Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

エアバック付きハンドルを社外ハンドルに変更中に事故時の保険適用は?

自動車保険の任意保険には、「エアバック割引」がありましたが現在は新規での加入は受け付けていません。

ただ、2011年3月31日以前に契約している契約には「エアバック割引」をつけていた場合は現在も割引制度が適用されます。

では、エアバック付きハンドルを社外ハンドルに変更中に事故時の保険適用はどうなるのかですが、「エアバック割引」をつけていた場合は適用されなくなることがあります

「エアバック割引」をつけている車のハンドルをエアバックなしのハンドルに交換した場合は保険会社に連絡をして「エアバック割引」を外してもらうことが重要です。

現在はほとんどの車にエアバックがついていて、「エアバック割引」の新規付帯もできなくなっていますので、基本的にハンドルをエアバックのない社外ハンドルに交換していなければ保険の補償を受けることができます。

エアバック付きハンドルを社外ハンドルに変更中に事故時の保険適用

エアバック付きハンドルをエアバックのない社外ハンドルに変更中に事故を起こした時の保険適用は「エアバック割引」をつけていた場合に限り、適用されなくなることがあるので注意が必要です。

ただ、「エアバック割引」があったのは2011年3月31日以前に契約している契約だけなので現在は2011年3月31日以降に契約した保険はすべてエアバックの要素を見込んで保険料が算出されています。

ご契約のお車が自家用普通乗用車・自家用小型乗用車以外の場合、エアバッグ割引の制度があります。自家用普通乗用車・自家用小型乗用車については、エアバッグの要素を織り込んで保険料を算出しているため、この割引制度はありません。

出典: エアバッグ割引 – SBI損保

基本的にエアバックなしの車に交換している時に事故をした時も補償されますが、保険会社は基本的に新車の時にエアバックの設定がある車はエアバックの要素を見込んで保険料が算出されています。

そのため、エアバックなしのハンドルに交換する場合は、保険会社に一報しておくのことをおすすめします。

武中
保険会社がエアバックなしのハンドルに交換していることを知っていれば万が一の事故の時も保険の対象となり補償されるからです。

エアバック付きを社外ハンドルに変更した時の車検

エアバック付きのハンドルを社外ハンドルに交換したときの車検は、2017年2月1日より「警告灯(メーター内のインジケータランプ)がついていなければ通ります。

他にも細かい基準があり、以下の条件を満たせば社外のエアバックがついていないハンドルであれば車検を通過することができます。

エアバックなしの社外ハンドルで車検に通過する基準
  • メーター内のエアバック警告灯がついていないこと
  • ハンドルのホーンボタンにホーンマークがあること
  • 衝突などの衝撃を受けた時に運転者が怪我をしない形状のもの
  • ガタつきなどがないこと
  • 走行中に容易にメーターを確認できるサイズや形状のもの

純正ハンドルを使っていれば車検も保険も安心

エアバックのついていない社外ハンドルでも条件をクリアすれば車検に通過しますが、確実とは言えません。

また、万が一の事故の時も保険で補償されないことがあるので心配ならエアバックのついた純正ハンドルを使うのが確実です。

普通車の場合は陸運局、軽自動車の場合は軽自動車協会の車検通過基準が県によって異なることがあるので純正ハンドルに戻さないと車検の合格をくれない県(三重県など)があるので車検の時は純正ハンドルに戻すことをおすすめします。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)