この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【金額】自動車保険の任意保険を使うとどれくらい保険料が高くなる?

交通事故などで自動車保険の任意保険を使用して保険金を請求すると、等級が1等級ダウンまたは3等級ダウンするので保険料が高くなります。

実際に自動車保険の任意保険を使った場合にどれくらい保険料が高くなるのかを、いろいろな等級と1等級ダウン事故、3等級ダウン事故で保険料がどれくらい高くなるか試算しましたので試算した保険料をいくつか紹介します。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

スポンサーリンク




自動車保険の任意保険は等級によって保険料の割引率が変わる

自動車保険の任意保険は1等級から20等級までの等級によって保険料の割引率が決められています。この等級制度とそれぞれの等級の割引率はどの保険会社でも共通です。

自動車保険の任意保険は新規で契約した場合は、6等級からスタート(セカンドカー割引を適用できた場合は7等級からスタート)になります。

1年間無事故で保険会社に対して保険金を請求しなかった場合は契約更新のタイミングで1等級ずつ等級がアップするので保険料が安くなっていきます。

しかし、事故を起こして保険を使うと普通の事故で3等級下がり、小さい事故で1等級下がります。また等級が変わらない事故もあります。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

事故には「3等級ダウン事故」と「1等級ダウン事故」がある

ノンフリート等級制度の事故内容と等級への影響の詳細

事故の種類 事故の内容 翌年の等級
3等級ダウン事故

(通常の事故)

  • 相手を死傷させて対人保険を使った
  • 車同士の事故で対物保険を使った
  • 当て逃げにあった
  • 自分の車の修理や乗り換えで車両保険を使った
3等級ダウン
3年間 事故有等級
1等級ダウン事故

(小さい事故)

  • 火災、爆発、水害にあった
  • 車の盗難や落書きにあった
  • 飛び石での窓ガラスの破損を車両保険で修理した
1等級ダウン
1年間 事故有等級
ノーカウント事故

(等級影響なし)

  • 搭乗者のケガで人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使った
  • 125cc以下の原付バイク事故で保険を使った(ファミリーバイク特約
1等級アップ
無事故等級等級影響なし

事故で保険金を請求すると「事故有等級」が適用される

交通事故などによって自動車保険(任意保険)を契約している保険会社に対して保険料を請求した場合は、事故の内容によって「3等級ダウン事故」か「1等級ダウン事故」かの2つのどちらかが適用されて、同じ等級であっても通常の事故無等級と比べて保険料の割引率が低い(保険料が高い)等級が事故を起こした年から3年間適用されます。

この「事故有等級」は保険会社が契約者に対して課したペナルティで、自社の保険会社に対してリスクのある契約者と判断されるためこのような処置が取られます。この「事故有等級」はすべての保険会社で適用されてい、保険会社を乗り換えても適用されます。

事故で自動車保険の任意保険や車両保険を使うと等級がダウンするだけでなく、等級の割引率が通常の等級ではなく事故有等級となります。

同じ等級でも保険料が通常の事故無等級よりも高くなります。

この事故有等級が適用される期間は、3等級ダウン事故で3年間、1等級ダウン事故で1年間保険料がアップします。保険料を安くするには、無事故を継続して等級をアップさせるか、無料で使える自動車保険の見積もりサービスを使って保険料の安い自動車保険に乗り換える以外にはありません。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。事故無等級よりも事故有等級のほうがどの等級でも割引率が大幅に低く設定されているのがわかると思います。

これが事故を起こした人に対する保険会社が課するペナルティなのです。

自動車保険(任意保険)のノンフリート等級制度とは

自動車保険の任意保険には1等級から20等級までの等級で保険料の割引率を決定する「ノンフリート等級制度」が採用されています。「ノンフリート等級制度」の詳細はノンフリート等級やノンフリート契約の詳細まとめで詳しくまとめていますが、

等級が高いほど、割引率も高くなり1年間無事故であれば1等級ずつ等級が上がります。事故で保険を使った場合は、事故1件につき3等級下がる(軽微な事故であれば1等級)仕組みになっています。

