の店頭で担当者に相談したり見積もりを依頼する。最適な保険を提案してくれる。
契約方法 インターネットから行う 代理店の担当者が手続きする

【保存版】自動車保険の代理店型とダイレク型の保険会社の関係と違いまとめ!

事故をすると等級が下がり保険料が高くなる

現在の自動車保険(任意保険)の制度は等級によって保険料が変わるノンフリート等級制度をどの保険会社も導入しています。

事故で保険を使った場合は3等級ダウン事故として扱われるため事故有等級による影響で翌年保険料がアップします。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。事故無等級よりも事故有等級のほうがどの等級でも割引率が大幅に低く設定されているのがわかると思います。

事故の種類 事故の内容 翌年の等級
3等級ダウン事故

(通常の事故)

  • 相手を死傷させて対人保険を使った
  • 車同士の事故で対物保険を使った
  • 当て逃げにあった
  • 自分の車の修理や乗り換えで車両保険を使った
3等級ダウン
3年間 事故有等級
1等級ダウン事故

(小さい事故)

  • 落雷、火災、爆発、水害にあった
  • 車の盗難や落書きにあった
  • 飛び石での窓ガラスの破損を車両保険で修理した
1等級ダウン
1年間 事故有等級
ノーカウント事故

(等級影響なし)

  • 搭乗者のケガで人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使った
  • 125cc以下の原付バイク事故で保険を使った(ファミリーバイク特約
1等級アップ
無事故等級等級影響なし

【保存版】ノンフリート等級やノンフリート契約の詳細まとめ

事故をすると保険料が高くなるのを安くする方法裏技

事故をして保険を使うと等級が下がるので保険料が上がる(高くなる)ことをお話しました。

また、「代理店型」自動車保険よりも「ダイレクト型(通販型)」自動車保険のほうが同じ保険の補償内容であっても保険料が安くなることもお話しました。

代理店型自動車保険を契約している方はダイレクト型(通販型)自動車保険に乗り換えるだけで大幅に保険料を安く出来ます。ほとんどの場合、事故前の保険料よりも安くなります。

また、既にダイレクト型(通販型)自動車保険を契約している場合は、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで自分の条件の場合に保険料が安い保険会社を探すことができ、等級を引き継いで乗り換えることができます。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

保険料は一人ひとり異なるので実際に自分の保険の条件で各保険会社に対して保険料を見積もってみないとどの保険会社が安くなるのかはわかりません

誰一人自分と同じ保険の内容や条件である人はいないからです。

一括見積りサイトにアクセスして、契約者の情報や保険をかけたい車両の情報、補償内容や条件を1度入力すだけで10分程度で各保険会社から具体的な保険料が入った見積りが返信されてきます。

もちろん利用料は完全無料でgmailやヤフーメールなどのフリーメールアドレスで一括見積もりをとることができるので安心です。

一括見積もりで各保険会社から出てきた内容と金額をみて自分の条件にあった保険会社を選ぶことで事故で上がった保険料を下げることができます。

自動車保険は定期的に見直すことで保険料が変わります。

半年に1回ほど一括見積もりを使って各保険会社の保険料を調べる高い保険料で自動車保険を契約するということを避けられます。

保険料の安いダイレクト型(通販型)保険が大幅に節約ができる

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は大きく異なります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく弁護士費用特約付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

何度も条件を変更して見積もりをしても完全無料なので納得するまで徹底的に見積もりをして比較をすると保険の条件を充実させながら保険料を安くすることができます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社の保険がお得になります。この一括見積もりでの算出結果は保険会社が直接算出するものなのでその金額で実際に乗り換えることができます。

事故で等級が下がって保険料が上がった場合でも、そのまま継続すると保険料は高くなったままですが、同じ保険の条件で保険料の安い保険会社に乗り換えることで事故をする前の保険料よりも安くすることができます。完全無料なので一度試してみてください。

今契約している保険会社が実は他の保険会社よりも大幅に高かったということにも気がつけます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)