【保存版】自動車保険の等級をリセットする方法と保険料を下げる方法

事故で等級が下がって自動車保険の任意保険や車両保険の保険料が高いという時や1等級や2等級になってしまって契約更新ができない新規での任意保険の契約を断られたり乗り換えができないということはありませんか?

結論を先に書くと、「友達や別居している家族の名義で解約する」「保険の解約後13ヶ月後に契約する」「無料で使える一括見積もりサービスを使って安い保険料の保険会社を探す」の3つの方法を使うことで等級をリセットして任意保険や車両保険の保険料を下げることができます。

スポンサーリンク




自動車保険の等級をリセットする2つの方法

自動車保険の等級は基本的に保険会社を乗り換えても引き継がれます。1等級や2等級などの低い等級であることを隠して乗り換えても必ずバレて保険料の差額を請求されたり保険の契約を断られます。しかし下記の2つの方法を使うことで等級をリセットすることができます。

  1. 友達や別居している家族の名義へ変更する
  2. 自動車保険を解約してから13ヶ月待つ

[方法1] 他人である友達や別居している家族の名義へ変更する

等級をリセットするには別居している家族や他人である友達に名義変更すると等級をリセットすることがができます。同居の家族や排風者、同居の親族に名義変更しても等級はリセットできませんので注意してください。

  • 等級がリセットできる名義変更先: 別居の家族、他人である友達
  • 等級が引き継がれてしまう名義変更先: 同居の家族、配偶者、同居の親族

友達は保険の契約者(記入被保険者)とまったく関係のない他人なので友達の名義にすることで等級はリセットされます。

しかし、万が一事故が起きた時は保険会社が契約の詳細な内容と運転者などを調査します。その時に別居の家族や他人である友達が記名被保険者であるにも関わらず他人が運転していた場合は等級のリセットを試みたかどうかを調査されます。

この時に保険のリセットを試みた人がその車を主に運転していたことが判明すると補償を受けられないで保険金を受けられないことがあります。

そのため友達や別居の家族名義にした時は十分に注意して運転するから普段からあまり運転しないようにした方がもしもの事故の時に補償されないということになりません。

[方法2] 自動車保険を解約してから13ヶ月待つ

等級のリセットで確実で認められてる方法は等級を引き継ぎたくない自動車保険を解約して13ヶ月無保険ですごすことです。自動車保険の任意保険や車両保険の1等級~5等級までの「デメリット等級」は過去13ヶ月間自動的に引き継がれる仕組みになっています。

6等級~20等級までの「メリット等級」は8日間しか継続することができません。

そのため等級が低い自動車保険を解約してから13ヶ月以内に解約した保険会社とは違う保険会社に契約したとしても等級が引き継がれてしまいます。

しかし、前に加入していた保険を解約してから13ヶ月経過後であれば前の保険の等級が1等級や2等級などのかなり低い等級であっても自動車保険を契約する時は6等級からスタートすることができます。

一番確実な方法が等級の低い自動車保険を解約して13ヶ月間は自分が記入被保険者となるような保険はかけないことです。

または低い等級でも入れて保険料が安い保険会社に乗り換えるべきです。

【保存版】1等級でも入れる自動車保険の探し方と保険料最安加入方法

等級は保険会社を乗り換えてもリセットできない

等級は保険会社を変えてもリセットできません。

隠して他の保険会社で契約しても保険会社間で等級情報を共有している等級管理システムですぐにバレます。

【必見】等級や割引は保険会社を乗り換えても引き継がれる?

自動車保険を解約しても等級はリセットできない

自動車保険の等級は基本的に保険会社を乗り換えても引き継がれます

そのため等級を引き継ぎたくない自動車保険を解約して他の保険会社で加入し直しても等級はリセットされません。

これは保険会社間で等級の情報が共有されていて、「どうせわからないだろう」と思って保険会社を乗り換えても必ずバレます。もしバレた場合は嘘の申請をしたということで契約破棄または本来の低い等級での保険料との差額を請求されます。

さらにこのようなことをすると保険会社のブラックリストに載ってしまい再度同じ同じ保険会やで保険をかける時に拒否されるようになることもあります。

車を乗り換えても等級はリセットできない

車を乗り換えたら等級をリセットできるかもと思うかもしれませんが車の乗り換えをすると保険会社は車両入替として判断しますので等級は新しい車に引き継がれるため等級のリセットをすることはできません。

しかし、車の乗り換えではなく買い足しをすれば等級を引き継がないで6等級(セカンドカー割引なら7等級)スタートすることができます

買い足しの場合は引き継ぐ保険がないので等級は引き継がれません。

  • 車を乗り換えして保険をかけ直す: 等級は引き継がれる
  • 等級の低い保険の車を残したまま買い足しをする: 等級は引き継がれない(6等級または7等級スタート)

自動車やバイクを買い足し(増車)をする場合は、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うと各保険会社の保険料を簡単に見積もって比較することができるので気が付かいないで高い保険料を払ってしまうということが避けられるので安い保険料で保険を契約できて大幅に節約することができます。

共済と自動車保険を乗り換えても等級はリセットできない

JA共済や職員共済などの共済にも等級がありますが、

共済から自動車保険や自動車保険から共済に乗り換えてた場合でも等級は引き継がれます。

JA共済や職員共済なども日本損害保険協会という協会に加入している保険はすべて等級は引きつがれます。そのため、どの共済でも自動車保険でも乗り換えをすると低い等級は引き継がれてしまうので注意してください。

等級リセットを考えるより保険料の安い自動車保険を探して乗り換えるのがベストな方法

いかがでしたか?このように等級情報は保険会社を乗り換えても同居している家族に名義変更をしても等級は引き継がれてしまいます。

等級をリセットする確実な方法は13ヶ月間無保険で等級がリセットされるまで待つことですが車が必要な環境で13ヶ月車に乗れなかったり無保険で車を運転するのは厳しいです。

じつは等級はが低くても保険会社によって保険料が2割〜5割程度安いこともあり一度見積もりをとってどれくらいの保険料になるのか、現在加入している保険との保険料の差額などを比較してみてください。

自動車保険の保険料は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大きく変わります。保険料の安い保険会社を見つけるには見積もりをとって比較してみるしかありません。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

下記で紹介する自動車保険の一括見積もりを使うことで加入できる保険会社を探すことができ、また最安の保険料の会社で任意保険や車両保険に加入したり現在加入中の保険から乗り換えることができます。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるだけでなく、任意保険や車両保険に新規加入できるか、乗り換えができるか、契約更新はできるかは保険会社で異なっています。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。等級が低くても驚くほど保険料が安くなったりするので知らない人は無駄な保険料を払っていて損をしています。また損をしていることにさえ気がついていません。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して等級が低い人でも保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

スポンサーリンク