Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【重要】交通事故の際はすぐに警察を呼んで届出をしないと保険金が受け取れない

交通事故にあったらしなければならないことは、まず負傷者の救護です。救急車を呼んだり他の車に轢かれない安全な場所に移動させて110番通報と必要であれば119番通報をします。警察への届け出は運転者の義務です(道路交通法72条1項)ケガなしの場合も必ず届出をしてください。

負傷者の救護ができたら110番に電話をしてすぐに警察へ事故の届出をします

警察へ届出をするとすぐに警察官が来てくれて車の移動や他の車の誘導、三角表示板の設置などをしてくれます。基本的にどのよな小さな事故であっても警察へ事故の届出が必要です。

たとえ相手に警察に連絡や届出をしなでくれと言われても必ず自分を守るためにしておきましょう。

届出をしておかないと保険金の請求に必要となる「交通事故証明書」を発行してもらうことができません。そのため後から体の調子が悪くなった場合でも保険金が支払われませんので注意が必要です。

交通事故の際は事故の規模に関わらずすぐに警察を呼んで届出をする

交通事故の際は負傷者の救助をしたら事故の規模にかかわらず必ず警察に電話をして届出をすることが大切です。

そのまま逃げてしまうと「ひき逃げ」と判断さて10年以下の懲役刑が科せられる可能性があります。ひき逃げは必ずバレます。後から警察が自宅にやってきて任意同行を求められたりその場で逮捕されます。

小さな事故で怪我もなくその場で示談するように頼まれたり、相手が無保険や無免許だったり、仕事中などで急ぎの場合でも警察を呼ぶと加害者も被害者もある程度の時間拘束されます。また相手が業務中であったり免許が大事となる運搬業をしていた場合は免許がなくなると仕事ができないからと泣きつかれることもあります。

そのような場合でもかならず警察に連絡をして届出をしてください。

届出をしていなかったことで後から不利になることはよくあります。例えば事故の影響で体調が悪くなって病院で治療を受けた場合でも届出をしていないと治療費や賠償金などを受け取ることができません。必ず後悔することになります。

相手が警察を呼ばないで・届出をしないでと言った場合

事故にあった時は相手からいろいろな理由をつけて警察への届出をしないように言われます。相手からその場で示談してくれと言われたり、警察への届け出をしないように言われても従わないで必ず警察に電話をして届出をしてください。

  • 加害者が無免許運転で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 加害者が無保険で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 加害者から免許の違反点数の関係で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 小さな怪我だったため警察へ届出をしないでその場で示談してくれと頼んでくる
  • 仕事で免許がなくなると困るという理由で警察へ届出をしないでと頼んでくる
  • 被害者が軽いケガだったので警察を呼ばなかった

このように相手がいる交通事故の場合は相手からいろいろな理由で警察へ届出をしないように言われたり場合によっては泣きつかれたりすることもあります。もし相手が当たり屋の事故の場合はこのように持ちかけられることがほとんどです。

また相手の免許の点数や免許が大事な仕事などの場合はその場で現金を渡されて示談するように言われたりすることもあります。しかしそのような要求や頼みには一切応じる必要はありません。自分にはなにもメリットはなく後から自分が損をする場合がほとんどだからです。

交通事故の際の警察への届出は義務

交通事故の際の警察への届け出は運転者の義務となっており道路交通法72条1項で決められています。物損事故や人身事故にかかわらず速やかに110番をして警察に連絡しましょう。

警察への届け出は法律上の義務でもありますが、警察への届出をしていなかった場合は任意保険や自賠責保険に保険金を請求する際の必要書類である「交通事故証明書」の交付が受けられなくなります。

相手に「警察へ届出をしないでほしい」と言われても「法律上届けなければいけない」旨を伝えて丁寧にお断りすべきです。

警察に届けなかった結果、保険金請求が困難になったり、相手の所在が不明で賠償ができなかったりで不利益を受けるケースが多く泣き寝入りをすることになってしまいます。

警察への届出がないと保険金を受け取れない

交通事故のときにもし警察へ届出をしていなかった場合は、保険金の請求に必要な「交通事故証明書」を発行することができませんので保険金が一切受け取れませんし請求することもできません。

そのためもし相手の加害者に警察への届け出をしないように懇願されても必ず警察へ届出をしてください。110番に電話をするだけですぐに現場に来てくれ必要な手続きを行ってくれます。

お互い調書を取るので時間は取られますが事故の規模にかかわらず必ず届出を行っておくことで後から後悔するようなことがなくなります。

交通事故の規模にかかわらず必ず警察へ届出をすることが大切

病院に行くような規模の事故であれば警察に届出をしないことは少ないですが規模があまり大きくない事故の場合は届出をしない人が多くいます。規模にかからわず必ず警察へ届出をしてください。

事故を起こした際にはその時に病院にいかなくていいような状況でなくても後から症状がでてきて死亡したケースもあります。もし後から症状がでてきて病院にかかったり死亡した場合は警察へ届出をしていないと一切保険金を受け取ることができません。

交通事故の届け出は後日からも可能

もしその場で警察へ届出をしなかった場合でも後から当事者二人がそろって警察へ行き届出をしたい旨を伝えると対応して貰える場合もあります。しかし必ずしも対応してもらえるわけではないので事故にあったらその場で警察を呼んで届出をしておくことが大事なのです。

もしもの事故のために任意保険への加入は重要

「自分は事故を絶対にしない」と思っていても相手から事故に巻き込まれることもあります。事故の際に頼りになるのは自動車保険である任意保険や車両保険です。保険料が安い自動車保険でもいいので加入しておくことは必須です。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わり安い保険料で加入できる自動車保険があります。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて、対物補償と対人補償を無制限にして見積もり依頼をすると、20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

対物補償と対人補償を無制限にしたにも関わらず乗り換える元の保険会社よりもほとんどの場合は大幅に保険料が安くなります。

これはダイレクト型保険が代理店型保険よりも保険料がもともと安いのと、複数の保険会社の中で一番保険料が安い保険会社を選ぶことができるからです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)