この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

事故で死亡した場合に被害者が加害者に請求できる補償や内容のすべて

加害者がいる交通事故で死亡した場合は葬儀費用だけでなく墓石代や墓地代、慰謝料、逸失利益という本来死亡しなくて得られた収入が補償されます。

ただし、葬式を行わなかった場合は葬式費用は支払われません。

ここでは自動車の交通事故で死亡した場合に被害者が自賠責保険や保険会社(任意保険)や加害者に請求できる内容の詳細を詳しくまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク




死亡事故で自賠責保険や保険会社に請求できる内容の詳細

事故で死亡した場合は下記の内容のものが請求できます。

請求先は自賠責保険と任意保険になります。死亡の場合は、自賠責保険から3000万円まで請求できます。この3000万円は、逸失利益、治療費、慰謝料、葬儀費用のすべてを含めて3000万円が上限の補償額です。

死亡事故で自動車保険や加害者に請求できる内容リスト

死亡事故の場合、自動車保険の自賠責保険や任意保険に請求できる費用の内容の詳細は下記になります。相手の加害者が自賠責保険に未加入だった場合は政府保証事業による補償で自賠責保険と全くおなじ補償額で保険料が支払われます。

  • 治療費
  • 病院からの死体運搬費
  • 火葬費
  • 葬儀費(60万円〜100万円)
  • お布施、戒名、読経料
  • 墓石代
  • 墓地費用
  • 初七日、四十九日などの読経料
  • 慰謝料(死亡本人および遺族が対象)
  • 損失利益(本来死亡しなくて受け取れたお金)

自賠責保険にまずは請求をして不足分は任意保険に請求します。

加害者が任意保険未加入だった場合は加害者の配偶者や子供、孫、父親や母親、祖母や祖父、兄弟、姉妹、甥姪に請求します。

自賠責保険(強制保険)の補償内容の詳細

自賠責保険で補償される範囲は下記の表の通りになります。また自賠責保険で補償される範囲は他人のみになります。他人とは「運転手、運行供用者以外」です。

自分の家族と関係ない人だけでなく同乗していた家族は補償の範囲内です。

対人補償 物損補償
傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
補償なし
死亡時 3,000万円
(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)
後遺障害時 4,000万円
(逸失利益/治療費)

死亡時の自賠責保険の補償額の上限は3000万円です。この金額で不足した場合は相手が任意保険に加入していた場合は不足分が任意保険から支払われます。相手が任意保険に加入していなかった場合は相手が自腹で支払うか、支払い能力がない場合は支払いはされません。

ほとんどの場合で自賠責保険の補償額では補償金額はまったく足りません。

任意保険は自賠責保険から支払われて不足分が任意保険から補填されると覚えておけば間違いありません。また相手の加害者が自賠責保険に未加入だった場合は政府補償事業による補償で自賠責保険と全くおなじ補償額で保険料が支払われます。

【必見】政府保障事業はひき逃げや相手が無保険の時に補償される

葬儀費は一般的に60万円〜100万円が一般的です。

逸失利益は、「基礎収入額×(1−生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数」の計算式で計算した額が支払われます。

被害者本人の慰謝料は350万円となっています。

また、遺族の慰謝料は、遺族慰謝料請求権者の人数により、請求者1名の場合は550万円、2名の場合は650万円、3名以上の場合は750万円が支払われ、被害者に被扶養者がいるときはさらに200万円が加算されます。

墓石費用や墓地費用には支払い基準が設けられている

墓石や墓地費用はかかった費用の全額が支払われるわけではなく家族構成や死亡した被害者の年齢や社会的地位が考慮された金額が支払われます。

墓石の価格はピンキリですが、高額な墓石を購入して建てたとしても支払われる金額は同じです。

相手の加害者が任意保険に入っていないと自賠責保険の補償額を超えた場合は実費負担

死亡事故に場合はまずは自賠責保険から補償される

死亡事故の場合の保険金の支払いは、まず自賠責保険から保険金が3000万円を上限に支払われ、自賠責保険だけで補償額が不足する場合は不足分は任意保険から支払われます。

しかし死亡事故の場合は3000万円の保険金で足りることはほとんどありません。

加害者が任意保険に加入していた場合は、3000万円を超える補償額は任意保険から支払われます。しかし、加害者が任意保険に加入していなかった場合は不足金額はすべて実費負担となります。これは加害者側に支払い能力がなければ十分な補償を受けられないということです。

死亡事故で加害者側に支払い能力がない場合

もし、加害者の配偶者や子供、孫、父親や母親、祖母や祖父、兄弟、姉妹、甥姪に不足分を払うだけでの支払い能力がなければ不足分の補償額は回収できません。
しかし、自分の任意保険に人身傷害保険(車内+車外補償型)がついれいれば自分の任意保険から不足分を支払ってもらうことができます。

このことから、いかに任意保険が大切かがわかってもらえるかと思います。

死亡事故で被害者が死亡した場合の慰謝料は被害者の相続人が請求をする

交通事故で死亡した場合の遺族の慰謝料は、本人が死亡していて本人は請求できないため請求するのは被害者の相続人になります。慰謝料請求権は民法711条に規定されており下記のようになっています。

(民法第711条)他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。

具体的には、被害者の父母、配偶者、子どもが相続人として認められています。また兄弟や姉妹、祖父母なども慰謝料の請求権が認められたケースがあります。

そのため被害者と近親でなくても請求権が認められることがあるので被害者が加入していた任意保険会社に相談すると詳しく教えてくれて手続きも行ってくれます。

任意保険に加入していなかった場合は示談交渉も含めてすべて自分で行う必要がありとても大変です。そのため安い自動車保険でいいので自賠責保険と任意保険には必ず加入しておくようにしましょう。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク