Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

任意保険の車両保険でタイヤやホイールの破損やパンクの補償のすべて

自動車保険(任意保険)では車両保険の有無に関わらず、タイヤのパンクは車両保険があっても補償されません。いたずらの場合でも同じです。

ただしホイールもセットや車両の損害もある場合だと補償されます

タイヤ単体での破損は補償されませんがタイヤだけでなくホイールを含めた破損や、盗難、火災の被害は車両保険で補償されます。タイヤ単独の被害は補償されませんが、ホイールも同時だったり車体にも破損や損害があった場合は補償範囲となります。

車両保険でタイヤの補償を使うと保険料はアップしますが、無料の自動車保険見積りで安い自動車保険を選ぶのがおすすめです。

車両保険ではタイヤ単独の被害や損害は補償対象外

任意保険の車両保険ではタイヤ単独やタイヤ単体での被害や損害は補償対象外です。

自動車保険の任意保険には車両保険を付帯できますが、車両保険をつけていても、タイヤ単体の破損は車両保険では補償されません。

たとえば、走行中に釘などを踏んでパンクした場合や、いたずらで穴を空けられた場合や故意でタイヤの横側の側面を傷付けられてパンクした場合などでも車両保険の対象外となります。

自動車保険では「タイヤは消耗品」とされているため、単体での破損や損害はどのような悪質なものであっても保証対象外となります。これは実際に保険会社の約款に保証対象外とする項目に記載されています。

しかし、ホイールとセットで損害をうけた場合や、事故や火災、盗難などで破損した場合はタイヤも補償の対象となります。

車両保険ではタイヤ以外の部分も破損や損害の場合は補償される

任意保険の車両保険ではタイヤ単独やタイヤ単体での被害や損害は補償対象外ですが、車両の他の部分の破損や損害を受けた場合や盗難、火災などで損害が生じた場合は補償の範囲内となります。

任意保険の車両保険でタイヤの破損や損害、パンクの補償条件
  • タイヤ単体・タイヤ単独でのパンクや破損・損害: 車両保険の保証対象外
  • 車両とセットでタイヤも損害を受けた場合: 車両保険の補償適用範囲
  • ホイールとセットでタイヤも損害を受けた場合: 車両保険の補償適用範囲

例えば、下記のような場合はタイヤの破損や損害の被害も補償されます。

タイヤ単体ではなく少量にも損害があれば補償の対象になるというわけです。

タイヤの破損や損害で車両保険で補償されて修理代がでるケース

車両保険で保証されないはあくまでタイヤが単特で破損した場合のみです。

例えば下記の場合ではタイヤのパンクなども補償されます。

任意保険の車両保険でタイヤのパンクの修理代がでるケース
  • 車同士の事故で車体に加えてホイールが破損しタイヤもパンクした場合
  • 走行中、不注意で路肩に落ちて車の側面をこすってタイヤもパンクした場合

自損事故の場合は車両保険が「一般型」である必要がある

上記で2つのケースをあげましたが、2つ目のケースは自損事故での単独事故になります。

車両保険には自損事故も保証される「一般型」と相手がいる事故しか保証されない「エコノミー型」がありますが、自損事故で補償してもらうには「一般型」の車両保険を契約していることが条件になります。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
(車対車+A)
エコノミー
(車対車)
他車との事故 対応 対応 対応
自然災害(洪水・台風など) 対応 対応 非対応
火災・爆発 対応 対応 非対応
イタズラ・盗難 対応 対応 非対応
落下物・飛来物 対応 対応 非対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応 非対応
車上荒らし 対応 対応 対応
自損事故 対応 非対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応 非対応

車両保険で補償される自損事故の補償範囲と条件

タイヤやホイールの盗難の場合は車両保険で補償される

車両保険ではタイヤ単独の破損は補償されませんが、ホイールとセットでタイヤが盗難された場合は、車両保険の対象となります。

この場合の補償金額は、ホイール+タイヤをセットで購入した購入金額を証明できるものがあればその購入金額が全額保障されます。純正タイヤとホイールの場合も同様です。

もし社外品のホイールやタイヤを購入した場合はレシートを保管しておきましょう。

しかし、盗難の場合は現物が手元にない上、購入金額がわからない場合は同様品の金額が補償金額の基準となります。保険会社が調べてくれることもありますが基本的に自分で同用品の金額を調べて保険会社に報告することになります。

火災の場合も車両保険でタイヤの補償範囲内となる

火災の場合は、車両保険でタイヤとホイールそれぞれが補償されます。

タイヤの補償範囲や条件は保険会社によって異なる

タイヤの補償範囲は実は自動車保険会社よって異なります。

例えば、タイヤのパンクに加えてホイールにも傷がついた場合は補償してくれる保険会社もあれば、ホイールも含めてタイヤとする保険会社もあるのでこの場合は補償されません。

しかし、車同士の事故や単独事故でタイヤがは破損した場合は補償の対象となります。

車両保険の保険料を安くするには一括見積りを使う

このように車両保険ではタイヤ単体での破損は補償の対象外ですが、車体と同時に破損やパンクした場合や、盗難や火災の場合は車両保険でタイヤも補償されます。

タイヤはホイールとセットで盗難されるケースが多いですし、事故をすると高確率で損害を受ける部分でもあります。今は、車両保険をつけても保険料が安い保険会社が簡単に探せるので車両保険は安くてもいいのでつけておいたほうがもしもの事故や破損の時に助けられますよ。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)