Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【重要】事故の相手が任意保険なしの場合の補償賠償の詳細

事故をした時に相手が任意保険に入っていなかったり任意保険の有効期限が切れていた場合は強制保険である自賠責保険で補償されます

自賠責保険は対人に対する最小限の補償しかされないうえ対物補償は一切ないので不足分は加害者に請求しますが十分な補償額を払ってもらえることはほとんどありません

任意保険に入っていない車は実は3割程度存在し、県によって加入率が異なります。自賠責保険は対人事故の対する補償しか無いので車と車の事故や、人と車の事故、車とバイクの事故などは自賠責保険では補償されません。

事故の相手が任意保険なしの場合の補償賠償の詳細

事故の相手が任意保険に加入していなかったり、任意保険の有効期限が切れているケースは実は存在します。このような場合は当然ながら自分が任意保険に加入していても

相手に任意保険が無いので受けられる補償は自賠責保険の補償内容となります。

  • 任意保険なしで自賠責保険加入あり: 自賠責保険で補償される
  • 任意保険なしで自賠責保険もなし: 加害者が直接補償する(殆どの場合は補償できない)

もし自賠責保険にも加入していなかった場合は政府補償事業へ請求することになります。この場合も補償内容は自賠責保険と同じです。

自賠責保険の補償内容の詳細

自賠責保険で補償される範囲は下記の表の通りになります。また自賠責保険で補償される範囲は他人のみになります。他人とは「運転手、運行供用者以外」です。

自分の家族と関係ない人だけでなく同乗していた家族は補償の範囲内です。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし
死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)

自賠責保険はまず物損補償はありません。

対人補償に関しても最低限の補償になっており実際に事故を起こした場合はこれだけの補償金額では全く補償金額が足りません。任意保険に加入していない状態で事故を起こした方は破産や借金までして責任をとった例が多くあります。

任意保険なしの場合の事故時の賠償金の請求

たとえば、死亡事故の場合はたいて損害賠償請求額が2億円〜5億円ほどになります。自賠責保険の死亡時の補償は3,000万円なので残りの請求額は加害者に直接請求します。

しかしほとんどの場合はこれだけの賠償金額をはらえることはなく自己破産して払われることはありません。

また事故により車が破損した場合は自賠責保険では一切補償されないので、こちらも加害者に直接請求します。

こちらが任意保険に入っていなかったために人生を棒に振ることになります。相手が自賠責保険にしか加入していなかった場合は車の破損の修理の修理代などは加害者に直接請求することになります。

そのため自動車を運転する場合には必ず自賠責保険(強制保険)に加えて、自動車保険(任意保険)の2つの保険をかけてはじめて安心して公道を走れるようになります。

そのため保険料が安い任意保険でもいいので加入しておくことが大切です。

無保険車傷害保険・人身傷害補償保険が任意保険なしの事故には有効

任意保険に加入していない車は全体の3割程度と言いましたが、このような任意保険に加入していない車との事故の場合でも自分の任意保険の特典をつけておくことで任意保険なしの車との事故の場合でも補償してもらえる制度があります。

人身傷害補償保険とは?

人身傷害補償保険は、1998年に発売された保険(特約)で運転している被保険者本人や車に乗っている家族、他人が事故により死傷した場合、過失割合に関係なく1名ごとに実際の損害額を補償してくれる保険です。

単独事故であっても車対車や車対バイクなどの相手がいる自己であっても保険金を受け取ることができます。過失割合に関係なく自分の保険会社が治療費や休業損害、慰謝料等をすべて支払ってくれるので大きなメリットとなります。

人身傷害補償保険で対応できないもあって車の損害は補償されませんが人に対する補償はされるので加入しておくことがおすすめです。

人身傷害補償保険をつけていない現在の自動車保険の保険料よりもダイレクト型の人身傷害補償保険をつけた自動車保険の方が保険料が安くなったりします。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで人身傷害補償保険(人身傷害補償特約)をつけた場合の保険料を複数の保険会社に対して一括で見積もりをして比較することができます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)