Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の保険料のシミュレーションをする方法手順まとめ

自動車保険(任意保険)の保険料はスマホやiPhone、パソコンから簡単に無料の一括見積りサービスを活用することで保険料をシミュレーションすることができます。

現在加入している保険会社や代理店に問い合わせる必要もなく、他の保険会社の保険料を調べたり比較することも可能となっています。

自動車保険の保険料のシュミレーションは今はオンラインで出来る時代になっています。ネット環境があれば、自動車保険会社の無料見積りを使って保険料を算出することができます。

自動車保険の保険料をシュミレーションするには1つ1つ保険会社でネットから見積りを取れば保険料の見積りが算出されて出てきますが、

1つ1つやる場合は毎回条件をいれる手間がかかることと、複数の保険会社間で保険料を比較することができないため、保険料の高い保険会社を選んしまったり、相場よりも高い保険料となってしまう場合が普通におきます。

しかし、今は無料の自動車保険一括見積りサービスがメジャーで、1度条件を入力するだけで複数の保険会社に対して一括で見積りを依頼でき保険料をシュミレーションすることができます。

各保険会社から具体的な補償内容と保険料がそれぞれ出てくるので保険会社間で比較することが可能です。

自動車保険の保険料のシュミレーションは一括見積りを使う

自動車保険の保険料は保険会社ごとに見積り条件を入力して保険料のシュミレーションをすることができますがとても手間です。

しかし、無料の一括見積りサービスを使うことで1度の条件入力で複数の保険会社から見積りをもらうことが可能です。

自動車保険の無料の一括見積りサービスは条件の入力は5分くらいで簡単に終わるようになっています。もし複数の保険会社に対してそれぞれ個別に見積りを行う場合は、1社5分として見積りを行う保険会社分時間がかかります。

一括見積りは保険料のシュミレーションをするのにとても効率的なツールです。

また、算出された見積り内容と見積金額は各保険会社が直接算出した見積り結果のためそのまま自動車保険(任意保険)を契約したり、現在加入している保険会社から等級を引き継いで乗り換えることも可能となっています。

自動車保険の保険料のシュミレーションに必要なものや書類

自動車保険の保険料のシュミレーションに必要なものや書類をまとめました。

自動車保険の保険料のシュミレーションに必要な書類
  • 車検証
  • 現在加入している保険の保険証書(保険を契約している場合のみ)

自動車保険の保険料のシュミレーションに必要な書類はこの2つだけです。

現在、自動車保険の任意保険を契約している場合でも保険証書がなくても見積りは可能です。ただしシュミレーションの時には保険料の見積りシュミレーションの条件を入力する必要があるため保険証書があれば、現在加入中の保険の条件や補償内容、等級が記載されているますので手間が減ります。

自動車保険の保険料のシュミレーションで選べる条件

自動車保険(任意保険)の保険料のシュミレーションは多くの条件が設定できます。

ほとんどの場合以下の項目を入力して保険料をシュミレーションします。

自動車保険の保険料のシュミレーションでの入力項目
  • 免許証の色(ブルー/グリーン/ゴールド)
  • 車の使用目的
  • 現在の等級
  • 事故あり係数適用期間(過去に事故をしていなければ0年)
  • 現在契約中の保険会社(等級を引き継ぐ場合)
  • 現在契約中の保険の満期日(等級を引き継ぐ場合)
  • 車両保険の有無
  • 記名被保険者の情報(生年月日/名前)
  • 運転者の補償範囲(記名被保険社限定/家族限定など)
  • 車の使用目的
  • 年間走行予定距離
  • 契約車両の型式
  • 契約車両の初年度登録年月
  • 補償金額

基本的に上記の内容は必ず入力する必要があります。さらに特約や保険証券の発行の有無、車両保険のプラン(一般型やエコノミー型)なども設定することが可能となっています。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

細かく設定していくほど時間はかかりますが正確な保険料が算出されます。

保険料が算出されたら保険会社間で比較する

一括見積りの結果は各保険会社からそれぞれ具体的な保険料が算出あれて返ってきます。各保険会社から算出された保険料を比較して保険料が安い保険会社順に並べてみます。

その中で保険料が大幅に安い保険会社や大幅に高い保険会社があれば見積り時に入力した条件通りの内容で見積り金額がシュミレーションされているかを確認します。

具体的には補償内容や補償金額が設定したとおりになっているかどうかを見ます。

保険会社によっては入力した条件の補償内容や金額、特約などの設定がない場合があり、その条件が無視されて見積り結果として算出されていたり、近いものが代替として選択されて算出されている場合があるので確認が必要です。

特に条件や補償金額、補償内容や特約に漏れがない内容で見積りが回答されている場合は、保険会社間で条件は同じになっているので保険料が安い保険会社がどの会社なのを知ることができます

自動車保険の保険料のシュミレーションは繰り返し利用できる

自動車保険(任意保険)のシュミレーションは1度利用したら終わりではなく、何度でも見積りシュミレーションが可能になっています。

そのため、条件や補償金額、補償内容を変更して数回見積りをとることでどの保険会社が、どのような条件の場合に保険料が安くなったり高くなったりするのかも知ることができます。

また、初回の見積りシュミレーションは暫定的におおまかに条件を設定して大幅に保険料が高い保険会社を除外してから、2回目に詳細な見積り条件や補償内容を入力して見積りシュミレーションをするという方法をとっても問題ありません。

代理店型と比べて通販型の自動車保険の保険料は安くなる

現在加入している自動車保険(任意保険)が代理店やディーラー、自動車屋などで加入していた場合は、自動車保険(任意保険)のシュミレーションを使って保険料を現在加入中の保険と全く同じ内容で見積りをしても、保険料が安くなります。

これは、代理店やディーラー、自動車屋などで加入する自動車保険は代理店型と言われ、保険料に代理店手数料や人件費などが上乗せされているものなので保険料は高くなっています。

しかし、自動車保険(任意保険)のシュミレーションで見積りをする自動車保険は通販型(ダイレクト型)と呼ばれる自動車保険で、自動車保険会社と直接契約するタイプの保険になるため保険料は無駄なコストやプロセスが省かれる分安くなるからです。

自動車保険の保険料が上がる一番の原因は車両保険

自動車保険(任意保険)の保険料はいろいろな条件によって変わりますが、一番保険料が高くなる原因は車両保険です。そんため、保険料を効率的に下げて安くしたい場合は車両保険をつけないことで大幅に安くすることができます。

車両保険をつけないと大幅に保険料が安くなるためその分を貯金として貯めておくのもおすすめの方法です。もし事故をしなければそれはそのまま貯金として車以外のものに利用することが可能ですし、事故の場合でもその貯金から修理代を出すことができるので車両保険は必須ではありません。

車両保険が必要な車は、車両価格が300万円を超えるような車や高級車の場合のみです。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

自動車保険(任意保険)の無料シュミレーションサービス

さいごに自動車保険(任意保険)の無料で使える見積りシュミレーションサービスを紹介しておきます。

このサービスを使うことで各吠えん会社に1社ずつ見積りをする手間がなくなり、簡単に保険会社間の保険料の差を比較できるので高い保険料の保険会社を選ばないようにするためにも利用するのが賢い選択です。完全無料で使えでデメリットは一切ありません。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)