この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

任意保険はネット申し込みでの方法が一番保険料が安いという話

任意保険の保険料が一番安くなる加入方法(契約方法)はインターネットから申し込みをするダイレクト型(通販型)保険を選択することです。

これだけで保険料は確実に安くなります。

自動車保険(任意保険)の申込方法は、ディーラーや中古車販売店、保険会社の代理店や郵便局、インターネットから加入(契約)することができます。

ダイレクト型(通販型)自動車保険は保険会社と代理店を使わずに直接契約するものなので代理店手数料や人件費などの中間マージンがかからないので同じ補償内容や条件でも大幅に保険料が安くなります。

スポンサーリンク




ダイレクト型の任意保険に対応している保険会社

ダイレクト型(通販型)の任意保険に対応している保険会社
  • 東京海上日動
  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • 三井ダイレクト損保
  • チューリッヒ保険
  • セゾン自動火災保険
  • アメリカンホームダイレクト
  • 三井住友海上
  • セコム損保
  • そんぽ24
  • SBI損保
  • エース損害保険
  • ゼネラリ保険
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 朝日火災
  • 共栄火災
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 日新火災
  • 富士火災
  • AIU保険

ダイレクト型(通販型)自動車保険の保険料が安い理由

自動車保険はインターネット経由で保険会社に直接申し込む通販型(ダイレクト型)と代理店を経由して保険会社に申し込む方法の2つの方法があります。

通販型(ダイレクト型)保険のほうが保険料は大幅に安くなります。事故時の対応は直接保険会社とやり取りをするので同じです。

これは通販型(ダイレクト型)自動車保険は保険会社と保険の加入者が直接契約をするので「人件費」と「保険会社から代理店への中間マージン」が発生しないので保険料が安くなるからです。

ダイレクト型(通販型)は代理店型とくらべて保険料が2割〜5割程度安くなります。

通販型(ダイレクト型)と通販型の保険料の違い
  • 通販型(ダイレクト型)の自動車保険: 保険料が安い
  • 代理店経由で申し込む自動車保険: 保険料が高い

自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いまとめ!保険料を安くする方法

ディーラーや中古車販売店、保険会社の代理店や郵便局から申し込む自動車保険はすべて代理店型なので同じ保険内容であっても保険料は高くなります。

代理店型で契約したのと同じ保険会社と補償内容であっても通販型(ダイレクト型)で直接保険会社と契約したほうが人件費や店舗代、保険の契約者を獲得したことによる代理店に対する報酬や手数料が保険料に上乗せされないので保険料が安くなります。

自動車保険はネットのダイレクト型(通販型)を使うと保険料を安くできる

ダイレクト型(通販型)自動車保険の中でも保険料の安い保険会社を探す方法

ダイレクト型自動車保険で保険料の安い保険会社を探すのにベストな方法は、自動車保険の一括見積もりサービスを利用することです。

今の自動車保険はリスク細分型自動車保険といわれていて、事故のリスクに応じて保険料が決定される仕組みが採用されています。

武中
多くの保険会社がありますが、保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

自動車保険の一括見積もりサービスは保険会社1社に保険料を見積もりをするのと同じ手間で複数の保険会社から見積もりを取ることができ、保険会社間で保険料を比較することができるので断然お得になります。

また、何度補償内容や特約の内容などを変更して見積もりをしても完全無料で利用できるので自分にあった保険を探すことができます。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク