この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】任意保険の契約更新の方法と保険料を下げる2つの方法

自動車保険の任意保険の契約更新の方法は、

  • 代理店で契約した代理店型であれば郵送や電話で契約更新をします。
  • ダイレクト型(通販型)であればインターネットで契約更新をします。

特にダイレクト型の契約更新はとても簡単でネットから数分で契約更新が完了し後日自宅に新しい保険証券が郵送されてきます。

また、契約更新のタイミングは保険料を下げるのにベストなタイミングで任意保険を見直すして、各保険会社の保険料を見積もって比較して保険料の安い保険会社に乗り換える、保険を見直すことで大幅に保険料を安くすることができます。

スポンサーリンク




代理店型の任意保険の契約更新をする方法

ディーラーや自動車販売店、中古車屋や保険会社の代理店型契約した代理店型の自動車保険(任意保険)の場合は、契約満期の2〜3ヶ月前くらいに自宅に契約更新のはげきが郵送されてきます。

一般的にほとんどの保険会社では契約満期日の2〜3ヶ月前から契約更新の手続きが可能になっているからです。

そのはがきに記載されている手順に従って契約更新をすれば更新手続きは完了します。

ただし、代理店型の保険料はダイレクト型(通販型)と比べて保険料は高いのでそのまま更新をすると高い保険料を払うことになります。同じ保険会社であってもダイレクト型にするだけでも大幅に保険料を安くすることができます。

ダイレクト型にした時の保険料は無料の自動車保険の見積もりサービスを使うと簡単に調べることができ、そのまま乗り換えることもできます。

新しい保険証券は、契約更新手続き後1〜2週間程度で自宅に郵送されてきます。ただし「web証券」や「e証券」などの保険証券を発行しないで割引をさせる制度を利用した場合は保険料権は郵送されてきません。

ダイレクト型(通販型)の任意保険の契約更新をする方法

ダイレクト型(通販型)の自動車保険の任意保険の契約更新は、保険会社のマイページから簡単に契約更新手続きをすることができます。時間は10分もかかりません。

ただし、そのまま契約更新をしてしまうとせっかく保険料を下げられるチャンスを無駄にしてしまうことになります。

自動車保険の更新タイミングは保険料を下げる一番良いタイミングです。

他の保険会社に乗り換えても等級もそのまま引き継げますし、すでに契約している保険の補償内容や条件がわかっているので簡単に他の保険会社の保険料を見積もることが可能です。

任意保険の契約更新を忘れには注意!不利になる

任意保険の契約更新忘れはけっこう起こることです。

任意保険は1日でも満期日をすぎると補償が受けられなくなります。

そのため1日でも過ぎたタイミングで事故を起こするとついうっかりという理由でも一切の補償がうけられなく保険金の支払いを受けられないので注意が必要です。

契約更新を忘れていた場合でも満期日から「7日以内」であれば契約を等級を引き継いだまま更新できる保険会社もあります。加入していた保険会社以外の他の保険会社であっても7日以内であれば等級の引き継ぎをして乗り換えができるので忘れずにやっておくことが大切です。

もし満期日から7日を超えてしまった場合は等級を引き継げないので新規契約扱いとなり6等級スタートとなるので、今までよりも保険料は大幅に高くなってしまいます。

任意保険の契約更新では保険を見直す5つのポイント

自動車保険の任意保険の更新のタイミングは、保険を見直して保険料を下げられる絶好のタイミングです。自動車保険の見直す時のポイントは下記のとおりになります

  1. 年齢条件を見直すと保険料が安くなる
  2. 車両保険を有無を検討すると保険料が安くなる
  3. 補償内容を見直すと保険料が安くなる
  4. 運転者限定特約の内容を見直すと保険料が安くなる
  5. 保険料の安い保険会社を探すして乗り換えると保険料が安くなる

上記5つのを見直すことで保険料は確実に安くなります。

効果的なのは車両保険を外すことと、保険料の安い保険会社を探して乗り換えるの2つです。

この2つを抑えておくだけで4割〜7割ほど保険料を下げて節約することができます。

急ぎでも一括見積もりサービスを使うと保険料は確実に安くなる

自動車保険の任意保険の契約更新のタイミングは保険料を下げる一番適したタイミングです。

保険会社を乗り換えた場合も、等級を引き継いでそのまま乗り換えることができます。

前年度1年間、保険金を請求していない場合は同じ保険会社のままであっても保険会社を乗り換えた場合でも等級は1等級上がり保険料が下がります。

さらに保険料の安い保険会社を選んだり現在加入中の保険会社から乗り換えたりすると大幅に保険料を下げて節約することができます。

自動車保険の任意保険の保険料が安い保険会社を探すには無料の自動車保険の一括見積もりサービスがメジャーです。保険料が安い保険会社は一人ひとり条件が異なるために違います。

では自分の条件で保険料が安い保険会社を探すには自動車保険の一括見積もりサービスを使って実際に見積もりを取ってみるしかありません。

他の人が使っている保険会社が保険料が安いからといって自分も同じように安くなるということはありません。一括見積もりが便利なのはもう1つあって1社1社に対して毎回条件を入力して見積もり依頼をしなくていいことです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク