この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険・任意保険の代理店変更の方法と手順

自動車保険の任意保険や車両保険の代理店の変更方法は「1.代理店に代理店変更をしたい旨を伝える」「2.保険会社に代理店変更をしたい旨を伝える」「3.保険会社ごと乗り換える」のいずれかの方法で変更できます。

自動車保険(任意保険や車両保険)の代理店変更ができるのか気になるかと思いますが、自動車保険の代理店は変更することができますし解約も自由にできます。例えば引っ越しをした場合や現在使っている代理店の対応や担当者が気に入らないなどの理由で変更したい場合も代理店変更は保険会社に連絡することで変更が可能です。

武中
ただし、代理店変更は保険会社によっては保険の更新タイミングでないとできな保険会社や現在契約中の車の廃車をしないと変更できないと言われたら保険会社ごと乗り換えるのがベストな方法です。保険会社は複数あるので対応に疑問がある会社をわざわざ使ってあげる必要はありません。

保険会社を乗り換える場合には自動車保険の一括見積もりサービスを使いことで現在の保険会社の保険料よりも安くして乗り換えることができますし自分で複数の保険会社から選択することが可能です。

他の自動車保険会社に乗り換えると現在使っている代理店や車屋や中古車やディーラーに知られることなく保険を乗り換えることができます。

武中
代理店を使って自動車保険に加入している時点で無駄な保険料をかなり払っています。ダイレクト型に乗りかえるだけで大幅に保険料を安くして節約できます。どの保険会社が安いのかは自動車保険の無料の一括見積もりを使うことで簡単に調べて比較することができます。
スポンサーリンク




自動車保険・任意保険や車両保険の代理店変更の方法と手順

自動車保険の任意保険や車両保険は1年契約となっていますが途中で代理店変更も保険会社の変更も可能です。

また保険会社を乗り換えた場合でも等級は引き継がれますので保険料が高くなるということがなくむしろ無料の一括見積りを使って複数の保険会社に見積りをとってから保険料の安い保険会社に乗り換えるため保険料は安くなります。

自動車保険の任意保険や車両保険の代理店や保険会社自体を変更するああいは下記の方法で変更可能です。

  1. 現在使っている代理店に代理店を変更したい旨を伝える
  2. 現在加入中の保険会社に代理店を変更したい旨を伝える
  3. 現在加入中の保険会社に保険会社を変更したい旨を伝える

自動車保険の代理店や保険会社の変更をするのに大事なこと

自動車保険の代理店や自動車保険の保険会社時代を変更する場合に知ておいてほしい知識をまとめました。これらを知っておくことで変更する時に色々と調べたり悩まなくて良くなります。

保険の代理店を変更してもデメリットはない

自動車保険の保険の代理店を変更してもデメリットはありません

保険自体はどの代理店を使っても契約内容も条件も同じで窓口となる担当者が変わるだけです。しかし代理店経由の自動車保険(代理店型自動車保険)は保険会社と直接契約する通販型の自動車保険と比べて保険料が2割〜5割ほど高いのが現状です。

そのため代理型でなければならない理由がなければ通販型の自動車保険に乗り換えることで大幅に保険料が安くなるので得をしますし節約にもなります。

自動車保険の等級は現在の保険の等級が引き継がれる

自動車保険の代理店を変更したり、自動車保険の保険会社自体を変更した場合も保険の等級は引き継がれます。そのため、代理店や保険会社を乗り換える時も等級はリセットされず継続されますので安心して乗り換えが可能となっています。

現在加入している保険会社より保険料を安くできる

代理店を経由して自動車保険に加入している場合は、保険会社と直接契約する通販型とくらべて保険料は2割〜5割程度高く設定されいます。

これは保険会社が代理店に対して契約獲得報酬を支払っているからでその報酬は保険加入者の保険料に上乗せされています。そのため代理店型の自動車保険は代理店を使わない通販型の自動車保険と比べて大幅に保険料が高いのです。

自動車保険の代理店を変更する時やタイミング

自動車保険は今までの代理店との付き合いという理由や自動車を購入したディーラーや中古車や修理屋などで加入したということはよくあることです。

下記の場合であれば自動車保険の代理店は一般的には変更します。

引っ越しをした時は自動車保険の代理店を変更する

引っ越しなどで住所が変わった場合は、契約内容変更となりますので住所変更の連絡が必要になります。また代理店も同じ保険会社の他の代理店に変更ができます。

引っ越しをして住所が変わったタイミングは自動車保険の保険料を安くするのに絶好のチャンスでもあります。代理店型の自動車保険は通販型の自動車保険と比べて保険料が割高です。

無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことで簡単に保険料の安い保険会社を探すことができます。

代理店の担当者と合わないトラブルがあった時は代理店または保険会社を変更する

代理店の担当者と合わなかったり対応に疑問を持ったりトラブルがあった場合は代理店を変更しましょう。また、ロードサービスや保険会社の対応がイマイチだったら保険会社ごと乗り換えるのがおすすめです。

代理店型の自動車保険は通販型の自動車保険と比べて保険料が割高なので無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使って探した保険料の安い保険会社に乗り変えることで今現在の保険料の2割〜5割程度保険料を安くできます。

保険会社に代理店を変更できないと言われた場合

応対が悪い保険会社では代理店を変更したい旨を伝えても代理店の変更はできない。といわれて断られることがあります。代理店は自由に変更ができるのにこのように言われている場合は、保険会社が加入者を減らしたくなりからです。

保険の契約者には代理店を自由に変更できる権利があります。

そのようなことを言われた場合は、その保険会社から乗り換えたほうがいいです。事故を起こした時はもっと応対が悪くなり本来受けられる補償が受けられなくなったりします。なぜなら事故での補償内容は担当者の最良によって決定される部分が多いからです。

また、相手の保険会社の担当者と示談交渉をする際にもこちらの主張どおりに話を進めてくれない可能性も高いです。保険会社や代理店に解約や代理店や保険会社の変更を対応してくれなくても契約者は自由に保険会社の乗り換えと解約ができます

無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使って保険料の安い保険会社に速やかに乗り換えることがおすすめです。

代理店型の自動車保険は保険会社を変更すると保険料が必ず安くなる

自動車保険には代理店型とダイレクト(通販型)の2つがあります。どちらの保険商品や補償は全く同じですが保険料は代理店型が大幅に高いです。

武中
代理店を使って自動車保険に加入している時点で無駄な保険料をかなり払っています。ダイレクト型に乗りかえるだけで大幅に保険料を安くして節約できます

これは代理店に対して保険会社が獲得報酬を支払っているからで、その報酬は加入者の保険料から出ています。報酬を払うために代理店型の保険は保険料が上乗せされて高くなっています。

ダイレクト(通販型) 代理店
保険商品や補償 ダイレクト型(通販型)・代理店型でも保険商品や補償は全く同じ
保険料 (大幅に)安い 高い
相談・見積 保険会社に直接メールや電話で行う。複数保険会社無料一括比較サービスが便利。 代理店の店頭で担当者に相談したり見積もりを依頼する。最適な保険を提案してくれる。
契約方法 インターネットから行う(24時間365日) 代理店の担当者が手続きする

【保存版】ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリット・デメリットまとめ

安い保険料の保険会社を探す方法は、今は無料で使える自動車保険の一括サービスという便利なものがあって完全無料で安い保険料の保険会社を簡単に探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと契約者変更後の保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。ぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク