Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】中古車を買ったときに任意保険を安く節約する方法まとめ!切り替え手続きや納車前契約、保険継承まで

中古車を購入した時は自賠責保険(強制保険)は最初からついていますが任意保険は加入する必要があります。車両保険をつけるかどうかは自由ですが自賠責保険では人身事故の補償額が少なすぎるのと対物事故に対する補償がない(補償されない)ので任意保険は必須といえます。

任意保険が入っていない状態で人身事故を起こしたり規模の大きい対物事故を起こすと一生その責任をとるだけの人生になるかもしれません。

たとえば、対人事故で1億円という補償額は一般的にありますが任意保険未加入で事故をした場合はすべて自己負担になるため一生かけて返済することになります。

乗り換えで既に任意保険に加入している場合

中古車を購入する場合は車の乗り換えであるケースも多いです。既に任意保険に加入している場合は現在加入している保険を車両入替という形で引き継ぐことができます。車を入れ替えた場合は今までの保険のままだと保険が適用されずに補償されない場合があります。

任意保険の契約は運転者ではなく自動車に結びついています。そのため車を入れ替えた場合や契約変更をする必要があります。契約変更をしても等級は引き継がれますのでできれば引き継ぎはしたほうが割引が適用されるのでお得になります。

普通車の場合

普通車の場合は車の入れ替えで保険料が変わります。これは普通車の任意保険には「車両料率クラス」があるからです。中古車を購入して車を入れ替える場合は保険会社に連絡をして車を入れ替える旨を伝えると今までの保険の等級や割引を引き継いで任意保険をかけることができます。

新規でかけるよりもかなりお得に任意保険をかけることができるので今までの任意保険を解約して新規でかけるよりもお得で賢い方法です。

車の入れ替えのタイミングは任意保険を見直すいいタイミングなので自動車保険の無料一括見積もりをして一番安い保険会社を選ぶ方法をとるとさらに保険料を安くすることができます。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は普通車と違って車の入れ替えで保険を引き継いでも保険料がかわりません。軽自動車には「車両料率クラス」がなくどの車種でも任意保険の保険料は同じになります。

新規でかけることもできますが今まで使っていた任意保険の引き継ぎをしたほうがお得に任意保険をかけることができるので今までの任意保険を解約して新規でかけるよりもお得で賢い方法です。

また、車の入れ替えのタイミングなので任意保険の保険料を見直すよいタイミングでもあります。自動車保険の無料一括見積もりをして一番安い保険会社を選ぶ方法をとるとさらに保険料を安くすることができます。

新規で任意保険に加入する場合

中古車を販売店で購入する場合は必ずというほど販売店で任意保険の加入を進められます。これは販売店で加入すると紹介料が販売店にはいるからです。正直にいって販売店や中古車屋で任意保険を契約するとかなり高い保険料になります。

自分でインターネットの無料一括見積もりを使って納得いく自動車保険を申し込むとそれだけで10%〜30%ほど保険料を安くすることができます。

インターネットを使って申し込んでも事故対応やロードサービス、任意保険の内容は全く同じです。保険料が安くなる理由は代理店などを通していないので人件費や中間マージンを削減できるからです。これは申し込む時の入口が違うだけで同じ保険に申し込んでいるからです。

もし新規で申し込む場合は販売店のいいなりになって契約せずに自分で無料の一括見積もりをして数社から出てきた内容を比較して納得いく自動車保険を選ぶようにすると無駄がなく大きく節約をすることができます。

任意保険は契約前や当日に申し込みができる

車を新規で購入する場合は車の契約前や納車当日から保険を適用したいと思うこともあります。結論から先に書くと任意保険は契約前でも納車当日でも申し込んで適用することができます。

しかしこれは代理店や保険会社に直接連絡をして申し込んだ場合でインターネットから申し込んだ場合は当日からは適用されずに申し込み翌月の午前0時からの保険適用となります。

実際当日に申し込むと複数の保険会社を比較して契約するとうことをするだけの余裕がないので保険料は高くなります。

そのため車が納車される数日前に自動車保険の一括見積もりなどを使って複数の自動車保険会社から任意保険の見積もりをとって比較して一番オトクで納得できる保険会社を選ぶようにするとかなり保険料が安くなって補償内容は同じなので、はやめから準備しておくのがおすすめです。

中古車契約時には車両保険は必要?

自動車保険は事故の時に相手や他人のものを保証する任意保険と自分の自動車を保証する車両保険があります。車両保険は自分の車の補償なのでつけるもつけないもの自由です。

たとえば購入金額が100万円を超えるような車の場合は車両保険はつけておいたほうが安心です。車両保険の金額の算出は購入した車の時価額できまります。時価額とはその車の価値で初年度登録年月日、走行距離、グレード、車種によって決められています。

もし事故をした時に修理代が高額になることが予測される車の場合は車両保険をつけておくと安心です。車両保険は任意保険と違い単体で解約することができます。

車は年数が経ったり走行距離が増えてくると時価額が下がってきます。事故をした時の車両保険で支払われれる金額は時価額が上限になるので価値が下がってきたり事故をしたら車を買い換えるつもりであれば車両保険だけ解約するのも賢い方法です。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)