この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の保険証券を紛失した時の再発行方法手順まとめ

自動車保険(任意保険)の保険証券を無くした紛失した場合の再発行の方法の手順は簡単で、代理店や保険会社または保険会社の営業所に電話をすることで再発行してもらえます。

保険証券の再発行手数料は無料で、再発行を依頼した保険料券がいつ届くのかというのは1〜2週間後になります。再発行には保険証券再発行請求書(保険会社が用意)、本人確認書類、印鑑、印鑑証明書が必要になります。

また、保険証券の保存期間や保管期間は、保険の契約が切れるまでとなります。自動車保険の解約時には保険証証券は返却または自分で破棄の手続きとなっています。

スポンサーリンク




自動車保険の保険証券を紛失した時の再発行方法手順

自動車保険の保険証券は契約の内容や契約の有無を証明するためのものです。

自動車保険(任意保険)の保険証券を無くした紛失した場合の保険証券の再発行は現在契約中の、自動車保険(任意保険)の代理店や保険会社または保険会社の営業所に電話をすることで再発行してもらえます。

  • 保険証券の再発行方法手順: 代理店や保険会社または保険会社の営業所に連絡(電話)

自動車保険の保険証券を紛失していると保険金が受け取れない

自動車保険(任意保険)の保険証券を紛失している状態だと保険金を受け取ることができません。事故はいつ起こるかわかりません。そのため、自動車保険の契約期間中に保険証券を紛失したら速やかに契約中の保険会社に連絡をして再発行をしてもらいましょう。

自動車保険(任意保険)の保険証券は保険金を受け取る場合に必要となっています。

保険証券の再発行は依頼してから再発行されて郵送されていくるまで時間がかかるので保険証券の紛失に気がついたら速やかに再発行依頼をしておきましょう。

自動車保険の保険証券の再発行にかかる手数料

自動車保険の保険証券の再発行にかかる手数料は無料です。

  • 自動車保険の保険証券の再発行にかかる手数料: 無料

紛失してしまってもペナルティなどは無いので保険会社に連絡をして再発行の依頼をしておけば1〜2週間程度に再発行された保険証券が郵送されてきます。

自動車保険の保険証券の再発行にかかる期間や日数

自動車保険(任意保険)の保険証の再発行にかかる期間や日数は保険会社によって多少は左右しますが、だいたい再発行を依頼してから1〜2週間程度になっています。

  • 自動車保険の保険証券の再発行にかかる期間や日数: 1〜2週間程度 ※再発行依頼後

再発行時に必要になるのは証券記号番号です。通常、証券記号番号は保険証券に記載されているものなので保険証券を紛失している時には不明であることがあります。

そのような場合は、保険会社や保険会社の代理店や営業所に直接連絡をすることで本人確認をした後、再発行処理をしてくれます。

再発行には保険証券再発行請求書(保険会社が用意)、本人確認書類(運転免許証やパスポート)、印鑑、印鑑証明書が必要になります。

自動車保険の保険証券は解約時に返却が必要

自動車保険(任意保険)の保険証券は貸与物です。

そのため、契約の更新時や契約の内容の変更、保険の解約時には保険証券が新しいものになり、解約の時は返却をする必要があります。保険会社によっては解約時は古い保険証券は自分で破棄するような手続きになっている保険会社もあります。

  • 保険の契約の更新時: 新しい契約の内容になった保険証券または「保険契約継続証」が郵送されてくる
  • 保険の解約時: 保険証券を保険会社に返却、または保険会社によっては自分で破棄
  • 保険証券の記載内容に変更がある: 保険会社に連絡をすると新しい契約の内容になった保険証券または「保険契約継続証」が郵送されてくる。保険会社から「変更手続き完了のお知らせ」が送られてくる場合もある。

自動車保険は一般的に1年契約の1年ごとの更新です。そのため保険の契約更新となった場合は、保険会社から新しい保険証券または保険契約継続証」が郵送されてきます。

古い保険証券は保険会社に返却または破棄するのが一般的です。

また、車両の入替えや保険の名義の変更や住所変更などで保険証券の記載内容に変更が生じる場合は、保険会社に連絡をすると記載内容が変更さえた新しい保険証券を郵送してくれます。保険会社によっては「変更手続き完了のお知らせ」が送られてくる場合もあります。

「変更手続き完了のお知らせ」が郵送されてきたら保険証券と一緒に保管しておきましょう。

新しい保険証券が届いた時の処理

契約更新や保険証券の記載内容変更で新しい保険証券が届いた時は基本的には古い保険証券は無効になっているため、破棄しても問題ありません。

一部の保険会社は郵送して返却をする必要があります。

自動車保険の保険証券が必要になる時

保険証券が必要となるのは保険金を受け取る時や自動車保険の保険会社を乗り換える時や切り替える時(タイミング)です。

実際に保険金を受け取る時は事故の示談が成立したタイミングなので常に必要なわけではなく、保険証券がないからといいって自動車保険が使えなくなるわけではないですが、事故が起きた時は必要となりますので保険証券の紛失に気がついたタイミングで再発行を依頼しておきましょう。

  • 自動車保険の保険証券が必要になる時: 保険金を受け取る時やタイミング
  • 自動車保険の保険証券が必要になる時: 自動車保険を乗り換える時、切り替える時

自動車保険(任意保険)の保険料が高い、自動車保険が安い保険会社に乗り換えて保険料を節約したいという事があると思います。

今は無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで今加入している任意保険や車両保険の自動車保険と全く同じ条件や補償内容で簡単に一番安い保険会社を比較して乗り換えることができるようになりました。

複数の保険会社に対して自動車保険の一括見積もりをする時に、現在加入中の保険の条件を確認するためにも必要にあります。そのためもし保険証券を紛失していることに気がついたら現在加入している保険会社に連絡をして速やかに再発行をしてもらうことが大切です。

保険料の安い自動車保険会社を無料で比較して探す方法

自動車保険の保険料は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大きく変わります。保険料の安い保険会社を見つけるには見積もりをとって比較してみるしかありません。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん完全無料です。

下記で紹介する自動車保険の一括見積もりを使うことで加入できる保険会社を探すことができ、また最安の保険料の会社で任意保険や車両保険に加入したり現在加入中の保険から乗り換えることができます。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるだけでなく、任意保険や車両保険に新規加入できるか、乗り換えができるか、契約更新はできるかは保険会社で異なっています。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク