この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】任意保険に入れない保険会社に拒否される人や車の条件

自動車保険の任意保険は車を乗っているひと全てが加入しているわけではなく約2割の人が未加入で自動車やバイクを運転しています。しかし、その約2割の人は任意保険の保険料を払えないだけでなく保険会社に加入を拒否された人や車である場合もあります。

結論を先に書くと、1等級や2等級の人や事故をよく起こす人、保険金を払うリスクが高いと判断された人、高級車の場合は保険会社から任意保険や車両保険の加入を拒否される場合があるので任意保険に加入できません。

ただし、任意保険に入れない人や保険会社に拒否される人や車でも任意保険と車両保険をかける方法(裏技)があるのでここで紹介します。

任意保険に入れない保険会社に拒否される人や車とは

  1. 任意保険に入れるお金がない人
  2. 等級が「1等級」や「2等級」の人(過去に事故実績あり)
  3. 事故をよく起こす人(1年に3回以上が基準)
  4. 保険会社のブラックリストに乗った人
  5. 車両本体価格が高価な高級車の場合(車両保険のみ拒否)
  6. 暴力団関係者の人

任意保険に入れるお金がない人

自動車やバイクに乗っていても任意保険に入るだけのお金がなくて任意保険に入っていない人がいます。もし任意保険無しで事故をした時は自賠責保険での対人補償のみの補償しかなく補償金額として全く不足します。

そのため自己破産をしたり財産を押さえられたりするケースもあり人生を棒に振ってしまった人も多いのが現実です。

そのため保険料が安い任意保険でいいので加入しておくことが大切です。

等級が「1等級」や「2等級」の人

自動車保険の等級は新規で加入すると6等級スタート(セカンドカー割引を使うと7等級スタート)です。1等級や2等級の人というのは1回の事故で保険を使うと3等級または軽微な事故で1等級ダウンしますので少なくとも2回保険を使っていることになります。

  • 自動車保険に新規加入した場合:6等級スタート(セカンドカー割引を使うと7等級)
  • 1年間無事故だった場合: 1年で1等級ずつアップする(等級割引が増える)
  • 事故を起こして保険を使った場合: 1回の事故で3等級ダウンする

1等級や2等級の人というのはよく事故を起こす人なので保険会社としてもリスクを裂けたい。ということから保険の加入を拒否することがあります。また任意保険には加入できても車両保険の加入を拒否される場合があります。

現在加入している自動車保険を更新しようとしても「契約謝絶」という契約の更新を拒否されるケースもあります。しかし、下記の方法を使うと等級が低くても自動車保険に加入できます。

1等級や2等級でも自動車保険会社によって加入できる会社があります

すべての保険会社で契約できるわけではないので可能な保険会社を探す必要があります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って1等級や2等級でも加入できて最安の保険料の自動車保険を探すことができます。

セカンドカー割引を使うと7等級スタート

事故をよく起こす人(1年に3回以上)

1等級や2等級ではなく等級は高いのに、事故をよく起こす人というのはいます。

また事故はけっこう続けて起こしてしまったり遭ったりするものです。

保険会社によって基準は異なりますが、だいたい「1年間に3回以上事故をしている」と拒否されます。新規で加入する場合だけでなく、自動車保険を使うと現在加入している保険会社から「契約謝絶」をされることが多いです。

また他の保険会社に乗り換えようとしても事故実績は保険会社同士で情報交換するシステムで共有されているので乗り換えようとする保険会社でも契約を断られることが多いです。

1年間に3回以上事故がある方でも自動車保険会社によって加入できる会社があります。すべての保険会社で契約できるわけではないので可能な保険会社を探す必要があります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って1年間に3回以上事故があっても加入できて最安の保険料の自動車保険を探すことができます。

保険会社のブラックリストに乗った人

自動車保険会社には保険会社によって「ブラックリスト」を作成している会社があります。

これはすべての自動車保険会社が作成しているわけではなく、保険会社間でも情報共有はさえていませんが、ブラックリストに載ってしまった保険会社では保険の更新も新規契約も拒否されます。

ブラックリストにのる人は下記になります。

  • 1年間に3回以上事故をした
  • 飲酒運転をして事故をした
  • 保険金詐欺をしようとしてバレた

もしブラックリストにのってしまっても自動車保険会社によって加入できる会社があります。すべての保険会社で契約できるわけではないので可能な保険会社を探す必要があります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使ってブラックリストに載っていない保険会社を探すことができ、最安の保険料の自動車保険を比較して選ぶことができます。

暴力団関係者の人

暴力団関係者の人は暴力団排除条例によって「企業が暴力団に経済的利益を与えることを禁止する」と定められているため、どの保険会社であっても自動車保険の任意保険や車両保険に加入することはできません。

これは全ての保険会社が保険契約を拒否すると決めているため加入は不可能です。

車両本体価格が高価な高級車の場合(車両保険のみ拒否)

車両本体価格が1000万円を超えるような、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニ、NSXなどの高級車の場合は、任意保険は契約できても車両保険の加入を拒否される場合があります。

これは保険会社が保険料を払うリスクが高すぎると判断した場合で基準は保険会社によって異なるため、車両保険の加入を拒否する保険会社もあれば加入できる保険会社もあります。

すべての保険会社が車両保険の加入を拒否するわけではないので可能な保険会社を探す必要があります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うと車両本体価格が高い自動車の場合でも車両保険に加入できる保険会社を探すことができ、最安の保険料の自動車保険を比較して選ぶことができます。

保険料の安い任意保険でいいので加入しておくことが重要

いかがでしたか?このように等級が低い場合や、事故をよく起こす人、自動車保険の保険料を払うリスクが高いと判断された場合は任意保険や車両保険の新規契約や更新を拒否されることがあります。

しかし、これはすべての保険会社で新規契約や更新を拒否されるわけではありません。

武中
契約を拒否されるかどうかは保険会社次第です。複数の保険会社に対して一括見積もりをすると契約可能かどうかが簡単にわかります。もちろん無料です。

下記で紹介する自動車保険の一括見積もりを使うことで加入できる保険会社を探すことができ、また最安の保険料の会社で任意保険や車両保険に加入することができます。

交通死亡事故で人生を棒に振らないために保険料が安い自動車保険でもいいので加入しておくことが重要です。今は任意保険に入れない人や車でも契約できる自動車保険会社や保険料の安い自動車保険を簡単に探せるので下記の無料の見積もりサービスを使って加入しておきましょう。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるだけでなく、任意保険や車両保険に新規加入できるか、乗り換えができるか、契約更新はできるかは保険会社で異なっています。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)