Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】交通事故の現場で加害者がやることまとめ

交通事故や接触事故にもし遭ってしまった時は適切な対処が重要です。もし交通事故や接触事故、人身事故にあってしまった場合や事故を起こしてしまった巻き込んでしまった場合の現場で加害者がやることをまとめましたのでご紹介いたします。

交通事故や接触事故にもし遭ってしまった時は正しい対処をしないと後から責任をとらされたり過失割合に影響する場合があります。ここで紹介する対処法を参考に被害者に誠意を見せ損害賠償を行うことが大切です。

交通事故の現場で加害者がやることまとめ

  1. 負傷者の救護(ケガの具合を確かめて必要であれば救急車を呼ぶ)
  2. 必要であれば事故車の移動
  3. 警察に連絡(届出)をする
  4. 被害者の氏名や住所、連絡先を確認する
  5. 保険会社に連絡をする
  6. 事故現場の証拠の保全
  7. 目撃者がいれば連絡先を聞く
  8. その場で示談には応じない

1. 交通事故にあったらまずは負傷者の救護

交通事故にあったり、事故を起こした場合はまずは負傷者の救護をすることが大事です。負傷者の救護は運転者の責任です。もし救急車が必要な状態であればすぐに救急車を119番通報をして呼びます。負傷者の救護をするのは相手の運転者だけでなく相手の車に乗っていた搭乗者も対象です。

事故の相手が負傷している時点でこの事故は「人身事故」扱いとなります。

2.必要であれば事故車の移動

事故車の移動は移動させたほうがいい場合と、そのまま移動させないほうがいい場合があります。運転者には危険防止措置があるのため二次災害が発生する可能性があれば速やかに移動させたほうがいいです。その場合は写真や動画で事故直後の状態を記録しておきましょう。

もし他の車の邪魔にならないような状態であった場合は車の状態はそのままにして警察の到着を待ちます。警察がきたら警察官の指示に従います。

  • 二次災害が発生する可能性がある: 写真や動画を撮ってから速やかに車を移動させる
  • 他の車の邪魔にならない状況: 車の状態はそのままで警察の到着を待つ
  • 二次災害の心配がない状況:  車の状態はそのままで警察の到着を待つ

3. 警察に連絡(届出)をする

負傷者の救護と車の移動が終わったら、警察へ連絡(届出)をします。事故が起きた時はどんな小さな事故であっても警察に連絡(届出)をするのは義務となっています。事故を起こした場や負傷者の状況を伝えて警察官が到着するのを待ちます。

警察へ連絡(届出)をしないと自動車保険会社から保険金を受けることができなくなります。そのためどれだけ小さな事故であっても必ず連絡(届出)をしてください。事故の届け出をしておくことで「交通事故証明書」を発行してもらえるので保険金を受けることができます。保険金を支払ってもらうには「交通事故証明書が必須」です。

4.被害者の氏名や住所、連絡先を確認する

負傷者の救護と車の移動が終わり警察に連絡をしたら、相手の氏名や住所、連絡先を確認します。同時に自分の連絡先も相手に伝えておきます。

連絡先の交換は警察に連絡する前に行っても構いません。

もし相手側の人が連絡先を教えてくれない場合はナンバープレートの番号を記録しておきます。

5.保険会社に連絡をする

ここまで対処をしたら自分が加入している保険会社に連絡をします。もし保険会社に連絡をしなかった場合は保険金が支払われないので必ず連絡をするようにしましょう。

また最終的に事故は示談をすることになりますが、保険会社に連絡をすることで示談交渉を代行してもらえます。もし保険会社に連絡をしていなければ示談交渉はすべて自分で行うことになるので大変です。

交通事故をすると相手からむちうちや後遺症を訴えられることがあります。その場合も事故の時に保険会社に連絡をしておけば安心です。

保険会社に連絡をしても保険会社の事故担当者が現場まで来てくれることはほとんどありません。しかしロードサービスを使うことはできるので連絡をしておいて損はありません。

6.事故現場の証拠の保全・証拠の記録

事故が起きた時は事故の状況や車の損害状況など事故現場の証拠が重要となります。この証拠は過失割合の決定に大きな影響を与えます。

スマホやiPhoneの写真や動画でいいので現場の写真を記録しておきましょう。

7.目撃者がいれば連絡先を聞く

もし事故現場に目撃者がいた場合は、すぐに名前や連絡先を聞き、警察の実況見分に立ち会ってもらったり承認になってもらえるかを確認しておきましょう。

目撃者の有無は過失割合に大きな影響を与えます。

目撃者には後日警察から連絡がいくので警察に連絡先を伝えてもいいのか確認しておきましょう。この目撃者の確保は被害者になった場合だけでなく加害者になった場合でも有効に働くので後続車や通行人が近くにいて事故を目撃していた場合は連絡先をきいておきます。

8. その場で示談には応じない

事故の時は相手からその場で示談してほしいと言われることがあります。

しかし事故現場で示談の相談を受けても一切受けてはいけませんその場で示談をすると過失割合が大幅に不利になり、もし自分に後から症状がでてきたり後遺障害が出てきた場合でも治療費を相手に請求することができません。

仮に相手がその場で示談を強く要求してきた場合でも「保険会社に相談したい」旨を伝えてそのばでの示談は絶対に行わないようにしましょう。

安くてもいいので任意保険には加入しておくことが大切

事故を起こした時や事故にあったときは自動車保険の任意保険に加入しているか加入していないかによって大きく状況が異なります。

任意保険に加入していない場合は示談交渉や相手への賠償はすべて自分で行うことになり、賠償もすべて実費になります。任意保険に加入していなかった場合は多くは賠償することができず自己破産しています。そのため安くてもいいので任意保険には加入しておきましょう。

今は保険料が安い自動車保険があり、複数の自動車保険会社に対して見積もりを取ることで安い保険料で任意保険をかけることができます。

多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

そのため自動車保険に新しく加入する場合や安くても任意保険に加入する場合は、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで高い保険料を払うということを回避でき、最安で無駄なく自動車保険に加入することができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約できます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)