Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い事故には任意保険の加入が必須!

高齢者ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が急増しており急加速や急減速で民家やコンビニやショッピングセンター、店舗に突っ込んだり歩行者を巻き込む事故が多発しています。

「ハンドル操作の誤り」や「高速道路の逆走」による事故も多発しています。高齢者のドライバーは重大事故になる事が多いため「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償金額を「無制限」にすることが重要です。

ここで紹介する裏技を使うと「対人賠償保険」や「対物賠償保険」は保険金額を「無制限」にしても保険料を大幅に下げて最安の保険料で自動車保険をかけることが可能です。

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い事故が急増中

近年は65歳以上の高齢者ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が急増しています。高齢者ドライバーは加齢による身体機能の低下や集中力や注意力の欠陥と運転経験の長さから来る運転の自信から運転を軽視する傾向があり65歳からアクセルとブレーキの踏み間違い事故が増加しています。認知症が原因である場合もあります。

歩道の人に突っ込んだり店舗に突っ込む事故だけでなく渋滞の最後尾に突っ込む事故や信号で停止中の車の突っ込む事故もかなり多くなっています。停車中の事故や歩行者に突っ込んだ場合の事故は自分側の過失割合は100%(10割)になります。

参考: 財団法人「国際交通安全学会」交通事故調査データ

アクセルとブレーキの踏み間違い事故は他人を巻き込む重大事故に発展するケースもあり、屋上駐車場から転落死する事故も起きています。

警察庁が発表した「平成26年中の交通事故の発生状況レポート」ではここ数年間に発生した65歳以上の高齢ドライバーによる事故件数は、10万1,855件と全年齢の中で最多の事故件数となっています。65歳以上の高齢ドライバーの事故は年々増え続けているのです。

アクセルとブレーキの踏み間違いでの自損事故であればいいのですがコンビニや店舗に突っ込んだ場合は、店の窓や壁、門などの器物破損の賠償補償だけでなく、店を休業した場合はその収入補償や従業員の給料、売上が落ちた場合は、損失補填をしなければならなくなり場合によっては1億円を超えるようなかなり高額な損害賠償額となります。

【保存版】店舗や家に突っ込む事故をした場合の損害賠償と損害額。任意保険未加入の場合

  • 休業補償: 店を休業した場合の収入補償
  • 損失補填: 店を縮小した時の補填による補償
  • 損失補填: 店の売上が減少した時の補填による補償
  • 給与補償: 店が休業した場合や従業員数を減らした場合の従業員の給料
  • 収入補償: 店を休業中の売上の補償

高齢者ドライバーには対人対物賠償保険無制限、人身傷害補償保険加入しておくと安心

このように高齢者ドライバーは重大事故となる可能性が高いため、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償額を「無制限」にして、またこれだけの補償だけの場合は事故をした時に運転者自信と同乗者のケガに対する補償がなく対人賠償保険が適用されないので「人身傷害補償保険」に加入しておくのが安心です。

人身傷害補償保険に加入しておくと相手がいる事故のでの自分の過失割合に関わらず実際にケガの治療にかかった治療費が保険会社から支払われます。通常相手がいる事故の場合は示談が成立してから出ないとケガの治療費が支払われません。

自賠責保険の仮渡金制度はありますが、人身事故の場合のみしか利用できません。

しかし、「人身傷害補償保険」に加入していくと示談成立を待たなくても保険機を受け取れるので高額な治療費がかかった場合も一時的な自己負担を軽減することができます。

特に高齢者の場合はケガが完治するまでに時間がかかるため治療費が高額になることが多いのです。「人身傷害補償保険」は実際にかかった治療費の全額を補償してくれます。

「人身傷害補償保険」をつけても自動車保険の保険料を安くする方法

高齢者ドライバーの場合は、重大な事故になるケースが多く重大な事故は補償額が高額なることが多いです。そのため「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償額を「無制限」にして「人身傷害補償保険」に加入しておくのがおすすめです。

高齢になれば車を運転しないことが一番ではありますが地域によっては自動車が必須な地域もあります。そのためもしもの事故のためにも事故破産や人生を棒に振らないために重大事故でも補償される自動車保険に加入しておくことが大切です。

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償額を「無制限」にして「人身傷害補償保険」をつけても現在加入している自動車保険より安くすることができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約できます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

高齢者ドライバーや高齢者ドライバーがいる家庭は、見積もりサービスの利用料は無料なので一度現在加入している自動車保険と同じ内容に「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の補償額を「無制限」にして「人身傷害補償保険」をつけて一括見積もりをしてみると現在の自動車保険よりも保険料がどれくらい安くなるのか簡単に調べて比較することができます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)