この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法

結論を先に書くと、自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法は自分の保険の条件で完全無料で利用できる自動車保険の一括見積もりサービスを使う方法です。

同一条件であっても保険会社によって大きく保険料が異なります。

自動車保険の相場は条件によって大幅に保険料が変わるので条件が違う他人のものと比較しても意味はありません自分の条件で見積もりをする必要があります。

自動車保険(任意保険)を契約するときには、大きな出費なため保険料を払いすぎないか、自動車保険の相場や平均はどれくらいなのか気になるかと思います。

武中
またすでに任意保険に契約している人は定期的に任意保険の一括見積もりをして見直すことで大幅に保険料を安くして最低限の出費で自動車保険を加入することができます。

たとえば年齢や等級、免許の色、保証内容や車種(車両料率クラス)、特約や保証内容によって大きく異なります。

>>完全無料で利用できる自動車保険の一括見積もりサービスを試してみる

スポンサーリンク




自動車保険(任意保険)の保険料を左右する要素

自動車保険(任意保険)の保険料は一人ひとり異なります。なぜなら同じ条件になることはまずないからです。保険料の平均や相場を知る前に任意保険の保険料を左右する要素は何があるのか知っておくことが大切です。

等級は新規で加入すると6等級スタートですが1年間事故をしないと1等級ずつ上がってきます。当然等級が高いほうが保険料が安くなります。

武中
保険料を大きく左右するのは年齢で20歳35歳では年齢以外の条件が同じでも50%もの保険料の差が出ます。

保険料を決定する条件は無数にあるので保険料の相場や自分の保険料がどれくらいか、平均よりも高いのか安いのかを知りたい場合は、完全無料で利用できる自動車保険の一括サイトを利用するのがいいと思います。

複数の自動車保険に対して同じ条件で見積もりが取れるので自分の保険料がわかるだけでなく高い保険料の保険会社と契約していしまうというリスクを避けることができます。

自動車保険(任意保険)の保険料を左右する要素
  • ノンフリート等級(新規は6等級スタート)
  • 新規加入・継続加入
  • 事故有係数適用期間
  • 車種(型式)
  • 走行距離
  • 安全装置の有無
  • 等級
  • 運転免許証の色
  • 運転者の年齢
  • 運転者の範囲
  • 車の使用目的・用途(業務、通勤・通学、日常・レジャー)

年間走行距離の範囲とは

年間走行距離は自動車保険に申込時から過去1年間の走行距離をいいます。

保険会社によって違いはありますが一般的には下記の4区分の範囲で保険料が異なります。

他社から保険会社を乗り換えた場合も中断証明書があれば過去の走行距離の実績が記録されているので走行距離の記録から選択することができます。

年間走行距離の範囲
  • 5,000km以下
  • 5,000km超 10,000km以下
  • 10,000km超 15,000km以下
  • 15,000km超

自動車保険(任意保険)の年齢別相場

自動車保険の年齢別の相場になります。これは平均値であって上記で説明した複数の条件によって大きく変わってきますので平均よりも高いのか安いのかを知りたい場合は、自動車保険の無料一括サイトを利用するのがいいと思います。

>>完全無料で利用できる自動車保険の一括見積もりサービスを試してみる

新車と中古車は自動車保険の保険料は異なる?

自動車保険の加入は新車を購入した時も中古車を購入した時も行います。自動車保険は基本的に新車であっても中古車であったも保険料は同じです。

しかし、保証内容によって保険料が異なりますが、基本的に同じ補償内容であれば新車でも中古車であっても保険料はほとんど同じなります。

新車と中古車で保険料が異なるのは車種や初年度登録や型式によって決まっている「車両料率クラス」によって保険料が変わってくるからです。

新車と中古車は車両保険の保険料に差がある

新車と中古車は中古車は初年度登録から年数がたっていることと走行距離がある程度カウントされているので中古車は新車に比べて事故の時に保証される金額である車両保険の設定金額は安くなります。

このる車両保険の設定金額は年数が経っている車の方が安くなります。例えば同じ型式の車であって中古車と新車であれば車両保険の設定金額は異なり、中古車の自動車保険料の方が安くなります。

「車両料率クラス」によって保険料が変わる

自動車保険の保険料を決める大きな要素として「車両料率クラス」という車種別の年間事故実績よって決められてる保険料の倍率表のようなものがあります。

この「車両料率クラス」は型式で決められており、例えば同じ車種であっても年式や初年度登録が違うと「車両料率クラス」が異なることがあり保険料が変わってきます。

自動車保険(任意保険)は一括見積もりサービスを使って料金を調べる

そのため必ず新しく自動車保険に加入する場合は無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをして保険料を確認、比較することで

高い保険料を払ってしまうというリスクを回避できます。

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で利用でき、同じ条件で20社以上の保険会社のそれぞれの保険料が一覧で出てくるので保険料が高い保険会社を選んでしまうということがなくなります。

これは同一条件で一括見積もりをした結果ですが、保険会社によって7万円も保険料に差額が出ています。

武中
高い保険料の保険会社であってもサービス内容はほぼ同じなので気が付かないで無駄な保険料を払ってしまうということがあるのです。

通常この方法を使うと2割〜5割程度保険料が安くなるので必ず利用するのがおすすめです。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入もできるようになっています。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

武中
無料で使えるので使わないのはもったいないです。

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク