Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

自動車保険の保険料を滞納すると強制解約?契約解除?正しい対処方法

自動車保険(任意保険)の保険料を支払いを3ヶ月滞納すると強制的に契約解約されて保険会社と信用機関のブラックリスト入りします。

滞納を解除するには滞納分の保険料を払えば解除されます。

自動車保険(任意保険)の保険料を支払い忘れていたり、口座の残高不足で保険料が引き落としできない状態だと保険料の滞納となります。

すぐには解約や契約解除はされませんが3ヶ月滞納が続くと、強制解約となり契約が解除されます。契約の解除された状態は無保険の状態です。

また滞納した記録は自動車保険間で共有されているデータベースに残り、すべての保険会社と信用機関で共有され5年間ブラックリスト入りをします。

この状態になる前に対処しないといけません。

自動車保険の保険料の滞納期間ごとの解約と保険料の請求
  • 保険料の1ヶ月の滞納:強制解約はされない。
  • 保険料の2ヶ月の滞納:強制解約はされない。2ヶ月分の保険料を請求される。
  • 保険料の3ヶ月の滞納:強制解約される。強制解除後に滞納分の保険料を請求される。

保険料を滞納したらすぐに解約されるわけではありませんが、保険料を払えないような状況になったら自動車保険を見直すことが大切です。

保険料の安い保険会社に乗り換えたり不要な特約を外すことで保険料を安く出来るので支払いが楽になります。

自動車保険は3ヶ月の保険料滞納で契約が強制解約される

自動車保険(任意保険)は年払いと月払いが選択できます。

年払いの場合は、保険料の滞納はありませんが、月払いの場合は口座の残高不足やクレジットカードの決済が通らなかったなどの理由で滞納となってしまうことがあります。

しかし、最大3ヶ月間は保険料の支払いを待ってくれますし事故をして保険を使う場合も滞納している保険料を支払えば補償を受けられ保険金の支払いを受けることができます。

【保存版】自動車保険の保険料を分割払いや月払いにする方法まとめ

【保存版】自動車保険の3つの保険料の支払い方法と分割や変更方法

自動車保険の保険料の滞納中に事故を起こした場合の補償

自動車保険(任意保険)の保険料の支払いを滞納している時に事故を起こしてしまった場合は、滞納中であっても強制解約されていなければ補償をうけることが可能です。

ただし、3ヶ月保険料の支払いを滞納して強制解約されている状態で事故を起こした場合は補償の適用外となるので注意が必要です。

自動車保険の保険料を滞納中の事故の補償の詳細
  • 保険料の1ヶ月の滞納中の事故:滞納している保険料を納めれば補償される。
  • 保険料の2ヶ月の滞納中の事故:滞納している保険料を納めれば補償される。
  • 保険料の3ヶ月の滞納:強制解約前であれば保険料を納めれば補償される。
  • 保険料の3ヶ月の滞納(強制解約後):いかなる理由でも補償されない。

保険料を滞納してしまった場合でも3ヶ月目までに対処しないと強制解約されるので滞納に気がついたらすぐに対処することが大切です。

滞納すると保険会社の信用を失いますが、早めに対処することで信用を回復できます。

自動車保険の保険料を滞納した時にやるべき対処方法

自動車保険の保険料を滞納したことに気がついたら下記のことをする必要があります。

保険会社に連絡をして滞納している保険料を支払う

自動車保険(任意保険)は滞納をしていても3ヶ月目までは強制解約されません。

しかし、滞納していることに気がついた場合は、保険料の支払い前に保険会社に連絡をして保険料を支払う必要があります。

もし保険会社に連絡をせずに支払った場合は3ヶ月目までは補償されますが、その後の契約更新を断られることがあります。保険料を滞納して理由も説明せず滞納分を支払っただけだと保険会社から信用がないと判断されて以後の保険の契約を断られることは普通にあります。

その保険会社で契約更新を断られたら他の保険会社で契約するということはできません。

強制解約されると自動車保険会社と信用機関で共有されているブラックリストに載り、5年間は記録として残るからです。

なぜなら既に保険料を滞納したという情報ははすべての保険会社で情報が共有されているため、他の保険会社でも断られると考えたほうがいいです。

自動車保険の保険料の滞納期間が3ヶ月未満の時の対処方法

自動車保険の保険料の滞納期間が1ヶ月や2ヶ月目だったらまだ強制解約されていないため、正しい対処をすることでもしもの事故の時も保険金が支払われて補償されます。

正しい対処方法は、保険会社に電話をして滞納している保険金を速やかに支払うこと、保険料が払えない場合は保険料の安い保険会社に乗り換える3つの対処方法で対処しましょう。

その1: 保険料の滞納が3ヶ月以内なら速やかに保険料を支払う

もし保険料の滞納が3ヶ月以内であれば、保険解約までの猶予期間中のため速やかに保険料を払えば契約解除されず、もしもの事故の時も補償されます。

2ヶ月滞納している時は保険会社から郵送で支払い伝票が来ているので近くのコンビニで保険料を支払えば問題ありません。この状態ではまだ強制解約されていないのでブラックリスト入はしていません。もし保険料の滞納してもこの状態までで抑えるべきです。

その2: 保険料の安い保険会社を探して新規契約をする

保険料を1ヶ月や2ヶ月滞納しているという理由が保険料が高くて払えないというこおであれば保険料の安い保険会社を探して乗り換えるべきです。

今は保険料が安い保険会社は自動車保険の無料の一括見積りで簡単に探すことができますし、一括見積もりは何度見積もっても無料なので補償内容を削って保険料を支払いができる金額まで下げることができるので自分が無理なく支払いができる金額の保険会社に乗り換えるは良い方法です。

無保険よりも補償内容が少なくても任意保険に加入している状態のほうがずっと安心です。

不要な補償はけっこうあるので極論を言うと、対人補償と対物補償を無制限にして他の補償と特約はすべてはずしてしまってもかまいません。これで最低限の補償はされるのでもしもの事故の際も人生を棒に振らないで済みます。

その3: 自動車保険に加入せずに自動車にも乗らない

自動車保険の保険料を1ヶ月や2ヶ月滞納したけど、滞納分の保険料や、滞納3ヶ月目に3ヶ月分分の滞納した保険料を払えない場合や払い続けることが苦しい場合は保険を解約して、自動車にも乗らないという選択肢もあります。

ただし、自動車保険を契約したとしても滞納した分の請求は保険会社から支払を完了するまで請求されますので保険料の支払いからは逃げられません。

重要なことは等級が6等級以上である場合は、強制解約されると等級の引き継ぎができないのでもったいないです。滞納した保険料を支払いして、中断証明書を発行するのがベストな方法となります。

【保存版】自動車保険の「中断証明書」の詳細と等級引き継ぎの方法

自動車保険の保険料を滞納をしないための2つの対策

自動車保険の保険料の滞納をしない対策は、口座振替の場合は、口座に十分な預金を入れておくこととクレジットカード決済の場合は、クレジットカードの引き落とし口座に十分な預金を入れておくことで対処できます。

自動車保険の保険料を滞納をしないための2つの対策
  • 口座振替の場合: 口座に十分な預金を入れておくこと
  • クレジットカードの引き落としの場合: 口座に十分な預金を入れておくこと

当たり前のことですがこの2つを守っておけば保険料を滞納することはありません。

保険料の安い負担にならない自動車保険を探す1つの方法

保険料の安い負担にならない保険会社を探すのは一括見積を使って安い保険料の保険会社を探す以外に方法はありません。探すだけでは保険料の負担は下がらないので同時に乗り換えます。

自動車を運転する場合に自動車保険の任意保険なしで運転するのはとても恐ろしいことです。事故をしなければ大丈夫と思っているかもしれませんが、自分が停車中に事故に巻き込まれることもあります。

自動車を運転する場合には、自賠責保険と任意保険の2つをかけている状態でないと絶対に運転してはダメです。事故をすると大変な目にあいます。

【保存版】自賠責保険と任意保険の違いと補償内容の比較まとめ

任意保険の保険料はどの保険会社も同じと思っているかもしれませんが、保険会社でかなり保険料に差があります。そのため保険料が支払えないう理由で滞納するするくらいなら保険料の安い保険会社に乗り換えて、任意保険はかけておくべきです。

事故の時に守ってくれるものが自賠責保険だけだと全く足りません。

自動車保険の一括見積りは完全無料で使えるので安い保険料の保険会社を見つけてできるだけ早い段階から負担を減らして滞納しないことが大事です。

保険会社によって同じ保険の補償内容た条件なのに2割〜5割程度保険料が変わります。さらに補償内容や特約を外していけばもっと保険料が下がるので負担を下げられます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)