この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の高い保険料を効率よく下げる3つのポイント

自動車保険の保険料が高くなる大きくなる理由は3つあります。1つ目は車両保険、2つ目は無駄な特約がついていること、3つ目は保険料が高い保険会社を知らずに使っているの3つです。

特に車両保険と保険料会社の選択はものすごく高く保険料を上げている大きな要因です。

また同じ保険や補償内容であっても保険会社によって保険料は大幅に変わるため安い保険料の保険会社への乗り換えは効果的です。

この3つを見直すことで保険料を大幅に下げることができ、現在契約中の保険の保険料の半分以下になることもあり効率的に保険料を下げるのにおすすめの方法です。

スポンサーリンク




自動車保険の高い保険料を効率よく大幅に下げるポイント

1.自動車保険で車両保険は保険料が高くなる主な原因

自動車保険の保険料を大幅に上げているほとんどの要因は車両保険です。

車両保険は自動車保険の中で保険料の中で5割前後を締めている部分です。この車両保険をやめるか、車両保険内容を限定することで自動車保険の保険料を大幅に安くして節約できます。

車両保険には一般型とエコノミー型(限定型)があります。エコノミー型(限定型)は自損事故の対する補償がない分、保険料は安くなるので一般型を選択している方は限定タイプにするだけでも効果があります。

一般型とエコノミー型の違いは次のようになります。車両保険は大きな分類では一般型とエコノミー型(限定型)ですがさらに限定A型というものもあり組み合わせで4通りの車両保険のタイプを選択できます。

一般型 補償範囲が広い。相手のいる事故だけでなく自損事故や当て逃げ事故も保険金が支払われるタイプ
エコノミー型 相手のいる事故による自動車の損害のみ保険金が支払われるタイプ。補償範囲を限定して保険料を安くできる。

エコノミー→エコノミー+A→一般の順で、範囲が広くなり範囲が広くなるため保険料も高くなっていきます。車両保険の金額を高めに設定指定もエコノミー型を選ぶことで保険料を安くできます。

一番選ばれているプランはエコノミー+限定Aプランで次にエコノミーになります。

  • 一般車両保険
  • エコノミー(車対車)
  • エコノミー+限定A(エコノミーワイド+限定A・車対車+限定A)
  • 限定A(限定危険)
車両保険の内容 一般 エコノミー エコノミー+限定A 限定A
車対車事故 対応 対応 対応 非対応
自然災害 対応 非対応 対応 対応
盗難や落書き 対応 非対応 対応 対応
当て逃げ 対応 非対応 非対応  非対応
いたずら 対応 対応 対応 対応
飛び石 対応 対応 対応 対応
台風・洪水 対応 対応 対応 対応
火災・爆発 対応 対応 対応 対応
地震 非対応 非対応 非対応 非対応
自損事故(単独) 対応  非対応 非対応  非対応

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

2.不要な特約が付いていると保険料が高くなる

自動車保険(任意保険)には多くの特約がつけられます。

一番特約で保険料が高くなる特約は車両保険ですが、他にもいろいろな特約があり使うことがないのに特約が付加されてるには保険料が上がる原因です。

一度現在加入中の保険の保険証券を確認して、どのような特約がついているのか確認することで無駄な特約を外して保険料をやすくすることができます。

特約を外した後の保険料が自動車保険の無料見積もりを使うこことで各保険会社ごとに簡単に保険料を調べることができます。

何度見積りを依頼しても無料なので、特約をつけたり外したりして保険料がどれくらい変わるのかをチェックすることにも利用できます。

参考までに自動車保険の特約を下記にまとめました。

  • 運転者限定特約
  • 人身傷害補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 他車運転特約
  • 弁護士費用特約
  • 自損事故傷害特約
  • 身の回り品補償特約
  • 対物全損時修理
  • ペット補償特約
  • 車両無過失事故特約
  • 対物臨時費用特約
  • 臨時運転者特約
  • 医療保険金特約
  • 事故付随費用担保特約

特に運転者の年齢条件は保険料金に大きな影響を与えるので運転者の年齢条件の特約の内容が実際に運転する運転者の年齢と一致しているのか確認してみてください。

たとえば年齢が上がって30歳になった場合などは年齢条件を「30歳以上補償」に変更することで年齢条件が高くなるほど保険料は安くなります。

自動車保険の年齢条件

運転者年齢条件は35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしから選択でき、35歳以上補償が一番保険料が高く、年齢制限なしが一番保険料が高くなります。

3.保険料の高い保険会社に知らずに契約している

現在加入中の保険会社が、加入時に複数の保険会社に対して見積りをして比較をしてから選んでいなければ間違いなく高い保険料を払っています。

保険料は保険内容や補償内容が同じであっても保険会社によって大幅に異なります。これは、保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

ではどの保険会社の保険料が安いのかは実際に見積りをしてみないとわかりません

今は無料で使える自動車保険の一括見積りがメジャーで簡単に複数の保険会社に対して一括で見積りを依頼して保険料を調べて比較することができるようになっています。こんないいサービスがあるので使ったもの勝ちです。

インターネットから無料で使える自動車保険の無料一括見積もりサービスを使うことで簡単に見積りをとって保険会社間で保険料を比較することができます

同じ条件での見積り金額が各保険会社からでてくるので保険料が安い保険会社がどの会社なのかがわかり今現在の保険からどれだけ保険料が安くなって節約ができるのかも簡単に調べられます。調べるだけ調べて契約したり乗り換える必要はありません。

自動車保険・任意保険の高い保険料を簡単に下げる方法

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

武中
無駄な特約がついている場合は、特約を外した内容で見積り依頼をすると簡単に保険料を調べられます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較が簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク