この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険の解約に違約金はかかる?保険会社の乗り換え方法

自動車保険の任意保険や車両保険の解約は一切解約金はかかりません

好きなタイミングで解約したり他の保険会社へ乗り換えができます。

契約期間中に解約した場合は、月割りで解約返戻金(へんれいきん)が指定した口座に振り込まれす。等級は「中断証明書」を発行してもらっておけばまた自動車保険に加入する時に解約前の等級を引き継いで自動車保険を契約することができます。自賠責保険も廃車にした場合は月割りで保険料が返金されます。

また、現在の等級を引き継いだまま保険料の安い他の保険会社に乗り換えることも可能ととなっています。ここでは自動車保険の解約と違約金、安い保険料の保険会社に乗り換える方法を紹介します。

スポンサーリンク




自動車保険の解約に違約金はかからない違約金は不要

自動車保険の任意保険や車両保険は通常1年間契約ですが、契約期間中に途中解約しても違約金は一切かかりません。そもそも自動車保険には「違約金」の支払い制度がありません

自動車保険の保険会社は同じ条件や補償内容でも保険会社によって保険料が大きく変わるので保険会社を乗り換えることが普通に行われています。等級もそのまま引き継げるのでメリットはなく同じ条件と補償内容で保険料が安くなるので節約にもなります。

また、保険会社によっては最初から無料で付加されるロードサービスが充実している保険会社もあり、JAFよりもサービス内容が充実しているためロードサービスに強い保険会社に乗り換えてJAFを解約することでJAFの年会費も節約することが可能です。

【必見】JAFの年会費を自動車保険ロードサービスで無料にする方法

【保存版】自動車保険のロードサービス内容と保険料詳細とJAFとの比較

自動車保険の任意保険や車両保険を解約する方法と手順

自動車保険の任意保険や車両保険を解約する手順と方法は下記の流れになります。

  1. 現在契約中の保険会社または代理店や営業所に「解約したい」と電話で連絡をする
  2. 保険会社から郵送されてくる解約に必要な書類に必要事項を記入して、保険証券を同封して郵送する

自動車保険の任意保険や車両保険はたったこれだけで解約できます。契約期間中のいつであっても解約できます。

また、自動車保険の任意保険や車両保険を年払いで一括払いしていた場合は契約期間が残っている状態で途中解約すると保険金は解約返戻金(かいやくへんれいきん)として戻ってきます。解約返戻金は日払いではなく月払いで違約金や手数料は発生しません。

翌月から契約終了までの保険料が月割りで返金されます。

【必見】自動車保険を途中解約したら一括払いの保険金は戻ってくる?

しかし、現在加入している自動車保険の等級が7等級以上であればそのまま解約するのはもったいないいです。自動車保険には解約しても「中断証明書」という最大10年間等級の引き継ぎができる制度があります。これをうまく利用することで今度自動車保険をかけるときに高い等級の保険料の安い状態からスタートできるので絶対に使ったほうがいいです。

デメリットはなくメリットしかないので保険会社から案内されなかった場合はこちらから「中断証明書」発行知てほしいことを伝えて発行してもらって下さい。発行手数料は無料です。

この「中断証明書」を使ってさらに自動車保険の保険料が安い保険会社を無料で使える一括見積もりサービスを使って比較して選ぶことでかなり保険料を安くできます。

【必見】自動車保険を途中解約で等級を引き継げる「中断証明書」の詳細と手順

自動車保険の任意保険や車両保険を解約する時の必要書類まとめ

自動車保険は解約しても10年間は解約前の等級を保存して新たに自動車保険をかける時に等級を引きついで契約できる「中断証明書」という制度があります。

中断証明書は10年間有効なので活用したほうが絶対に得をします。

この「中断証明書」を使うことで数年後などに自動車保険に加入するときに高い等級と安い保険料の状態でスタートできるので必ず利用したほうが大幅に保険料が下がり、保険料の節約になります。「中断証明書」を発行して解約する方法と必要書類を紹介します。

保険会社に「中断証明書」を発行してもらえる条件まとめ

  1. 保険の解約日または満期日までに自動車の廃車や一時抹消(抹消登録)、リース車の場合はリース会社に返還の手続きが完了していること
  2. 保険の解約日または満期日までに車検の有効期限が切れて車検を受けていないこと
  3. 保険の解約日前または満期日前の等級が7等級以上であること

「中断証明書」を発行して解約する場合に必要な書類

「中断証明書」を発行して解約する場合に必要な書類は下記になります。「中断証明書発行依頼書」を含む書類一式は解約したい旨を伝えると保険会社から郵送してもらえます。

  1. 自動車の廃車や一時抹消(抹消登録)、車検切れや盗難などを証明する書類
  2. 一時末梢の場合は一時抹消の日付がわかる書類
  3. 保険料券の保険加入者のひかえ
  4. 中断証明書発行依頼書(解約する保険会社からもらう)

「中断証明書」を発行しないで解約する場合に必要な書類

「中断証明書」を発行しないで解約する場合に必要な書類は下記になります。中断証明書を発行しない場合は、「中断証明書発行依頼書」は郵送されてきません。

  1. 自動車の廃車や一時抹消(抹消登録)、車検切れや盗難などを証明する書類
  2. 一時末梢の場合は一時抹消の日付がわかる書類
  3. 保険料券の保険加入者のひかえ

保険会社は等級を引き継いで乗り換えができる

自動車保険の任意保険や車両保険の保険会社を乗り換える時に解約してから新規で新しい保険会社で加入しなおす方がいますがこの方法は大幅に損をします。

自動車保険は、保険会社を乗り換えても等級の引き継ぎができるようになっています。そのため他の保険会社に乗り換えるために解約を検討している場合は、現在の等級が7等級以上(7等級を含む)であれば等級引き継ぎ制度を使って乗り換えましょう。

新しい保険会社は一括見積もりを使って比較して選ぶ

自動車保険というのは同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。しかし、どの保険会社の保険料が安いのかは見積もりをとってみないとわかりません。

保険会社を乗り換えるほとんどの方は無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して同一条件で見積もりを出して比較してから選んでいます。これをするだけで保険料は大幅に安くなり、2割〜5割程度保険料を下げて節約することができます。

解約する時に「解約返戻金」を受け取れる条件

  • 自動車保険の保険料を一括で支払っていること

※月払いにしている場合は解約返戻金は発生しません。

また、一括払いの場合、保険の満期日まで1ヶ月を切っている場合は、解約返戻金は支払われません。そのため月初めに解約すると1ヶ月分の保険料を無駄に支払ってしまうこといなるので計画的に解約時期を決めることが重要です。

自賠責保険(強制保険)の途中解約の方法と必要書類

車検のある車の場合は強制保険である自賠責保険も加入しています。解約返戻金は自動車保険の任意保険や車両保険だけでなく強制保険である自賠責保険にも同様の制度があります。

自賠責保険の解約と保険料の返金をしてもらうのは廃車手続きをしていることと契約の残り期間(契約残存期間)が1ヶ月以上であることが条件となっています。

自動車やバイクを廃車した場合と自賠責共済に加入した場合に解約返戻金を受け取れます。

交通事故で全損扱いとなったり車両保険での補償を受ける場合は保険会社が車両を引き取るので廃車扱いとなり自賠責保険の解約手続きは保険会社がやってくれて解約返戻金が保険会社から還付されるため自分で手続をする必要はありません。

自賠責保険(強制保険)の途中解約に必要な書類

自賠責保険の途中解約の時に必要な書類は下記になります。普通車と軽自動車では内容がことなります。結論を先に書くと、自賠責保険の保険料の返金が廃車は必須なので解除事由証明書や登録事項等証明書などの廃車を証明できる書類があれば問題ありません。

普通車の場合

・一時抹消登録証明書
・登録識別情報等通知書
・自動車重量税還付申請書付表
・解除事由証明書
・登録事項等証明書
・輸出抹消仮登録証明書
・輸出予定届出証明書

※上記のいずれか1つの書類

軽自動車の場合

・自動車検査証返納証明書
・軽自動車検査証返納確認書
・自動車重量税還付申請書付表1
・解除事由証明書
・検査記録事項等証明書
・輸出予定届出証明書

※上記のいずれか1つの書類

書類の発行先・入手先

これらの書類の発行先は、普通車の場合は、運輸支局や運輸監理部や自動車検査登録事務所となり、軽自動車の場合は、軽自動車検査協会か軽自動車協会連合会になります。

車を買い換える時に保険会社を解約する時に自動車保険料を安くして節約する方法

現在、加入している保険を解約して新しい保険に契約しようと思っているかたもそのまま今の保険会社を使い続ける場合も自動保険は無料で使える一括見積もりサービスを使うことで自動車保険の保険料を大幅に安くすることができます保険料を安くするには必須ともいえます。

また1年に1度や保険の満期日前に底的に見直すことで常に無駄に保険料を払うことなく最安の保険料で自動車保険をかけることができます。

ディーラーや代理店、中古車販売店などで契約した場合と比べて2割〜5割程度保険料を安くすることができ、ほとんどの方が保険料を下げて節約することに成功しています。

自動車保険の保険料は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大きく変わります。保険料の安い保険会社を見つけるには見積もりをとって比較してみるるしかありません。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん完全無料です。

下記で紹介する自動車保険の一括見積もりを使うことで加入できる保険会社を探すことができ、また最安の保険料の会社で任意保険や車両保険に加入したり現在加入中の保険から乗り換えることができます。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるだけでなく、任意保険や車両保険に新規加入できるか、乗り換えができるか、契約更新はできるかは保険会社で異なっています。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク