この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】中古車の任意保険の保険料を安くする3つの方法

中古車の任意保険の保険料を安くする方法は、1 ダイレクト型(通販型)保険の自動車保険を選ぶ2 中古車の任意保険には車両保険をつけない3 保険会社で一番安い保険料の保険会社を選ぶの3つを抑えると確実に保険料安くできます。

中古車をディーラーや中古車屋で購入した場合も自賠責保険は最初から加入済なので何もしなくてもいいですが自動車保険の任意保険は自分で加入する必要があります。

ディーラーや中古車屋などの販売店でも任意保険の加入を勧められますが代理店型の自動車保険のため保険料が高くなりますので販売店で任意保険に加入してはいけません

中古車の任意保険の保険料を安くする一番効果的な方法は、無料の一括見積もりサービスを使って保険料の安い保険会社を探して選ぶことです。保険用の安いダイレクト型(通販型)保険になるので保険料は2割〜5割程度安くすることができ効果的です。

スポンサーリンク




ダイレクト型(通販型)保険の自動車保険を選ぶ

自動車保険の任意保険には、ディーラーや中古車屋などの販売店や保険会社の代理店から契約する代理店型自動車保険と、インターネットから直接保険会社と契約するダイレクト型自動車保険の2つの保険のタイプがあります。

自動車保険はインターネット経由で保険会社に直接申し込む通販型(ダイレクト型)と代理店を経由して保険会社に申し込む方法の2つの方法があります。通販型は契約手続きを自分でやらないといけませんが、事故対応や補償内容などは代理店型と同じです。

通販型(ダイレクト型)保険のほうが保険料は大幅に安くなります。事故時の対応は直接保険会社とやり取りをするので同じです。

これは通販型(ダイレクト型)自動車保険は保険会社と保険の加入者が直接契約をするので「人件費」と「保険会社から代理店への中間マージン」が発生しないので保険料が安くなるからです。

ダイレクト型(通販型)は代理店型とくらべて保険料が2割〜5割程度安くなります。


通販型(ダイレクト型)と通販型の保険料の違い
  • 通販型(ダイレクト型)の自動車保険: 保険料が安い
  • 代理店経由で申し込む自動車保険: 保険料が高い

自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いまとめ!保険料を安くする方法

ディーラーや中古車販売店、保険会社の代理店や郵便局から申し込む自動車保険はすべて代理店型なので同じ保険内容であっても保険料は高くなります。

代理店型で契約したのと同じ保険会社と補償内容であっても通販型(ダイレクト型)で直接保険会社と契約したほうが人件費や店舗代、保険の契約者を獲得したことによる代理店に対する報酬や手数料が保険料に上乗せされないので保険料が安くなります。

自動車保険はネットのダイレクト型(通販型)を使うと保険料を安くできる

中古車の任意保険には車両保険をつけない

中古車の自動車保険の任意保険で保険料が高くなる大きな要因の1つは車両保険です。

車両保険の有無で保険料は約2倍変わります。購入金額が300万円を超えている場合や高級車以外であれば車両保険を付ける必要はないと断言します。

車両保険をつけると保険料がどの年齢でも約2倍になりとても高いです。車両保険は使っても使わなくても高い保険料を払う必要があります。

車両保険をつけないで貯金をしたおいたほうがもしもの事故のときにも修理代が現金で手元にありますし使わなかった場合は他のものにお金を使うこともできます。

実際に自動車保険(任意保険)の車両保険をつけた場合と車両保険なしの場合の年齢別の保険料を自動車保険の無料一括見積りサービスで定番のインズウェブで保険料見積もった結果を紹介しておきます。

この金額を見ると車両保険がいかに保険料を上げている要因なのかがよくわかります。実際に自動車保険(任意保険)の保険料を上げる要因の第一位が「車両保険」です。

その次に来るのは保険料が高い保険会社を使っているという要因になります。保険料の安い保険会社は保険料の一括見積サイトを使うことで無料で探すことができます。

【保存版】車両保険は必要?不要?必要性と中古車や新車、軽自動車の場合など

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

自動車保険の保険料は車両保険を外すと半額になる秘密の話

車両保険をつける場合は「エコノミープラン」を選択する

車両保険はもしもの事故で自分の車が破損した場合でも修理代を車両保険から保険金として支払ってもらえる保険です。

車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2つがあります。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
(車対車+A)
エコノミー
(車対車)
他車との事故 対応 対応 対応
自然災害(洪水・台風など) 対応 対応 非対応
火災・爆発 対応 対応 非対応
イタズラ・盗難 対応 対応 非対応
落下物・飛来物 対応 対応 非対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応 非対応
車上荒らし 対応 対応 対応
自損事故 対応 非対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応 非対応

車両保険は自損事故でも補償される?車両保険を安くする方法裏技

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額・プランまとめ

保険会社で一番安い保険料の保険会社を選ぶ

自動車保険はインターネット経由で保険会社に直接申し込む通販型(ダイレクト型)と代理店を経由して保険会社に申し込む方法の2つの方法があることを説明しました。

じつは通販型(ダイレクト型)自動車保険でも保険会社によって保険料は大幅に変わります。

保険料の安い保険会社を選ぶと保険料が同じ通販型でも半額程度になることもあります。

では、実際にどの保険会社の保険料が安いのかを調べるには実際に見積もりをとってみるしかありません。ダイレクト型自動車保険で保険料の安い保険会社を探すのにベストな方法は、自動車保険の無料一括見積もりサービスを利用することです。

武中
多くの保険会社がありますが、保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険の一括見積もりサービスは保険会社1社に保険料を見積もりをするのと同じ手間で複数の保険会社から見積もりを取ることができ、保険会社間で保険料を比較することができるので断然お得になります。

また、何度補償内容や特約の内容などを変更して見積もりをしても完全無料で利用できるので自分にあった保険を探すことができます。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク