Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【重要】任意保険の自損事故保険とは?対応保険会社と適用範囲金額

自動車保険の任意保険の「自損事故保険」とは、その名の通り相手がいない事故で自分に100%の過失割合がある事故で利用できる保険です。

「自損事故保険」は「無保険車傷害保険」と同様にほぼすべての保険会社で自動付帯となっています。人身傷害保険が付帯される場合では不担保となる保険会社もあります。

「自損事故保険」を利用すると翌年度の等級が3等級ダウンするので保険料が上がります。

運転者や同乗者などの怪我や死亡、後遺障害の場合にも補償されて保険金を受け取れます。自賠責保険から保険金が支払われない場合でも保険期が支払われるため保険金を受け取ることができる保険です。

自分に過失が100%である事故の場合で他人の同乗者が怪我や死亡、後遺障害を負った場合は、自賠責保険から支払われますが、運転者本人の死亡や傷害は自賠責保険の対象外となるため、保険金を受け取ることができませんが「自損事故保険」を付帯していれば運転者に対しても保険金が支払われます。

また、相手がいる事故でも相手の過失割合が0%(過失なし)の場合は、運転者本人が怪我や死亡、後遺障害を負った場合でも相手の車の自賠責保険や任意保険から補償はされず保険金は受け取れませんが、「自損事故保険」を付帯していれば運転者に対しても保険金が支払われます。

任意保険の自損事故保険とは?

自動車保険(任意保険)の「自損事故保険」は相手がない、自損事故などの過失割合が自分に100%ある単独事故で利用できる保険です。

過失割合が自分に100%ある事故は下記のような場合です。

「自損事故保険」が使える過失割合100%の事故の例
  • 停車中や信号待ちをしている車に追突した(追突した側の過失割合が100%)
  • センターラインを大きくはみ出して対向車と衝突(衝突した側の過失割合が100%)
  • 脇見運転などでガードレールに激突した(過失割合100%)
  • カーブを曲がりきれずに道路脇などに転落した(過失割合100%)

任意保険の自損事故保険に対応している保険会社

「自損事故保険」に対応している保険会社
  1. 「自損事故保険」はすべての自動車保険会社が対応
  2. 「自損事故保険」はほぼすべての自動車保険会社で自動付帯される。

任意保険の「自損事故保険」の補償金額・補償限度額

「自損事故保険」の補償金額(補償限度額)は自分に過失割合が100%の場合に支払われる保険金のため最低限の補償金額になっています。

下記の補償金額(補償限度額)は一般的な「自損事故保険」の補償金額です。保険会社によって多少ことなりますので契約している保険会社で確認しておきましょう。

「自損事故保険」の補償金額と補償限度額
  • 死亡時: 1,500万円(死亡保険金)
  • 後遺障害保険金: 50万円~2,000万円
  • 介護費用保険金: 200万円~350万円
  • 医療保険金: 入院1日につき6,000円(上限100万円), 通院1日につき4,000円(上限100万円)

「自損事故保険」が最低限の補償金額になっている理由は「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害保険」の補償内容と重複しているからです。「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害保険」ではさらに手厚い補償が受けられるようになっています。

相手がいる事故で「自損事故保険」を使った場合

自動車保険(任意保険)の「自損事故保険」は相手がない過失割合が自分に100%ある単独事故で利用できる保険ですが、車対車の相手がいる事故でも実は利用できます。

例えば、信号待ちの車に追突した場合や、センターラインをはみ出して対向車と事故をした場合などです。この場合は過失割合が自分に100%ある事故となるため、相手の保険会社から保険金を受け取ることができません。

しかし、「自損事故保険」を使うと自分の契約している保険会社から最低限の補償金額になりますが保険金を支払ってもらう(受け取る)ことができます。

「人身傷害保険」と「自損事故保険」に2つを契約していた場合

「自損事故保険」と似た保険に「人身傷害補償保険」があります。

「人身傷害補償保険」は「自損事故保険」と比べて付帯すると保険料が高くなるのですが、「人身傷害補償保険」には大きなメリットが1つあって「人身傷害補償保険」を使っても等級がダウンしない。というメリットをもっています。

人身傷害補償保険と自損事故保険の等級ダウンの違い
  • 「自損事故保険」を使う: 翌年度に3等級ダウンする
  • 「人身傷害補償保険」を使う:  等級ダウンはなし

「人身傷害補償保険」は「自損事故保険」の2つを付帯していた場合は「人身傷害補償保険」を使うことをおすすめします。

保険会社によっては「人身傷害補償保険」が付帯されている場合は、補償内容が重複する「自損事故保険」を自動付帯しない保険会社もあります。自動付帯されなくても特に問題はありません。

【保存版】自動車保険の「人身傷害補償保険」の金額と必要性と詳細

「自損事故保険」を使うと3等級ダウンする

自動車保険(任意保険)の「自損事故保険」を利用すると、翌年度(正しくは保険の更新のタイミング)で3等級ダウンします。

そのため入院や通院期間が短い場合は、等級がダウンしたことによる保険料のアップの金額と実費で医療保険金である 入院1日につき6,000円, 通院1日につき4,000円を上回ることがあります。

そのため、軽微な事故であれば、「自損事故保険」を使って保険金を請求せずに実費負担で治療するというのも1つの選択手段です。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)