この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】ペーパードライバーの自動車保険の選び方と安くする方法

ペーパードライバーであっても車を運転する時は自動車保険の自賠責保険(強制保険)と任意保険の加入が必須です。ペーパードライバーが保険用を安くする方法があります。

ペーパードライバーで車を運転する時は自賠責保険、任意保険に加えて車検の有効期限を確認して車検が切れていないことを確認することも重要です。

武中
ここではペーパードライバーの自動車保険の選び方と注意点、保険料を安くする方法まで詳しく紹介します。
スポンサーリンク




自動車保険の2つの種類と違い

自動車保険には加入義務がある強制保険と言われる「自賠責保険」と自賠責保険の足りない補償範囲を補償する「任意保険」の2つがあります。

ペーパードライバーが自動車を運転する場合は自賠責保険(強制保険)と自動車保険(任意保険)の2つの保険をかけてはじめて安心して公道を走れるようになります。

自賠責保険(強制保険)だけでも法律上は公道を走行できますが、もしもの事故の時は補償内容が足りなくて人生を棒にふる可能性があります。

強制保険と言われる自賠責保険

自賠責保険で補償される範囲は下記の表の通りになります。また自賠責保険で補償される範囲は他人のみになります。他人とは「運転手、運行供用者以外」です。

自分の家族と関係ない人だけでなく同乗していた家族は補償の範囲内です。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし
死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)

自賠責保険はまず物損補償はありません。

対人補償に関しても最低限の補償になっており実際に事故を起こした場合はこれだけの補償金額では全く補償金額が足りません。

任意保険に加入していない状態で事故を起こした方は破産や借金までして責任をとった例が多くあります。

任意保険に入っていなかったために人生を棒に振ることになります。

【保存版】自賠責保険と任意保険の違いと補償内容の比較まとめ

自賠責保険の未加入は罰金と処分がある

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられています。そのため強制保険とも言われすべての車に加入が義務付けられています。

そのため、未加入で運転した場合は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」の罰金の支払いと処分が下されます。

任意保険という加入必須ではない保険

自賠責保険には対人補償のみしかなくしかも補償金額が死亡3,000万円、傷害120万円、後遺障害4,000万円が上限額となっています。自賠責保険の目的が「被害者の救助」だからです。

これは実際の事故の場合は全く補償額が不足し、不足分は任意保険に加入していなければ任意保険から補償され、任意保険未加入の場合は自己負担となります。

この不足する部分を補償したりロードサービスなどのサービスがあるのが任意保険です。任意保険は加入が必須ではなく加入するかは任意なので任意保険と言われています。

死亡事故や後遺障害の場合は補償額が1億円〜3億円となることが一般的なので自賠責保険だけでは不足します。そのために自賠責保険の加入はもちろんのこと任意保険への加入が必須なのです。

自賠責保険と任意保険の違いと補償内容の比較

自賠責保険(強制保険)と任意保険の補償内容を表にして比較してみました。

武中
この内容をみると任意保険が自賠責保険で補償されない部分を補償している保険であることがわかると思います。
項目 自賠責保険 任意保険
加入条件 車を所有する人は強制加入 任意で加入(強制ではない)
加入方法 車購入時や車検の時に加入(車検の期間分加入しないと車検が受けられない) 車購入時や乗り換え時、車検、修理などの時に加入する。保険料の安い通販型保険が人気
保険料 固定金額 条件や補償内容で異なる
保険期間 2年間(24ヶ月)が一般的 1年間契約
補償の範囲 対人賠償(相手への補償)のみ 対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、搭乗者保険、人身傷害保険など
補償される人 運転者、運行供用者以外 対人賠償は被保険者や家族等以外
補償額 死亡3,000万円、傷害120万円、後遺障害4,000万円が上限額 対人・対物無制限が一般的

(補償金額を限定して保険料を下げることが可能)

示談交渉代行 なし あり
ロードサービス なし あり
車両保険 なし あり(任意で加入)

ペーパードライバーに任意保険は必要?いらない?

ペーパードライバーはあまり車に乗らない、ほとんど車に乗ることがないから任意保険に加入しなくていい?と思うかもしれませんがペーパードライバーにこそ任意保険は必要です。

ペーパードライバーは普段運転しないため日常的に車に乗っている人に比べて事故を起こす確率が高いです。

自賠責保険だけではとても補償が足りないので任意保険に加入してから車に乗ることが重要です。

武中
ほとんど車に乗らない人の方が事故が少ないかというとそうでもないのです。

そのため、ペーパードライバーで車にあまり乗らなくても走行距離が少なくても自動車保険の任意保険は必須です。

ペーパードライバーが安全に運転するには自賠責保険+任意保険

ペーパードライバーが安全に運転するには自賠責保険+任意保険の2つの加入をして初めて安全に運転できます。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられているため未加入で運転した場合は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」の罰金の支払いと処分が下されます。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし
死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)

自賠責保険はまず物損補償はありません。

対人補償に関しても最低限の補償になっており実際に事故を起こした場合はこれだけの補償金額では全く補償金額が足りません。

武中
任意保険に加入していない状態で事故を起こした方は破産や借金までして責任をとった例が多くあり任意保険に入っていなかったために人生を棒に振ることになります。

ペーパードライバーは保険料が安くなりやすい

ペーパードライバーは実は任意保険の保険料が安くなりやすいです。

自賠責保険(強制保険)は免許の色や事故歴に関係なく保険用が一定ですが、任意保険は免許や過去の事故歴(等級)運転する車の車種によって保険料が変わります。

ペーパードライバーは車を運転しないので免許がゴールド免許になっていたり年齢が30歳を超えていたりして保険料が安くなることが多いです。

ゴールド免許になっていることが多い

ペーパードライバーは普段車を運転していないので事故を起こすことがなく、免許がゴールド免許になっていることが多いです。

  • グリーン免許から無事故で6年経過: ゴールド免許になる
  • ブルー免許から無事故で3〜5年経過:  ゴールド免許になる

自動車保険は免許の色によって保険料が変わるため長く事故をしていない運転者の象徴である「ゴールド免許」は「ゴールド免許割引」が適用されるため、ペーパードライバーであっても保険料は安くなります。

自動車保険会社別ゴールド免許の割引率まとめ
  • ソニー損保のゴールド免許割引率: 最大6%割引
  • 三井住友海上のゴールド免許割引率: 8%〜10%割引
  • 損保ジャパンのゴールド免許割引率: 最大10%割引
  • アメリカンホームダイレクトのゴールド免許割引率: 最大15%割引
  • セコム損保のゴールド免許割引率: 最大15%割引

※他の保険会社は割引率未公開。ほど全ての保険会社がゴールド免許割引に対応

【保存版】自動車保険のゴールド免許割引の完全まとめ!

年齢が高いので保険料が安くなる

ゴールド免許になるにはグリーン免許から無事故で6年、ブルー免許から無事故で3〜5年で初めてゴールド免許になります。

任意保険の保険料は「全年齢補償」「21歳以上補償」「26 歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」の5種類年齢設定があり年齢設定が上がるほど「年齢条件による割引」で保険料が安くなります。

ゴールド免許=年齢も高い。なので「全年齢補償」「21歳以上補償」「26 歳以上補償」などの保険料が割増される年齢から外れています。

そのためペーパードライバーであっても保険料が安くなります。

ペーパードライバーは車に乗っていないので優良ドライバー扱いで保険料が安い

ペーパードライバーは普段車に乗っていないため、「ゴールド免許割引」と「年齢条件による割引」の2つのが受けられます。

ペーパードライバーという理由で保険料が割増されることはなく、年齢、免許の色、保険の等級、過去の事故歴、車種、過去に保険を使ったことがあるかどうかなどで決まるのでペーパードライバーだから保険料は高くなるということはないため、

普段日常的に車人って乗っている人と比べて事故を起こす確率が高いペーパードライバーこそ任意保険は必須です。

ペーパードライバーにつけておいたほうがいい補償

ペーパードライバーにつけておいたほうが良い補償は車両保険です。

車両保険をつけておくと自損事故の場合も保険会社が修理代や車の買い替えに必要な費用を負担してくれます。

【保存版】車両保険は必要?不要?必要性と中古車や新車、軽自動車の場合など詳しく解説!

車両保険は必要なものや必要なパターンまとめ

車両保険があると車が事故にあったときや自損事故の場合、当て逃げされた時であっても修理代が支払われます。

しかし、車両保険をつけると保険料が高くなりますが自分で修理する代金よりも保険料の方が安ければ車両保険をつけておいたほうが出品が減ります。

車両保険をつけておいたほうがいいパターン
  1. 車の市場価値が高いクルマの場合
  2. 新車の場合
  3. 中古車の購入金額が100万円を超えている場合
  4. 車両価格の3割以上のローンが残っている場合
  5. 車が無いと生活できないようか環境にある場合

車両価格が高い車の場合は簡単に修理代が車両保険の保険料を上回りますのでペーパードライバーの場合は特につけておいた方がいいです。

車両価格が高い場合は車両保険をつけておく

自動車保険の車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2つのプランがありますが自損事故が補償されるのは「一般型」だけです。

間違えないで「エコノミー型」を選ばないように注意しましょう。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
(車対車+A)
エコノミー
(車対車)
他車との事故 対応 対応 対応
自然災害(洪水・台風など) 対応 対応 非対応
火災・爆発 対応 対応 非対応
イタズラ・盗難 対応 対応 非対応
落下物・飛来物 対応 対応 非対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応 非対応
車上荒らし 対応 対応 対応
自損事故 対応 非対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応 非対応

自損事故と認められる事故の内容の詳細

自損事故として認められる事故の内容は以下の通りになります。

  • 駐車場での車庫入れに失敗して壁にこすった
  • ハンドル操作や車両感覚を誤ってガードレールにぶつけた
  • 車道の側溝に落ちた
  • 中央分地帯に乗り上げた
  • 公共物を破損した
  • 電柱やガードレールを破損した

一般的に自損事故というのはこのようなケースでなくても、他人や他車を巻き込んでいないで単独で起こした事故にことを指します。

主に運転技術不足や不注意、免許取り立てや新しい車へ乗り方ばかりなどによっておこる単独の事故が自損事故として認められます。

そのため、運転に自信がない方や、未熟なドライバー、ペーパードライバーの場合は自損事故も補償される「一般型」プランの車両保険をつけておくともしもの自損事故の場合も補償されるので安心です。

自損事故の対応と修理代の補償を保険会社がしてくれる

自損事故であっても車両保険の「一般型」プランを契約している場合は保険会社が自損事故の後の手続きをサポートしてくれて、修理費用も全額補償してくれます。

自損事故といっても修理代が安いものもあれば、とても自分では払えないような金額の事故の場合もあります。車両保険は事故の規模にかかわらず補償してくれます。

ペーパードライバーが保険料を安くする方法

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は大きく異なります。

ペーパードライバーでも無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで

大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

何度も条件を変更して見積もりをしても完全無料なので納得するまで徹底的に見積もりをして比較をすると保険の条件を充実させながら保険料を安くすることができます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社の保険がお得になります。この一括見積もりでの算出結果は保険会社が直接算出するものなのでその金額で実際に乗り換えることができます。

事故で等級が下がって保険料が上がった場合でも、そのまま継続すると保険料は高くなったままですが、同じ保険の条件で保険料の安い保険会社に乗り換えることで前の保険料よりも安くすることができます。完全無料なので一度試してみてください。

武中
今契約している保険会社が実は他の保険会社よりも大幅に保険料が高かったということにも気がつけます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク