この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】運転を代わった時の事故は自動車保険で補償が受けられる?

友達や別居している家族や親戚、知人と自動車で出かけた時に「運転を代わって」と言って運転を交代することがあると思います。

結論を先に書くと、自分が自動車保険(任意保険)に加入した時に自動付帯される「他車運転特約」がついていればもしもの事故の時も補償されます。「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の補償が受けられます。

他人の車を運転する時は「他車運転特約」がついているのかを事前に確認しておくことが大切です。運転してもらう人が自動車保険に加入していない場合は「他車運転特約(他車運転危険担保特約)」がなく補償されないので運転をさせてはいけません。

そのような場合は1DAY保険をかけてもらってから運転してもらうようにしましょう。

「他車運転特約」がない場合でも車の所有者側の保険が他人が運転時の事故も補償される保険内容であればもしも事故の場合も補償されますが「運転者限定」の内容が重要となります。

スポンサーリンク




運転を代わった時の事故は「他車運転特約」があれば補償される

運転を変わった時の事故の補償は、車の所有者ではない運転者の自動車保険に他車運転危険担保特約」(他車運転特約、他者運転危険担保特約)がついていれば万が一に事故が起きたときでも「他車運転特約」で補償されます。「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の補償が受けられます。

他車運転特約の呼び方は保険会社によって微妙に異なりますが補償内容は同じです。

ただし「他車運転特約」は停車中や駐車中の事故の場合は補償されませんので注意が必要です。しかし停車中や駐車中というのは信号待ちで停車中の場合の追突事故は過失割合は0%で相手が100%になりますし、駐車中の事故は車の所有者の保険が使えます。

他人に車を運転させる時は「他車運転特約」がついているか確認してから運転させるようにしましょう。もし「他車運転特約」がついていなかったりそもそも運転させようとしている人がそもそも自動車保険をかけていない場合は運転させないか1日保険1DAY保険・ドライバー保険に加入してもらいましょう。

「他車運転特約」や自動車保険の契約がない場合は1日保険1DAY保険・ドライバー保険に加入する

運転させる人が「他車運転特約」がついていなかったりそもそも運転させようとしている人がそもそも自動車保険をかけていない場合はそのままの状態で運転している時に事故に遭った場合は車の所有者が加入している自動車保険以外に補償されるものがありません。

自分の保険を使った場合は等級が1回の事故で3等級ダウンします。等級ダウンすると保険料が上がるのでできれば使いたくないはずです。

【保存版】ノンフリート等級やノンフリート契約の詳細まとめ

今は1日だけかけられる自動車保険の1日保険(1DAY保険)や1ヶ月だけの短期間だけかけられる自動車保険(任意保険や車両保険)があります。1日保険はワンデー保険やちょいのり保険とも言われています。

1日だけかけられる1日保険(1DAY保険)は1日24時間500円(車両保険をつけても1000円)でかけられるのでとても安いです。

詳しくは専用の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

【保存版】1日保険1DAY保険・1ヶ月の短期間の自動車保険選び方と方法

車の所有者の自動車保険で事故も補償可能「運転者限定」の内容が重要

友達や知人が運転中に事故を起こした時に、「他車運転特約」や「1DAY保険」に加入していなかった場合は車の所有者の自動車保険を使うことになります。車の所有者の自動車保険で補償が受けられるかどうかは「運転者限定の有無」が重要となります。

もし、「運転者限定が有」で運転者を家族・配偶者などに限定していた場合は他人が運転している時に事故をした内容は補償されません。

もし「運転者限定が無」(上の表で「限定なし」)の場合であれば他人が運転中に起こした事故であっても車の所有者の自動車保険で補償することができます。

「運転者限定あり」にしている可能性は高い

通常他人を運転することを想定していないで自動車保険の任意保険や車両保険に加入していた場合は、「記名被保険者(本人)とその配偶者、または記名被保険者とその配偶者の同居の親族限定」などにしている可能性が高いです。

これは補償される運転者の範囲が狭いほど保険料が安くなるからです。一番安い運転者限定は記名被保険者(本人)限定です。

「運転者限定なし」にすると保険料があがるので家族や本人しか乗らない想定で保険をかけていた場合は「運転者限定あり」で保険に加入している可能性が高いので他人に車を運転させる場合には事前に確認しておく必要があります。

もし他人を運転させることがあれば、運転者限定特約を外すことも1つの方法です。いつから特約を解除するなどの指定ができます。この場合は保険料の差額支払いが発生するので、保険会社が必要です。

【保存版】自動車保険の保険料が上がる下がる原因と決定要素まとめ

「運転者限定なし」にしても保険料を安くする裏技

また保険料は基本的にあがりますが、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って「運転者限定特約なし」でも現在加入している自動車保険の保険料よりも安くすることができます。

自動車保険の一括見積もりサービスは同一条件で複数の保険会社に対して見積もりを依頼して一括比較ができるので一番安い保険料の保険会社を探して乗り換えることができます。

  • 現在契約中の保険を「運転者限定特約なし」にする: 保険料が上がる
  • 一括見積もりサービスで一番安い保険会社に乗り換える: 「運転者限定特約なし」でも現在加入中の保険会社よりも保険料が安くなる

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して他人に車を運転させることができるようになります。

他人の車を運転することがあれば「他車運転特約」をつけておくと便利で安心

いかがでしたか?このように運転を変わった時の事故の補償は、車の所有者ではない運転者の自動車保険に他車運転危険担保特約」(他車運転特約、他者運転危険担保特約)がついていれば万が一に事故が起きたときでも「他車運転特約」で補償されます。「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の補償が受けられます。

そのため他人の車を運転することがある場合は、「他車運転特約」をつけておくのが一番安心できる方法です。「他車運転特約」をつけても保険料を大幅に下げる裏技があります。

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

「他車運転特約」つけていない保険会社の保険料と、「他車運転特約」をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多いのです。

そのため車上荒らしへの対策として、車両保険をつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

「他車運転特約」付きの同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。現在加入している自動車保険と全く同じ条件で一度一括見積もりをしてみて、さらに車両保険をつけた場合の見積もりもしてみるといいです。

何回使っても無料なので上手く使ってもしもの事故の時も補償されるようにしておくことが大事です。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク