この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】ホイールのガリ傷は自動車保険や車両保険で補償される?詳細

自動車のホイールのガリ傷(ガリキズ)は自動車保険(任意保険)で補償されるのか気になるかと思います。

結論から先に書くと、自動車保険に一般型(フルカバー型)の車両保険に加入していれば補償されます。エコノミー型の車両保険では補償の対象外です。

不意に傷をつけてしまった場合でも意図的に傷をつけてしまった場合でも自損事故でも相手がいる事故でも補償されます。

武中
しかし、車両保険に加入していなかったり、エコノミー型の車両保険の場合はホイールのガリ傷は補償の対象外となるので注意が必要です。

車両保険を使って修理をすると修理代は0円になる代わりに等級が下がって保険の更新のタイミングで保険料が上がるので実費で修理をしたほうが安いのかそれとも保険で修理をしたほうがいいのかを計算してから保険を使うのが賢いやり方となります。

スポンサーリンク




ホイールのガリ傷は自動車保険の車両保険で補償される

ホイールのガリ傷は自動車保険の任意保険の一般型(フルカバー型)の車両保険に加入していれば補償されます。

しかし、エコノミー型の車両保険の場合はホイールのガリ傷は補償の対象外となります。

ホイールのガリ傷が補償される車両保険のプラン
  • 一般型(フルカバー型)の車両保険: 補償される(3等級ダウンする)
  • エコノミー型の車両保険: 補償されない
  • 車両保険に未加入: 補償されない

一般型とエコノミー型の車両保険の補償範囲の違い

車両保険には「一般型(フルカバー型)」タイプと「エコノミー」タイプの2つのタイプが用意されています。

ホイールのガリ傷は自動車保険に一般型(フルカバー型)の車両保険に加入していれば補償されます。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
他車との事故 対応 対応
自然災害(落雷・洪水・台風など) 対応 対応
火災・爆発 対応 対応
イタズラ・盗難 対応 対応
落下物・飛来物 対応 対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応
車上荒らし 対応 対応
自損事故 対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応
ホイールのガリ傷 対応 非対応

自動車保険には自分の車が事故や自損事、当て逃げや飛び石でのガラス割れ、電柱やガードレールへの衝突などで自分の車が破損して修理が必要になった時に修理代を保証してくれるものです。

車両保険には大きく「一般型(フルカバー型)」と「エコノミー型」にプランが別れていて、「一般型(フルカバー型)」は補償範囲が広い分、保険料が高くなります。

「エコノミー型」は補償内容をが限定されている代わりに保険料が安くなります。

一般型 補償範囲が広い。相手のいる事故だけでなく自損事故や当て逃げ事故も保険金が支払われるタイプ
エコノミー型 相手のいる事故による自動車の損害のみ保険金が支払われるタイプ。補償範囲を限定して保険料を安くできる。自損事故は補償されない。

ホイールのガリ傷で車両保険を使うと等級は3等級ダウンする

一般型(フルカバー型)の車両保険をつけていた場合はホイールのガリ傷は車両保険で補償されるため0円で修理または新品交換することができます。

自損事故であってもホイールのガリ傷は車両保険で補償されます。

武中
しかし、車両保険が無料で使えるからといってペナルティがないわけではありません。車両保険を使うと保険の更新のタイミングで等級が3等級ダウンします。

等級がダウンしたことにより保険料の割引率が下がるので保険料がアップします。

等級による保険料の違いは以下の通りで、ホイールのガリ傷の場合は『無事故』での割合になります。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

△は割引(マイナス)の意味を現しています。

自分で治すほうが保険用の差額よりも安かったら車両保険を使わないほうがお得

もし、ホイールのガリ傷を自分で治したほうが等級が下がって金額があがる保険料よりも安い金額であれば車両保険を使わないで自分で治したほうがお得です。

上の保険料の割引率の割合を見て現在の等級と3等級下がった等級の割引率の差額のパーセント分を現在の保険料をかけてどれくらい保険料が上がるのかを計算します。

武中
もし、自分で安く治せる場合や気にしない場合は、車両保険を使わないほうがお得です。

車両保険を使うと損になるケース

  • 値上げされる保険料  修理費用

ホイールのガリ傷であれば修理費用が安い場合があり値上げさえる保険料のほうが高くなる場合があります。

この場合は自動車保険を使わないで実費で修理費用を出したほうが得になる(損にならない)ことがあります。

車両保険を使わないと損になるケース

  • 値上げされる保険料  修理費用

ホイールのガリ傷でも修理費用が値上げされる保険料よりも高くなる場合があります。この場合は保険を使って修理費用を補償してもらったほうが得に(損にならない)なります。

軽い事故なら自動車保険を使わないほうが得になる?損になる?

等級が上がるのは1年で1等級ずつ

車両保険を使った後に、等級が上がるのは1年(保険の更新のタイミング)で1等級ずつしか上がりません。そのため元の等級に戻るまでには少なくとも3年かかるのでその3年間は高い保険料を払うことになります。

武中
その間に事故などをして保険を使うとさらに等級がダウンするのでもっと保険料が高くなります。

車両保険をつけたほうがいい車や条件

車両保険を使って修理をするかどうかの判断は、修理工場やディーラーなどで見積もってもらった修理見積り金額が出てきてから保険会社に車両保険を使うか、使わないかを伝えることで自分で選択することができるようになっています。

武中
車両保険を使わないで自分で修理した場合は、等級への影響はありませんので翌年度は他に事故をして保険を使っていなければ1等級アップして保険料が安くなります。

購入金額が高い車や、新車、高級車の場合は修理代が高額なりますので車両保険をつけておいたほうが出費を減らすことができます。

具体的に車両保険をつけたほうがいい車は以下の通りになります。

車両保険をつけたほうがいい車
  • 市場価値が高い車(中古価格が高い)
  • 高級車
  • 中古車の購入金額が100万円を超えている場合
  • 車両価格の3割以上のローンが残っている場合
  • 純正のホイールの価格が高い場合(パーツとして単体注文できる)

一般型(フルカバー型)の車両保険とエコノミー型の車両保険の保険料の違い

車両保険には「一般型(フルカバー型)」と「エコノミー型」の2つのタイプ(2つのプラン)があります。

ホイールのガリ傷が補償されるのは「一般型(フルカバー型)」だけです。

「エコノミー型」の車両保険は「車両保険なし」と比べて保険料は約1.5倍になり「一般型」の車両保険は「車両保険なし」と比べて保険料は約2.5倍の保険料になります。

「車両保険なし」と「エコノミー型」「一般型」の保険料の違い
  • 車両保険なし: 0.0倍(基準とする保険料)
  • 「エコノミー型」: 車両保険なしと比較して約1.5倍の保険料
  • 「一般型」: 車両保険なしと比較して約2.5倍の保険料
車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の保険料の金額の違い(差額)はどの車種であってもだいたい3万円ほどです。

「エコノミー型」のほうが「一般型」よりも3万円ほど保険料が安くなります。

車両保険の「一般型」と「エコノミー型」の保険料の金額の違い比較

武中
しかし、保険会社によって同一条件でも保険料が大きく異なるので、「一般型(フルカバー型)」の車両保険をつけても車両保険をつけていない場合の保険料よりも安くなることがよくあります。
武中
ようは、「一般型(フルカバー型)」の車両保険をつけても保険料が安い保険会社を探して乗り換えればいいのです。これだけで保険料が半額になったり1/3以上やすくなったりします。

もしものホイールのガリ傷のために車両保険をつけても保険料を安くする方法・裏技

車両保険の一般型とエコノミー型の保険料と、車両保険だけを解約した場合の具体的な保険料は無料で使える自動車保険の見積もりサービスを使うと完全無料で15分程度で現在契約中の保険の内容との差額を確認することができます。

武中
私も他社の保険料をリサーチしたいときに活用しています。

同時に、各保険会社の車両保険のプランを変更した場合の保険料と、車両保険だけを解約した場合の具体的な保険料を知りたい時や自動車保険(任意保険)の保険料が安い保険会社はどう探したらいいのか疑問になると思います。

結論から先に書くと、自動車保険の保険料が安い保険会社は実際に各保険会社に対して保険料を見積もってみるしかありません

保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

各保険会社の保険料を調べる方法は今は無料の自動車保険の一括見積りを使って各保険会社に対して1回の見積り依頼だけで調べて比較することができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをすると事故有等級の現在の等級でどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

武中
さらに無料見積もりは何度の条件や補償内容をかえて見積りができるので簡単にいろいろな条件で保険料を調べられます。
武中
しかし、保険会社によって同一条件でも保険料が大きく異なるので、「一般型(フルカバー型)」の車両保険をつけても車両保険をつけていない場合の保険料よりも安くなることがよくあります。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が簡単に無料でできるので使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク