Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】中古車に車両保険は必要か入るべきかの判断基準

中古車を購入した時に車両保険に入るかいらないかどうかを判断基準その車の市場価値である市場販売相当額と車両保険の保険料とを試算して決めるのがベストな選択です。

自動車が事故にあって車両保険う使った場合は購入金額の100%が補償されるわけではありません。車両保険を使用する時のその車両の市場販売相当額しか補償されないようになっています。

走行距離が多い車や新車から年数が経っている車、購入金額が100万円以下の車の場合は車両保険の補償額も低いので車両保険をつけないで貯金に回した方が得をすることが多々あるので車両保険加入前はその車の市場価値を調べて車両保険の保険料と計算してから加入するほうがいいです。

中古車で車両保険に入るべきかいらないかの判断基準

車両保険は保険料が高くなる大きな要因の1つです。そのため下記の自動車ケース以外は車両保険をつけないほうが得になることが多いです。

  • 市場価値が高い車(中古価格が高い)
  • 高級車
  • 中古車の購入金額が100万円を超えている場合
  • 車両価格の3割以上のローンが残っている場合
  • 車が無いと生活できないようか環境にある場合

私は車の購入金額が100万円以下などの場合であれば車両保険をつけなくてもいいとアドバイスしています。なぜなら購入金額が低い車は年式が古かったり走行距離が多かったりして市場販売相当額が低いため補償額が低くなることが多いからです。

車両保険をつけないとその分保険料が安くなるのでその分を貯金に回しておいたほうが得になるケースが多いからです。

【保存版】車両保険は必要?不要?必要性と中古車や新車、軽自動車の場合など詳しく解説!

車両保険で補償される「市場販売価格相当額」とは

事故を起こして車両保険を使う場合は補償さえる金額は購入金額ではなく市場販売価格相当額になります。市場販売価格相当額とは、その車と同じ価値の車を現在購入するとした時いくらになるかです。

たとえば購入時は500万円で購入した車でも10年乗り続けると市場販売価格相当額は30万円程度になっていたりします。この場合車両保険で支払われる金額は市場販売価格相当額の30万円になります。

  • 自動車購入時の高級金額: 500万円
  • 事故を起こした時のその車の市場販売価格相当額: 30万円
  • 車両保険で支払われる金額: 30万円(市場販売価格相当額)

車両保険の補償内容限定すると保険料を安くできる

車両保険には4つのプランが用意されています。一番補償される内容が多いプランが一般車両保険で、そこから不要な補償内容を引いたプランが3つ用意されてます。

一般型とエコノミー型の違いは次のようになります。

一般型 補償範囲が広い。相手のいる事故だけでなく自損事故や当て逃げ事故も保険金が支払われるタイプ
エコノミー型 相手のいる事故による自動車の損害のみ保険金が支払われるタイプ。補償範囲を限定して保険料を安くできる。

エコノミー→エコノミー+A→一般の順で、範囲が広くなり範囲が広くなるため保険料も高くなっていきます。車両保険の金額を高めに設定指定もエコノミー型を選ぶことで保険料を安くできます。

一番選ばれているプランはエコノミー+限定Aプランで次にエコノミーになります。

  • 一般車両保険
  • エコノミー(車対車)
  • エコノミー+限定A(エコノミーワイド+限定A・車対車+限定A)
  • 限定A(限定危険)
車両保険の内容 一般 エコノミー エコノミー+限定A 限定A
車対車事故 対応 対応 対応 非対応
自然災害 対応 非対応 対応 対応
盗難や落書き 対応 非対応 対応 対応
当て逃げ 対応 非対応 非対応  非対応
いたずら 対応 対応 対応 対応
飛び石 対応 対応 対応 対応
台風・洪水 対応 対応 対応 対応
火災・爆発 対応 対応 対応 対応
地震 非対応 非対応 非対応 非対応
自損事故(単独) 対応  非対応 非対応  非対応

無料の一括見積もりサービスを使って車両保険ありなしの見積もりをとってみる

自動車保険の車両保険はオプション扱いなのでつけるかつけないかは自分で選択ができます。

購入金額が100万円を超えるような高い中古車を購入した場合は迷わず車両保険はつけておくことがおすすめです。

こららの車がもし事故にあったり盗難や当て逃げにあったり天災や台風、飛び石にあった場合は車両保険に加入していなければ補償はゼロで自分ですべてお金を出して乗り換えなければなりません。とくに高級車の場合は車両保険は必須です。

今は車両を保険を含めて複数の保険会社に対して無料保険料を一括で見積もり&比較ができるサービスがメジャーです。

このサービスを使うことで簡単に車両保険ありと車両保険なしの場合の保険料が算出でき、複数の保険会社と同一条件で保険料の比較ができるので必ず利用したほうが無駄な保険料を払わないで済みます。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて、車両保険のありとなしで見積もり依頼をすると、20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して車両保険付きでも保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)