Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の契約者変更ができる条件と保険料を下げる方法

家族が乗っている自動車やバイクの自動車保険の任意保険や車両保険、バイク保険の契約者変更(名義変更)ができる条件は「契約者変更する保険の契約者の配属者」または「契約者変更する保険の契約者の同居の親族」であることです。

この条件を満たせば現在契約者が加入している自動車保険を契約者変更することができます。別居している人への契約者変更はできません

ひとつ注意が必要なのは、契約者変更と記名被保険者、車両所有者は別物だということです。これは後で詳しく説明します。

ここでは自動車保険の名義の詳細と契約者変更をする方法や手続き、必要書類と同時に保険料を大幅に下げる方法を紹介します。

自動車保険の契約者変更ができる条件

自動車保険の任意保険や車両保険を契約者変更できる人の条件は下記になります。

どちらかの条件に一致しいた場合は現在加入中の保険の等級を引き継いで契約者変更することができます。

  • 契約者変更する保険の契約者の配属者であること
  • 契約者変更する保険の同居の親族であること
  • 契約者変更する保険の契約者の配属者の同居の親族であること

契約者変更後では保険料が変わりますが、保険料を簡単に調べたい場合は、自動車保険の一括見積りサービスを使うことで無料で簡単に調べることができます。

自動車保険の契約者変更ができないパターン

また下記のパターンの場合は現在の自動車保険を契約者変更で保険をひきつぐことはできません。等級も引き継がれないため6等級以上の保険の場合は保険料が上がってしまいます。

  • 契約者変更する保険の契約者の別居の親族(6親等内の血族と3親等内の姻族)の場合
  • 契約者変更する保険の契約者の別居の子供や孫の場合

上記のパターンの場合は自動車保険を引き継ぐことはできないので新規での契約になりますが、普通に新規で自動車保険に加入すると保険料が高くなります。

しかし、複数の保険会社に対して一括で見積りをして最安の保険料の保険料を探すことができる自動車保険の無料一括見積りサービスを使うことで同一条件で一番安い保険料の保険会社を探すことができますし、新規で加入するときの保険料がどれくらいなのかを簡単に調べることができます。

自動車保険の契約者変更をする時に必要となる書類

自動車保険の契約者変更(名義変更)の手続きはとても簡単で下記の2つの書類を保険会社に郵送するだけです。拍子抜けするほど簡単に手続きは終わります。

  1. 契約者変更先の人の運転免許証や住民票(市役所などで取得)
  2. 契約者変更手続き書類(保険会社から郵送されてくる)

自動車保険の契約者変更(名義変更)をしたい場合は現在加入中の保険会社に電話などで連絡をして契約者変更をしたい旨を伝えると返送用封筒を同封して必要書類を郵送してくれます。

自動車保険の契約者変更(名義変更)をする時には現在の等級を確認する

自動車保険の契約者変更(名義変更)ができる条件を説明しました。この条件に一致していれば契約者変更が可能なので現在加入中の保険の等級をそのまま引き継げます。

ただし、この時に注意しなければならないのは現在の保険の等級です。

もし等級が6等級よりも低い状態で契約者変更(名義変更)をした場合は低い等級もそのまま引き継がれてします。そのため契約者変更(名義変更)をする場合は、等級がどうなっているのかを確認したほうがいいです。

ただし等級が低い場合でも保険料を下げて節約する方法(裏技)があります。

【保存版】1等級でも入れる自動車保険の探し方と保険料最安加入方法

【保存版】自動車保険の等級をリセットする方法と保険料を下げる方法

契約者変更は別居前に手続きをすると別居後も適用される

これは裏技なのですが、たとえば子供などが就職や進学で別居するような場合は、別居する日が決まっています。

別居する日というのは住民票の住所が変わる日ですが、別居前に契約者変更をしてから別居して住所を変更しても保険はそのまま引き継がれます。もちろん等級も引き継がれます。

  • 別居前(住所変更前)での契約者変更では保険(等級)を引き継げる

別居には子供や家族が他の物件に住んで住所変更をすることですが、これは配偶者が離婚した場合も同じです。

離婚して住所変更する前に契約者変更をした場合は等級が引き継がれますが、離婚して住所変更した後に引き継ごうとしても引き継ぐことはできず新規加入扱いの6等級スタートとなります。

自動車保険の保険契約者と記名被保険者と所有者の違い

自動車保険には保険契約者、記名被保険者、所有者の3つの名義があります。

すこしわかりにくいのでそれぞれの違いをまとめました。

  • 保険契約者: 保険会社と保険を契約している人、保険料を払っている人
  • 記名被保険者: 保険の保証対象となる人、主に運転する人
  • 所有者: 車の所有者(車検証に所有者と記載されている人)

自動車保険の契約者変更(名義変更)する手続きの方法と手順

それでは実際に保険契約者、記名被保険者、所有者を変更する場合の手続きの方法をまとめました。

  • 保険契約者: 保険料を支払う人が変わる場合に保険会社に連絡する
  • 記名被保険者: 主に運転する人が変わった場合に保険会社に連絡する
  • 所有者: 車やバイクの所有者が変わった場合は運輸支局または軽自動車協会で名義変更手続きをする

自動車保険の契約者変更・名義変更時は保険料を下げれる絶好のタイミング

自動車保険の契約者変更・名義変更のタイミングというのは保険の切り替えを手続きになるので同時に保険会社を乗り換えた場合でも手間や労力はほとんど変わりません

そのためこのタイミングで現在加入している保険と同一条件、同一補償内容で保険料が安い保険会社に乗り換えておくと保険料が大幅に安くなって自動的に節約できます

では安い保険料の保険会社を探さないといけませんが、今は無料で使える自動車保険の一括サービスという便利なものがあって完全無料で安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと契約者変更後の保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。ぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)