この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

事故の過失割合や示談交渉に納得できない場合の対処と強い保険会社

相手がいる交通事故の場合は、それぞれの過失割合(責任割合)が賠償金の支払いを決定する示談交渉によって保険会社間同士で決まります。しかし、過失割合は損害額の負担の割合を決めるものなので納得できないこともよくあります。

結論から先に書くと、事故の過失割合や示談交渉の内容に納得出来ない時は弁護士を使うことです。自動車保険の任意保険には特約として自分や自分の保険会社の担当者に代わって相手の加害者と示談交渉を弁護士に代行してもらえる特約があります。

示談の内容や過失割合に不満があったり納得できない場合は、絶対に承認してはいけません。自分が不利になるだけです。

事故の過失割合や示談交渉に納得できない場合の対処方法
  • 示談交渉を弁護士に依頼する(弁護士費用特約を利用すると無料で利用できる)
弁護士費用特約は特約なので自分で付帯する必要がありますが、弁護士費用特約を使っても等級にも保険料にも影響しません

保険会社によって示談交渉が強い会社があるとか「東京海上が示談交渉に強い」とか言われていたりしますが、あれは間違った認識です。

示談交渉に強い保険会社・示談交渉に弱い保険会社
  • どの保険会社も同じ(自分が専任した弁護士に示談交渉を依頼できるため)
保険会社によって示談交渉の強さの違いはありません

多少は担当者のスキルには影響されますが納得できなければ保険会社の専任または自分が専任した弁護士に示談交渉を依頼することができるので同じになります。

弁護士費用特約があると、納得できない過失割合や示談の内容であっても弁護士が代行して示談交渉をしてくれます。保険会社の担当者が示談交渉できない過失が0%(過失なし)の事故でも示談交渉をスムーズに進められて受け取れる損害賠償金額を上げることができます。

相手の弁護士が出てきたら下手なことはできないので対応が慎重になりますし要求をスムーズに飲んでくれるようになったりします。弁護士を通りた途端、拍子抜けするほど相手が低姿勢になりこちらが納得する過失割合と示談の内容で事故が片付くことが多々あります。

武中
もし弁護士費用特約を付帯していなければつけておくことをおすすめします。弁護士費用特約を付帯すると保険料が高くなりますが、現在契約中の保険会社での保険料がどれくらい上がるのか、他社(最大20社)の保険会社は同じ条件や補償内容でどれくらいの保険料になるのかは、無料の自動車保険の一括見積りサービスを使うことが現時点でベストな方法です。

弁護士費用特約を付帯した場合の現在契約中の保険会社の保険料と、同一条件で他社の場合の保険料は無料で使える自動車保険の見積もりサービスを使うと完全無料で15分程度で現在契約中の保険の内容との差額を確認することができます。

弁護士費用特約を付帯しても現在契約中の保険料よりも大幅に安くなる保険会社も必ずあるので簡単に探すことができます。

>>【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

事故の過失割合や示談交渉に納得できない場合の対処

交通事故の過失割合や示談交渉の内容に納得出来ない時は、その内容で妥協して示談をせずに、弁護士に相談することが重要です。

「弁護士費用特約」を付帯していれば弁護士費用は無料なので絶対に利用したほうが自分側の過失割合は小さくなり、受け取れる保険金の金額は多くなります。

【保存版】自動車保険の弁護士費用特約の内容使い方と費用等級の影響

相手がいる交通事故の場合は、自分の契約している保険会社と相手の保険会社の間でそれぞれの過失割合が算出されて、お互いが納得すれば示談となります。

自分が納得する過失割合が算出されてこれば良いのですが、多くの場合は納得できる過失割合が算出されることはあまりありません。

まず大事なことは過失割合に納得できなかったらその過失割合で妥協しないことです。妥協して算出された過失割合で了解してしまうと、「過失割合=損害賠償の負担割合」になるため多くの負担をしなけばないらないことと、自分側の保険金の金額が少なくなったり補償内容が悪くなります。

任意保険の保険会社の担当者は簡単には変更できない

まず、保険会社の事故の示談交渉の担当者は自分では選べません。

勝手に保険会社の方で専任されます。親切丁寧で被害者のこちら側のことを思ってくれる担当者でよければいいですが、必ずよい担当者に当たるとは限りません。

武中
また、保険会社の営利企業なのでできるだけ保険金の支払いを少なくして短期間で示談交渉を終わらせたいと思っています

そのため、たまに態度の悪い担当者にあたってしまった場合は、被害者側で担当者を変更することはできなので示談交渉も自分の思うように進まない、納得できる内容ではない結果になることがよくあります。

武中
そのような時は示談交渉を弁護士に変更することをおすすめします。

弁護士は自分で専任してもいいですし、保険会社からも紹介してもらえますが、保険会社がアサインする弁護士はその保険会社からお金をもらって仕事をしているので保険会社側の主張を重視する傾向にあります。そのため、弁護士は自分で探したほうがいいと思います。

事故の過失割合や示談交渉に強い得意・有利な保険会社

結論から先に書くと、事故の過失割合や賠償金を決定する示談交渉に強い保険会社や得意な保険会社、有利な保険会社というものは存在しません

相手がいる事故の場合は、加害者と被害者の双方の保険会社の担当者同士が示談交渉をすることが一般的です。示談交渉では、過失割合や賠償金が決定されます。

しかし、示談交渉の担当者は被害者であるあなたの味方ではありません

保険会社は示談交渉がスムーズに進みかと保険金の支払いを少ないくするように進めようとします。しかしそのことに気がついていない人がいたり、担当者が伝えてくる過失割合や賠償金に対しては承認せざるえないと思っている人が多くいます。

しかし、過失割合や賠償金の内容に納得できなければ承認する必要はありません

保険会社の担当者が伝えてきた過失割合や賠償金や賠償内容に納得できなければ「弁護士に示談交渉をお願いしたい」と伝えてください。そうすることで失割合や賠償金や賠償内容の交渉はよりこちらが有利になりやすい弁護士に示談交渉を依頼交渉ができるので有利に示談交渉が進みます。

ただし、契約している自動車保険の任意保険に「弁護士費用特約」を付帯していなければ弁護士費用は実費負担になってしまうため、

「弁護士費用特約」は必ず付帯しておくようにしましょう。「弁護士費用特約」を付帯してあれば弁護士費用は無料になり、弁護士に依頼しても等級には影響を与えません。

保険会社が示談交渉代行できないすべての事故と弁護士での示談交渉

事故の過失割合はどのようにして決定されるか

事故の過失割合というのはだいたい事故の内容によってお互いがどれくらいの過失割合になるのかは「判定タイムズ」という事故事例ごとの過失割合の例が記載されている冊子の内容によってまずは決められます。

その後にお互いの被害者と加害者の主張を聞いて過失割合が修正されます。

どの保険会社もこの「判定タイムズ」を基準として過失割合のベースを決定しています

もし、保険会社の担当者が説明してくる過失割合の割合の内容に納得できない場合は、「根拠を提出してほしい」「基準となる情報や参照した情報を出してくれたら自分で算出する」と伝えることで保険会社の担当者もでたらめな説明や保険会社側が有利となる過失割合にされることを防げます。もらった資料を元に修正要素を考慮して自分で算出して見ることも大事です。

内容に納得出来ない場合は「交通事故紛争処理センター」などの外部機関に相談するのも1つの手ですがあまり効率的ではないといえます。

実際は過失割合や賠償金などの内容に納得できないと思った時点で弁護士に依頼するのがベストな対応です。

弁護士費用特約は1回の事故で被保険者一人の示談交渉に対して300万円まで弁護士費用を保険会社が負担してくれます。また搭乗者が複数人の場合でも一人に対して300万円まで弁護士費用を負担してくれます。

この弁護士費用特約を使っても等級や保険料には全く影響しません

弁護士費用特約の等級や保険料の影響の詳細
  • 弁護士費用特約を使った場合の等級: 等級に影響なし
  • 弁護士費用特約を使った場合の保険料: 保険料に影響なし
そのため事故の時ではかなり役にたちます。

自動車保険の任意保険には必ず「弁護士費用特約」を付帯しておく

弁護士費用特約を付帯していなければつけておくことをおすすめします。弁護士費用特約を付帯すると保険料が高くなりますが、現在契約中の保険会社での保険料がどれくらい上がるのか、他社(最大20社)の保険会社は同じ条件や補償内容でどれくらいの保険料になるのかは、無料の自動車保険の一括見積りサービスを使うことが現時点でベストな方法です。

弁護士費用特約を付帯した場合の現在契約中の保険会社の保険料と、同一条件で他社の場合の保険料は無料で使える自動車保険の見積もりサービスを使うと完全無料で15分程度で現在契約中の保険の内容との差額を確認することができます。弁護士費用特約を付帯しても現在契約中の保険料よりも大幅に安くなる保険会社も必ずあるので簡単に探すことができます。

>>【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

弁護士費用特約をつけても保険料を安くする方法・裏技

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は大きく異なります。

弁護士費用特約をつけてない保険会社の保険料と、弁護士費用特約をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多くほとんどの場合で安くなります。

そのためもしもの事故の時の保険として、弁護士費用特約はつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく弁護士費用特約付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い弁護士費用特約付きの保険会社の保険がお得になります。弁護士費用特約をつけておけば当て逃げにあっても修理代が全額補償されるので安心です。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)