この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険の任意保険の「年齢別」保険料の相場まとめ

自動車保険の任意保険は一人ひとり条件が異なるため保険料が異なって同じ保険料になることはないので相場と言うものは無いのですが、大まかに年齢別で保険料の概算を出すことはできます。

なぜなら年齢が低いほど事故リスクが高いと判断されるため、保険料は高く、年齢が高いほど、事故りウクが低いと判断されるため保険料は安くなります。

実際に年齢の違いで保険料がどれくらい変わるのかと相場は無料の自動車保険の一括見積りで一番メジャーでデメリットが無い「インズウェブ」で「年齢条件」を変更して他の条件は全く同じ内容で見積もって見ました。

【保存版】インズウェブの自動車保険一括見積もり方法と手順まとめ

スポンサーリンク




運転者年齢条件の設定だけでも保険料は大幅に変わる

自動車保険(任意保険)はどの保険会社であっても運転者の年齢条件を設定することができます。

設定できる運転者年齢条件は35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしから選択でき、35歳以上補償が一番保険料が高く、年齢制限なしが一番保険料が高くなります。

31歳、6等級での新規加入、トヨタプリウス、日常・レジャー使用で、無料の自動車保険の一括見積りサイトで見積りをした場合の運転者年齢条件別の保険料の違いは下記になります。

運転者年齢条件
年齢問わず補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償
運転者の年齢を問わず補償 21歳以上の方が運転中の事故のみ補償 26歳以上の方が運転中の事故のみ補償 30歳以上の方が運転中の事故のみ補償
年間187,520円 年間80,150円 年間46,820円 年間42,410円

実際の保険料の金額を見ると運転者年齢条件を設定しない「年齢問わず補償」を選択するとかなり保険料が高くなることがわかると思います。

実際の運転者年齢条件の年齢条件の設定範囲は、上記が一般的ですが保険会社によって多少ことなりますので現在契約中の保険会社またはこれから契約しようとしている保険会社で確認して見てください。

自動車保険の「運転者限定」の補償範囲と割引率

自動車保険の任意保険には運転者年齢条件とは別に「運転者限定」も選択することができます。

自動車保険の任意保険や車両保険の運転者限定特約のすべては下記のとおりです。

運転者限定 補償範囲に含まれる人
本人限定 記名被保険者本人のみ
夫婦限定 記名被保険者本人とその配偶者
家族限定 記名被保険者本人とその配偶者とその家族
限定無し 別居の家族や既婚の子、友人、知人などすべての人が対象

自動車保険の運転者限定(運転者限定特約)の割引率

自動車保険の運転者限定特約のそれぞれの割引率は下記になります。

運転者限定 割引率
本人限定 8%
夫婦限定 7%
家族限定 1%
限定なし 無し

「本人限定」は一番割引率が高く、誰が運転していても補償される「限定なし」が一番保険料が高くなります。この割引率の考え方は運転者が少ない=事故のリスクが低いと考えられているのでこのような割引率が設定されています。

本人限定の8%の割引率や夫婦限定の7%の割引率は、あまり保険料が安くならない?と主かもしれませんが、保険料には大きな影響を与えます。

運転者限定を「本人限定」にするだけで5000円保険料を節約できる

運転者の限定を「本人限定」に設定すると5000円〜8000円程度保険料を下げることができます。とりあえず保険料を簡単に下げたい場合は一番効果的な方法です。

自分や夫婦、家族しか車を運転しない車であれば運転者限定特約を活用することで保険料を大幅に下げることができます。7〜8%割引という割引率はとても大きく1割近い保険料の節約になるので効果的です。

「本人限定」は一番割引率が高く、誰が運転していても補償される「限定なし」が一番保険料が高くなります。この割引率の考え方は運転者が少ない=事故のリスクが低いと考えられているのでこのような割引率が設定されています。

【保存版】自動車保険の「家族限定」の割引率と保険料と補償範囲

実際にどれくらい保険料が安くなるのかは無料の保険料の見積りサイトを使うと簡単に保険料を算出することができるので現在加入中の保険とどれくらい保険料が安くなるのかを5分で調べることができます。

【必見】簡単に保険を見直して5000円保険料を下げる1つの方法

運転者限定変更後の保険料は5分で見積り金額で確認できる

運転者限定を変更した後の保険料は、自動車保険の各保険会社の保険料を無料で調べられる一括見積もりサービスを使うのが一般的です。

見積りの入力は5分ででき、必要なものは「車検証」と「保険証券」だけです。

いま契約中の保険会社よりも大幅に保険料が安い保険会社が見つかることもよくあります。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

自動車保険の一括見積りが取れる保険会社一覧
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • セコム損保
  • ソニー損保
  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト損保
  • そんぽ24
  • セゾン自動車火災
  • SBI損保
  • チャブ保険
  • ゼネラリ
  • あいおいニッセイ同和
  • 朝日火災
  • 共栄火災
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 東京海上日動
  • 日新火災
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • AIU保険
武中
この見積りサービスは実際にいろいろな条件で何回見積もっても手数料もかかりませんし勧誘もないので、納得がいくまで見積りをして保険料を確かめると保険料を下げることができます。必ずあなたの役にたってくれるはずです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク