この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険で必須で最低限必要な補償内容と補償金額

自動車保険(任意保険)で必須で最低限必要な補償内容は「対人賠償保険」と「対物賠償保険」と「人身傷害保険」の3つです。他の補償や特約は削ってもいいですがこの3つは外していけません。

自動車保険の任意保険は補償内容と補償金額や特約を減らしたり外したりすることで大幅に保険料を下げて節約することことができます。しかも、その金額は一括見積を使うと簡単に各保険会社の保険料を調べることができます。

補償金額は「対人賠償保険」と「対物賠償保険」は無制限にしてください。「人身傷害保険」も無制限がベストなのですが、「人身傷害保険」は自分のケガに対する保険なので1000万円以上あれば十分です。

スポンサーリンク




自動車保険の任意保険で必須で最低限必要な3つの補償内容と補償金額

自動車保険(任意保険)には多くの補償内容と補償内容それぞれに補償金額があり、多数の特約があります。しかし、自動車保険で必須で最低限必要な補償内容と補償金額は下記になります。

  1. 対人賠償保険 – 補償金額: 無制限
  2. 対物賠償保険 – 補償金額: 無制限
  3. 人身傷害保険 – 補償金額: 無制限

最低限の補償内容でも保険料が高い場合の対処方法

自動車保険で必須で最低限必要な補償内容は「対人賠償保険」と「対物賠償保険」と「人身傷害保険」の3つですが、この3つだけでも保険料が高くてどうしても安くしたい場合は、自分の怪我が補償される「人身傷害保険」を外すことでさらに保険料を下げることができます。

ただし、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」はどちらも無制限にしてください。

これは絶対に削ってはいけない補償で補償金額も無制限にしておかないと1回の事故で人生を棒にふることになる可能性が十分にあるからです。

  • 「対人賠償保険」: 事故の相手への補償金を保証するための保険
  • 「対物賠償保険」: 事故で壊した物への補償金を保証するための保険
  • 「人身傷害保険」: 自分の怪我が補償するための保険

人身傷害保険は自分の怪我を保証するための保険

「対人賠償保険」と「対物賠償保険」は事故をしたときに相手や壊したものの所有者に対して賠償金を保証するための保険で相手のための保険です。

そのため削ることはできませんが、「人身傷害保険」は自分の怪我に対して補償するための保険のため、ひき逃げ事故の場合も補償されますし、自分の過失割合に関係なく治療費にかかった費用は全額負担されます。

事故の相手が全額補償できない場合でも補償されるの治療費を気にせずに完治するまで治療に専念できます。

車両保険は保険料があがる補償の代表で必須ではない

自動車保険の保険料を効率的に下げるには、車両保険を外すことが一番効果的です。

自動車保険の保険料を上げている原因は車両保険で、もし車両保険をつけている場合は車両保険を外すと保険料は全年齢で約半額にすることができます。

【驚異】自動車保険の保険料は車両保険を外すと半額になる秘密の話

また、車両保険も「人身傷害保険」と同じで自分の車を修理する時に保険金が支払われるための補償です。

そのため、車両保険を付帯していなくても相手への補償には影響しませんので保険料が高いと思っていたら最初に車両保険を外すことを考えると効果的です。

自動車保険は最低限「対人賠償保険」と「対物賠償保険」は無制限にする

いかがでしたか?自動車保険にはいろいろな補償や特約が用意されていますが本当に必須な補償内容は「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の2つです。

現在加入している保険の保険料が高い場合は、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」だけ無制限にして他の補償や特約を外すことで保険料がかなり安くなって驚きます。

実際に保険料がどれくらいまで安くなるのかは完全無料で使える自動車保険の見積りサービスがあるのでそれを有効活用すると具体的な保険料が出てくるので活用してみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク