この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

自動車保険の補償と特約の重複を見直して保険料を安くする方法まとめ

自動車保険(任意保険)にはいろいろな補償と特約があり、同居している家族の車1台に補償や特約がついていれば他のすべての車も補償されるものが複数あります。補償重複や特約重複は保険料が上がる原因です。

結論を先に書くと、「弁護士費用補償特約」「ファリミーバイク特約」「人身賠償補償保険」「個人賠償責任危機補償特約」「自転車事故補償特約」の5つの特約が重複しやすく保険料が高くなる原因です。

これらは1台の車につけておけば家族全部の車が保証対象です。

武中
そもそも保険会社や代理店の担当者から1台の車につけてあれば補償されるという説明を受けてないケースも多くあります。

もし重複して加入していたら重複している特約の契約を解約することで保険料を下げて節約することができます。

また、同時に無料の自動車保険の一括見積りを使うことで保険料を2割〜5割程度安く節約できます。代理店経由で自動車保険にしていれば保険料が半額程度になることもあるため一度見直しをしてみてください。

スポンサーリンク




自動車保険の補償と特約は重複契約できてしまう

自動車保険(任意保険)の特約には同居している家族の車1台についていればすべての車が保証対象になる特約が有ります。しかし、保険を新規で契約する時や更新するときには、他の車の保険契約にどのような特約や補償がついていて、重複しているかのチェックは行いません

一部の親切な保険会社の担当者で長年付き合いがある人やすべての自動車保険の契約を一社にしている時はチェックしてくれたりして重複して契約前に教えてくれますが、基本的に重複契約はチェックされずにそのまま契約されると思っていて間違いありません

もし、同居している家族の車に「弁護士費用補償特約」「ファリミーバイク特約」「人身賠償補償保険」「個人賠償責任危機補償特約」「自転車事故補償特約」の5つの特約をつけてあった場合は1つの保険契約でこららの特約が契約してあれば他の車の契約にこららの特約がなくても補償されるので、もし重複していたら無駄な特約は解約すると保険料が安くなります。

自動車保険(任意保険)でよく重複する補償と特約

自動車保険(任意保険)でよく重複する特約というものがあります。私も毎日多くの保険契約をチェックしていますが重複率はとても高いです。

1台の車についていればすべての車が補償される特約
  • 弁護士費用補償特約
  • ファリミーバイク特約
  • 自転車事故補償特約
  • 人身賠償補償保険
  • 個人賠償責任危機補償特約

人身賠償補償保険は契約自動車搭乗中のみ補償にすれば保険の重複を防げます。

人身賠償特約は基本的に家族の車のどれか1台につけていると、自動的に他の自動車に搭乗中の事故と歩行中の自動車事故も補償される内容となっています。

そのため複数の車で人身賠償補償保険をつけると何もしなくても補償内容が重複します。

この他の自動車に搭乗中の事故と歩行中の自動車事故の補償は外すことができます。

画像ソース: SBI損保の補償特約の重複について

自動車保険(任意保険)の重複の特約や補償を解約する車

では実際に特約や補償が重複していたことが判明した場合は、重複している特約や補償を解約することになりますが、解約する対象の車を選ぶ基準があります。

下記の条件に一致する車は補償や特約をつけておく車として特約や補償を解約しないで残しておきましょう。

節約効果が大きい特約や補償をつけておく車
  • しばらく乗り換えや買い替えをする予定がない車
  • 保険の等級が高い契約の車
  • 保険料が安い車

等級の低い車や保険料が高いクルマの重複している特約や補償を外す理由

特約や補償が重複していたことが判明した場合は、保険の等級が低い車や保険料が高い車の特約や補償を解約するのが王道です。

なぜなら、等級が高い車は保険料が高いので、重複している特約や補償を外すことで保険料を安くできます。

また、特約や補償を解約するのは保険の見直しになるので同時に、同一条件で保険料の安い保険会社を探して現在加入中の保険会社の保険料が高ければ保険会社ごと乗り換えをすると保険料をさらに下げて節約できる可能性が高いからです。

一括見積りを使うと同時に保険料を安くして節約できる

特約や補償が重複していたことが判明した場合は、保険料大幅にさげるチャンスです。

ほとんどの場合、現在の保険会社の保険料よりも同じ等級や条件、補償内容であっても一括見積りで探した保険料の安い保険会社の方が安くなります。

とくに代理店を使って保険を契約している場合は大幅に保険料を下げることができます。

見積りをするときには、重複している特約や補償を外した内容で見積り依頼をしてください。

保険料が高い!安くしたい、節約したい!と思ったタイミングは保険を見直すよいタイミングなので自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直してみるのがおすすめです。

武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで使用目的を変更しても大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。また、車両保険や特約の有無で見積りを取ることで保険料の違いが自宅にいながらスマホやパソコン上から簡単にできてしまいます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

武中
「弁護士費用補償特約」「ファリミーバイク特約」「人身賠償補償保険」「個人賠償責任危機補償特約」「自転車事故補償特約」の5つの1つでも重複してな特約を契約している場合は、特約を外した内容で見積り依頼をすると簡単に保険料を調べられます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較がそれぞれに使用目的ごとに簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク