この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険の保険料が値上げで高くなる6つの原因と対処方法

自動車保険(任意保険)の保険料は事故をしていない無事故であっても値上げになることあります。自動車保険の保険料の値上げの原因はいくつかありますが主に下記の6つです。

1.「自動車保険の損害率の悪化」2.「高齢者ドライバーの事故の増加」3.「若者の車離れ」4.「車両料率クラスの変化」5.「記名被保険者の年齢条件の変化」6.「保険会社の経営状況の内部事情」の6つです。

自分で保険料の値上げを対策して保険料を安くする方法は1つあり同じ条件でも保険料の安い保険会社に乗り換えることです。この方法を用いると確実に保険料を下げることができます。

自動車保険の保険料が値上げになる原因のすべて

自動車保険(任意保険)の保険料は事故をしていなくても保険料が値上げになることがあります。

通常は、1年間無事故であれば保険の更新のタイミングで1等級アップするので保険料が下がるのですが実は保険料が上がるには6つの原因があります。

自動車保険(任意保険)の保険料が上がる6つの原因
  1. 自動車保険の損害率の悪化
  2. 高齢者ドライバーの事故の増加
  3. 若者の車離れ
  4. 車両料率クラスの変化
  5. 記名被保険者の年齢条件の変化
  6. 保険会社の経営状況の内部事情

この6つの自動車保険の保険料があがる原因とそれぞれ詳しく解説していきます。

原因1.自動車保険の損害率の悪化

自動車保険には損害率というのが計算されていますが、この損害率というのは保険料の収入に対して実施に保険料を支払いをした保険金の割合のことを言います。

最新は高齢者ドライバーの事故数が増えて若い世代の人があまり車に乗らなくなってきているので現在保険の契約者だけで保険料を分散して負担することになるため結果的に保険料が上がります。

この損害率の悪化を改善するには保険料の収入を増やすか、保険料の支払いを減らすかのどちらかしかありません。

この損害率というのは保険会社によって異なりますので保険会社によって保険料は異なりますので、自分の保険の条件で無料で使える自動車保険の一括見積で保険料の安い保険会社に乗り換えるのは自動車保険の保険料を下げる一番の近道になります。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法

原因2.高齢者ドライバーの事故件数の増加

60歳以上の高齢者ドライバーの事故件数の増加も保険料があがる原因です。

高齢者が事故を起こす件数が増えると保険料の支払いが増えるので損害率が悪化します。

平成20年あたりから事故件数は緩やかに減少していますが、60歳以上の高齢者ドライバーの事故件数は減少していません。

高齢者ドライバーの事故にはいくつかの原因がありますが特に多い事故の原因は、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故です。

原因3.若者の車離れによる保険料収入の減少

保険料が上がる原因には若者の車離れも大きな原因です。

若者の車離れにより車に乗る人が減ると自動車保険(任意保険)の加入者も減るためその分加入者全体で保険会社の運営(保険会社の収入となる保険料)をまかなっていなかといけないため保険料が上がります。

この損害率は保険会社によって異なりますので同じ条件であっても保険会社によって保険料が変わります。

原因4.車両料率クラスの変化

普通車の保険料が決まる要因の1つに、車両料率クラスというものがあります。

車両料率クラスというのは車種や型式によって料率が決まっており、事故が多く保険料の支払い実績が多い車の車種は保険料が上がります。

自動車保険の「車両料率クラス」の詳細とランキングクラス表

車両料率クラスは1年に1度見直しが行われています。

「車両料率クラス」の例

料率クラス 保険料率 該当車種の例
1 1.0倍 カリーナ、カローラ、ジムニー1300、コルサ、ターセル
2 1.2倍 CR-V、セリカ、ヴィッツ、セレナ
3 1.4倍 デミオ、イプサム、アコード
4 1.7倍 BB、エスティマ、ウィッシュ、スイフト、クラウン
5 2.0倍 アクセラ、ヴァンガード、ソアラ、オデッセイ
6 2.5倍 クラウンエステート、クラウンマジェスタ、センチュリー、アリスト
7 3.0倍 シーマ、ポルシェ、RAV4
8 3.6倍 スープラ、ランサー・エボリューション、レクサスLFA
9 4.1倍 インプレッサ、NSX、RX-7、RX-8R、セルシオ

また、事故だけでなく盗難で車両料率クラスに影響を与えます。

自分が事故をしていないのに他の人の事故の影響で保険料が上がるのは納得できませんが、これはその保険会社を契約している限り回避することはできません。

ただし、保険会社によって車両料率クラスも保険料を決定する要素も異なるので無料の自動車保険の一括見積りサービスを利用して自分の契約している保険会社の保険料が高いのか安いのかを簡単に調べることができます。

同一条件であっても保険料は保険会社によって異なるので車両料率クラスの変化によって上がる保険料を保険料の安い保険会社を選ぶことで回避できます。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法

原因5.記名被保険者の年齢条件の変化

自動車保険(任意保険)の保険料は年齢条件によって変わりますが、自動車保険を契約者である記名被保険者の年齢が上がり、運転者年齢条件の区分が変わることで保険料が変わります。

自動車保険(任意保険)はどの保険会社であっても運転者の年齢条件を設定することができます。

設定できる運転者年齢条件は35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしから選択でき、普通は、35歳以上補償が一番保険料が高く、年齢制限なしが一番保険料が高くなります。

しかし、同じ「35歳以上補償」の区分であっても年齢が上がることで保険料が上がることがあります。特に記名被保険者が29歳以下と70歳以上の年齢だと保険料が高くなることが多いです。

年齢条件 補償される人の条件
全年齢補償 全ての年齢の人
21歳以上補償 21歳以上の人
26歳以上補償 26歳以上の人
30歳以上補償 30歳以上の人
35歳以上補償 35歳以上の人

原因6.保険会社の経営状況の内部事情

保険会社は保険加入者の保険料の収入と保険料の支払いのバランスによって成り立っています。そのため保険加入者が少ないのにかかわらず、

事故などによって保険料を支払う件数が増えればその分保険会社の経営が厳しくなるので、保険サービスを維持していくために保険料を値上げする保険会社も少なくありません。

自動車保険の保険会社は複数ありそれぞれの保険会社は独立して経営しているため同じ条件であっても保険会社によって保険料は大幅に異なります

自分の保険の条件で保険料が一番安い保険会社はどこかを調べるには無料の自動車保険の一括見積りサービスを使うことで簡単に調べることができるので活用してみて下さい。

無料でできる自動車保険の保険料を上げないための方法

自動車保険(任意保険)の保険料は同じ条件であっても保険会社によって異なることを説明しました。では実際に保険料の安い保険会社を探すにはどうしたらいいのかが疑問に思うと思います。

結論を先に書くと、一括見積りサービスを使うこととで各保険会社の保険料の見積り金額を調べることができるので自分の保険の条件での各保険会社の保険料を比較して保険料を調べることができます。

武中
複数の保険会社を比較することで現在契約中の保険会社より他の条件そのままでもほとんどの場合保険料を安くできます。

また、すでに自動車保険に加入している場合でも等級を引き継いで保険会社を乗り換えることができるので早い段階で保険料の安い保険会社に乗り換えたり保険の内容を見直すことで支出を減らすことができます

現在の保険会社の保険料よりも同じ等級や条件であっても一括見積りで探した保険料の安い保険会社の方が安いことはよくあります。

自動車保険は定期的に見直すことで保険料が変わります。

運転者年齢条件や運転者限定特約の内容を変更して自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直すことで保険料を大幅に安くすることができます。

武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、法人利用や個人利用だけでなく車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

武中
車両保険なしと車両保険をつけた場合だけでなく他の特約な保険の内容をいろいろと変更して見積り依頼をすると簡単に保険料を調べられます。また同じ条件でも保険会社で大幅に保険料が変わるので保険料が高い保険会社と契約してしまうことを回避できます。

この無料見積りは800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)