この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】20等級の自動車保険の保険料を下げる裏技・方法とは?

自動車保険の任意保険は等級によって割引率が変わり新規で加入した時は6等級からスタートして1年間無事故であれば1等級ずつ上がり最大で20等級です。

結論から先に書くと、同一条件で保険料の安い保険会社に乗り換える、代理店型自動車保険からダイレクト型(通販型)自動車保険に乗り換えることで同じ20等級でも大幅に保険料を安くすることが出来ます

20等級まで上がってしまった人はそれ以上の等級がないのでそれ以上保険料が安くなることはありませんが、保険料は同一条件であっても保険会社によって大幅に異なるので

自動車保険の無料一括見積もりサービスで現在契約している保険の内容と同じ内容で見積もりをすると、保険料の安い保険会社が簡単にわかるので保険料の安い保険会社に乗りかることで大幅に保険料を安くすることができます。

武中
保険会社を乗り換えても保険の等級と内容はそのまま引き継ぐことができますので等級そのままで保険料だけ大幅に安くすることができます。
スポンサーリンク




任意保険は20等級になったらそれ以上保険料は安くならない

冒頭でも説明しましたが、自動車保険の任意保険は等級によって割引率が変わり新規で加入した時は6等級からスタートして1年間無事故であれば1等級ずつ上がり最大で20等級です。

20等級の割引率は全保険会社共通で63%となっていてかなり保険料が割引されます。

これは自動車事故でも125cc以上のバイク(二輪車)でも同じです。

最大20等級まであり等級が上がることに保険料の割引が上がるので保険料が安くなります。

しかし、事故を起こして保険を使うと普通の事故で3等級下がり、小さい事故で1等級下がります。また等級が変わらない事故もあります。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

事故有等級が適用されるのは、3等級ダウン事故や1等級ダウン事故を起こした場合で、3等級ダウン事故で事故有等級の割引率となり3年間、1等級ダウン事故で事故有等級の割引率となり、1年間保険料がアップします。

保険料を安くするには、無事故を継続して等級をアップさせるか、無料で使える自動車保険の見積もりサービスを使って保険料の安い自動車保険に乗り換える以外にはありません。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。事故無等級よりも事故有等級のほうがどの等級でも割引率が大幅に低く設定されているのがわかると思います。

自動車保険の保険料は同一条件でも保険会社によって変わる

保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で利用でき、同じ条件で20社以上の保険会社のそれぞれの保険料が一覧で出てくるので保険料が高い保険会社を選んでしまうということがなくなります。

これは「個人賠償責任保険」もつけた同一条件で一括見積もりをした結果ですが、保険会社によって7万円も保険料に差額が出ています。

武中
高い保険料の保険会社であってもサービス内容はほぼ同じなので気が付かないで無駄な保険料を払ってしまうということがあるのです。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

自動車保険の保険料が安い保険会社は実際に各保険会社に対して保険料を見積もってみるしかありません

ダイレクト型自動車保険は代理店型より同じ保険内容でも保険料が安い

自動車保険の申込方法には代理店型とダイレクト型(通販型)の2つの自動車保険があります。この2つは保険商品の内容や補償内容は同じですが、代理店型は自動車を購入したディーラーや中古車屋、修理工場などで申し込みます。

ダイレクト型保険はインターネットから申し込むだけの違いです。

代理店型は対面で自動車保険の加入ができるので簡単ですが人件費がかかっているのでダイレクト型よりも保険料は高くなります。

ダイレクト 代理店
保険商品や補償 ダイレクト型・代理店型でも保険商品や補償は全く同じ
保険料 安い 高い
相談・見積 保険会社に直接メールや電話で行う。複数保険会社無料一括比較サービスが便利。 代理店の店頭で担当者に相談したり見積もりを依頼する。最適な保険を提案してくれる。
契約方法 インターネットから行う 代理店の担当者が手続きする
武中
ダイレクト型自動車保険はインターネットで申し込むのでメールや電話でのサポートになりますが人件費や中間マージンがかかっていなので保険料が安くなります。

保険商品や保証内容は通販型と全く同じなので対面で相談しながら保険に加入したいような場合でなければダイレクト方の方が3割〜5割程度保険料が安くなります。

ダイレクト型(通販型)自動車保険の保険料が安くなる理由

通販型(ダイレクト型)と代理店型と保険会社の繋がり
  • 通販型(ダイレクト型):  保険会社 <-(直接契約)-> 保険に申し込む人
  • 代理店型: 保険会社 <-(代理店経由)-> 保険に申し込む人

そのため、代理店を持たないダイレクト型保険というのは「付加保険料」の代理店の手数料や人件費、支店等の物件費などの中間マージン(代理店手数料)がかからないわけですから、その分保険料は安くなります。

【保存版】自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いまとめ!保険料を安くする方法

「ダイレクト型(通販型)自動車保険は、人件費や店舗費用などの中間コストがかかってないので代理店型自動車保険と比べて保険料が安いというメリットだけでなく、「現場急行サービス」も無料で提供されているので一度下記の自動車保険の無料一括見積もりで比較してみると、

充実したサービス内容と保険料の安さに驚きます。

自動車保険の任意保険の一括見積もりサービスは完全無料で使える

20社以上の自動車保険会社に対して1回の条件入力で、各保険会社の保険料を見積もることができる自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で使えます。

武中
こちらの一括見積もりで出てくる保険料はダイレクト型(通販型)自動車保険の料金なので自動的に最安の条件になります。

一切料金はかかりませんし、Gmailやヤフーメールなどのフリーメールアドレスで見積もりを撮ることが出来ます。

自動車保険の任意保険は20等級まで上がってしまった人はそれ以上の等級がないのでそれ以上保険料が安くなることはありませんが、保険料は同一条件であっても保険会社によって大幅に異なるので

自動車保険の無料一括見積もりサービスで現在契約している保険の内容と同じ内容で見積もりをすると、保険料の安い保険会社が簡単にわかるので保険料の安い保険会社に乗りかることで大幅に保険料を安くすることができます。

通常この方法を使うと20等級であっても2割〜5割程度保険料が安くなります。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入もできるようになっています。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

武中
無料で使えるので使わないのはもったいないです。

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が車両保険の有無も含めて簡単に無料でできるので20等級だからと諦めずに一度試し見てください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク