この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

ソニー損保の「保険料は走る分だけ」はお得?仕組みを解説!

よくテレビCMで見るソニー損保の「保険料は走る分だけ」という自動車保険ですが最近は多くの自動車保険会社で年間走行距離によって保険料が変わる仕組みが導入されています。

結論を先に書くと、ソニー損保の自動車保険の保険料がお得で安いわけではなく、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスで保険料を見積もりして比較した中で保険料が一番安い自動車保険会社を選ぶことが保険料最安でお得となります。

ここでは、ソニー損保の「保険料は走る分だけ」の仕組みと自動車保険の保険料を下げる方法について詳しく紹介します。

スポンサーリンク




ソニー損保の「保険料は走る分だけ」の仕組み

年間走行距離区分 利用シーン
3000km以下 あまり乗らない
5000km以下 近所への買い物などがメイン
7000km以下 毎日片道30分以内の通勤・通学
9000km以下 休日使用で時々旅行で使える
11000km以下 毎日片道1時間の通勤・通学
16000km以下 毎日片道1時間以上の通勤・通学
走行距離無制限 毎日かなりの長距離を走る

ソニー損保の「保険料は走る分だけ」の年間走行距離の区分は7つの区分に分類されています。保険料は年間走行距離が少ないほど事故のリスクが低いとされ、保険料が下がります。

ソニー損保の「保険料は走る分だけ」の走行距離がオーバー場合

年間走行距離は契約または契約更新時に自己申請となっているので申請した距離を超えてしまう場合や大幅に走行距離が少なることもあります。

ソニー損保は申請した年間走行距離を越えた場合はソニー損保に連絡をして差額の保険料を払うことになっています。

この仕組みはソニー損保に限らずほぼすべての自動車保険会社が同じ仕組みです。

ソニー損保の契約が1年目の場合

ソニー損保は申請した年間走行距離をオーバーしそうなときやオーバーした時はソニー損保に連絡をして差額の保険料を払うことで補償されます。もし申請した走行距離をオーバーした状態で連絡をしないで事故をした場合は保険での補償が受けられなくなることがあります。

ソニー損保の契約が2年目以降の場合

ソニー損保の契約が2年目以降の場合は去年走った年間走行距離の区分で契約しておくと走行距離を越えた場合でも連絡や手続き、差額保険料の支払いをしなくても補償される「こえても安心サービス」が適用されます。

「こえても安心サービス」無料で契約が2年目以上であり、主に家庭用の利用目的で年間走行距離の区分が去年と同じである場合に適用されます。

  1. ソニー損保の契約が2年目以上であること
  2. 前年と本年の使用目的が家庭用(自家用)であること
  3. 前年の年間走行距離の契約と同じ年間走行距離契約区分であること

そのためもし契約している年間走行距離を越えてしまった場合でも連絡しなくてももしもの事故の際も補償されるので安心です。

ソニー損保の「保険料は走る分だけ」の申請した年間走行距離よりも走行距離が少なかった場合

自動車やバイクの走行距離は申請した走行距離を超える場合もあれば、実際に走った走行距離が少ない場合もあります。

そのような場合は、「くりこし割引」が適用されます。

ソニー損保の「くりこし割引」は契約距離区分の上限km数より、実際に走った距離が「1,000km以上」少なかった場合には、その保険料の差額分の額が翌年の継続契約時の保険料から割引されます。

無料の一括見積もりサービスを使って保険料の安い保険会社を選ぶのがおすすめ!

自動車保険の保険料は同一条件や同一補償内容であっても保険会社によって大幅に保険料がことなります。

そのため自動車保険に新規で契約する場合だけでなく既に自動車保険に契約している方でも無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで複数の保険会社から保険料の見積もりがでてきて比較ができるので2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

この無料の自動車保険一括見積もり比較サービスは大手自動車保険会社に対して一括で見積もりができるので最安で自動車保険に加入できます。知らない人が高い保険料を払っているのが現実で賢い人は上手くこのサービスを利用して節約しています。

1社の保険会社だけで決めてしまうと高い保険料で契約させられてその保険料が高いことにも気が付きません自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料なので絶対に使ったほうがいいです。何回見積もりを繰り返しても無料です。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社が節約できます

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク