Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

ゲリラ豪雨や台風や洪水・大雨の損害は自動車保険で補償される?

最近は季節に関係なく台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による被害がよく発生しています。

結論から先に書くと、自動車やバイクが台風やゲリラ豪雨や大雨に被害にあって浸水したり水没した場合でも自動車保険の車両保険に入っていればどのプランであっても車両保険で補償されて保険金が支払われます

そのため海抜の低い地域に住んでいる場合や、山間部などで道路や冠水することがあったり過去に自動車が水没した経験があれば、自動車保険に車両保険をつけておけばもしもの時にも補償されて修理や買い替えに必要な保険金が支払われます。

車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2種類がありますがどちらのタイプでも台風やゲリラ豪雨や大雨の水害による被害は補償の対象となっています。

ここで車上荒らしにあっても補償される自動車保険の車両保険の詳細と台風やゲリラ豪雨や大雨の水害でも補償してくれる車両保険を安い保険料でかける方法があります。

結論を先に書くと無料で使える一括見積もり比較サービスを使って一番保険料の安い保険会社を選ぶ方法ですが詳しく紹介します。

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害被害は自動車保険の車両保険で補償される

車上荒らしは自動車保険の車両保険で補償されます。車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2種類がありますがどちらのタイプでも台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による浸水や水没の被害は補償の対象となっています。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
(車対車+A)
他車との事故 対応 対応
自然災害(洪水・台風など) 対応 対応
火災・爆発 対応 対応
イタズラ・盗難 対応 対応
落下物・飛来物 対応 対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応
車上荒らし 対応 対応
自損事故 対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害で車両保険を使うと翌年1等級ダウンする

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害で車両保険を使うと1等級ダウン事故として扱われるため翌年1等級ダウンします。

1年間の事故有等級となり事故有係数が適用となり保険料が上がります。下記の表に等級ごとの保険料の割引率をまとめました。

事故有等級は通常の事故無等級と比べて保険料の割引率が低くなっています。そのため保険料が通常よりも高くなりますが台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害の修理を自分で負担するよりははるかに負担額が小さいので使ったほうがいいのです。

水害にあうとエンジンの機関系と電気系統が壊れてしまうので修理不能となり載せ替えとなるため修理費はものすごく高く多くの場合は全損扱いといなります。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。事故無等級よりも事故有等級のほうがどの等級でも割引率が大幅に低く設定されているのがわかると思います。

たとえば台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害で修理代の安い被害だった場合などは、損害額が1等級ダウンによって上回る保険料のアップよりも安い場合は実費で修理をしたほうが損をしません。

しかし、ほとんどの場合で台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害の場合の修理代はかなり高額になるのでよほど規模の小さいものでなければ車両保険をつかった方が得になります。

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害に遭った時はまず修理工場で修理費用の見積もりを取ります。車が動かない状態であればディーラーや修理工場に連絡をすると引き取りに来てくれます。その見積もり額と、1等級ダウンした時にアップする保険料を比較して修理費用のほうが安ければ実費で修理をしたほうが得になります。

1等級ダウンしたことによるアップする保険料は保険会社の担当者にお願いすると算出してもらうことができます。修理工場での修理代を聞いてから車両保険をつかうかどうかを決められます。

保険会社の担当者には修理費用の見積もりが出てから保険を使うかどうか回答する旨を伝えておけば問題ありません

災害救助法が適用される場合があるのでよく確認する

台風や集中豪雨がで甚大な被害がでた地域には災害救助法が適用される場合があります。

災害救助法は被災者が保険金や給付金を受け取る際に必要な書類を一部が省略されたり自動車保険など各種保険の保険料の払込みを一定期間猶予してくれる制度です。

一定の期間保険料を払わなくても保険が切れたり失効することがなくなります。保険会社によって対応が異なるので加入している自動車保険会社に確認が必要です。

被害にあった車を無料で修理ができるとか等級をダウンさせずに車両保険が使えるようなものではありません。

しかし、災害救助法が適用された場合も基本的には「車両保険」に加入してないと保険会社から保険料をもらうことができなく実費での修理になったり実費で車を乗り換えることになり車両保険の保険料とは比べ物にならないほど大きなな負担となります。

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害の対策は車両保険への加入が重要

台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による浸水や水没の被害は「車両保険」に加入していた場合のみ補償されます。そのため水害にある可能性がある場合は車両保険を必ずつけておくようにしましょう。

「身の回り品補償特約」は座席やトランクルーム、キャリアに積んであった荷物が台風やゲリラ豪雨や洪水や水没、大雨の水害補償される特約になります。キャリアに固定された荷物も補償の対象になります。

もし運転中に台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による浸水や水没の被害にあって運転手や同乗者が怪我をした場合は「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害特約」による補償対象となり補償され保険金をうけとることができます。

これらの補償はすべて自動車保険の車両保険に加入していないと受けられないものです。そのため必ず車両保険には加入しておくことが重要です

いまは通販型(ダイレクト型)の自動車保険が人気で無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで車両保険をつけても車両保険をつけてない時よりも保険料を安くすることができます。

車両保険をつけても保険料を安くする方法・裏技

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なります。

車両保険なしで契約している保険会社の保険料と、車両保険をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり、無料の一括見積もりサービスで比較して探して保険会社の保険料が安くなることはかなり多いのです。

そのため台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による浸水や水没の被害の対策として、車両保険をつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのがとてももったいないと思っています。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。保険料が安くても車両保険付きの自動車保険にしておくことでもしもの台風やゲリラ豪雨や洪水、大雨の水害による浸水や水没の被害にあったときでも補償されるので安心です。

今加入している自動車保険会社から乗り換える場合も等級を引き継いで自動車保険会社を乗り換えができるので割引もそのまま適用されます。デメリットはありません。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)