最大20等級まであり等級が上がることに保険料の割引が上がるので保険料が安くなります。

しかし、事故を起こして保険を使うと普通の事故で3等級下がり、小さい事故で1等級下がります。また等級が変わらない事故もあります。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

【保険料試算】6等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合

自動車保険の任意保険を新規で契約すると6等級スタートとなりますが、契約した初年度に3等級ダウン事故を起こした場合には等級が3等級ダウンして「事故有等級」が3年間適用されます。

この場合に、アップする保険料の金額を事故を起こした翌年度と2年後、3年後の事故有等級が適用されている期間に保険料が上がる金額を試算しました。

無事故の6等級の時の保険料が4万円の場合で次年度に等級が3等級にダウンして5.5万円の保険料になっているのでかなり保険料が高くなっていることがわかります。

事故有等級も通常の「事故無等級」と同じように、無事故で1年間過ごすと翌年度は1等級アップするので保険料の割引率が上がります。結果保険料は安くなりますが、「事故有等級」は「事故無等級」とくらべて割引率が低いので保険料はあまり安くなりません。

「事故有等級」でも保険料を安くできる1つの方法

事故をして事故有等級が適用された状態でも保険料を安くする方法は、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスで保険料の安い保険会社を探して乗り換える方法しかありません。この方法を使うと、事故無等級よりも保険料を安くすることが可能です。

【保存版】自動車保険・任意保険の一括見積りの手順と方法の完全詳細

【保険料試算】6等級の人が1等級ダウン事故を起こした場合

自動車保険の任意保険を新規で契約すると6等級スタートとなりますが、契約した初年度に1等級ダウン事故を起こした場合には等級が1等級ダウンして「事故有等級」が1年間適用されます。

この場合に、アップする保険料の金額を事故を起こした翌年度に事故有等級が適用されている期間に保険料が上がる金額を試算しました。無事故の6等級の時の保険料が4万円の場合で次年度に等級が1等級にダウンして4.3万円の保険料になっているのでかなり保険料が高くなっていることがわかります。

1等級ダウン事故なので1年間だけ「事故有等級」が適用されて2年後からは「事故無等級」になります。

【保険料試算】20等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合

自動車保険の任意保険を新規で契約すると6等級スタートとなりますが、自動車保険を長く契約していて20等級になっている方も多くいます。

20等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合には等級が3等級ダウンして「事故有等級」が3年間適用されます。

この場合に、アップする保険料の金額を事故を起こした翌年度と2年後、3年後の事故有等級が適用されている期間に保険料が上がる金額を試算しました。

無事故の20等級の時の保険料が3万円の場合で次年度に等級が17等級にダウンして5万円の保険料になっているのでかなり保険料が高くなっていることがわかります。

事故有等級も通常の「事故無等級」と同じように、無事故で1年間過ごすと翌年度は1等級アップするので保険料の割引率が上がります。結果保険料は安くなりなすが、「事故有等級」は「事故無等級」と比べて割引率が低いので保険料はあまり安くなりません。

【保険料試算】10等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合

自動車保険の任意保険を新規で契約すると6等級スタートとなりますが、自動車保険を長く契約していて10等級になっている方も多くいます。

10等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合には等級が3等級ダウンして「事故有等級」が3年間適用されます。

この場合に、アップする保険料の金額を事故を起こした翌年度と2年後、3年後の事故有等級が適用されている期間に保険料が上がる金額を試算しました。

無事故の10等級の時の保険料が5万円の場合で次年度に等級が7等級にダウンして7.3万円の保険料になっているのでかなり保険料が高くなっていることがわかります。

事故有等級も通常の「事故無等級」と同じように、無事故で1年間過ごすと翌年度は1等級アップするので保険料の割引率が上がります。結果保険料は安くなりなすが、「事故有等級」は「事故無等級」とくらべて割引率が低いので保険料はあまり安くなりません。

自動車保険(任意保険)の無料で使える保険料の一括見積りシュミレーションサービス

さいごに自動車保険(任意保険)の無料で使える見積りシュミレーションサービスを紹介しておきます。

このサービスを使うことで保険会社に1社ずつ見積りをする手間がなくなり、簡単に保険会社間の保険料の差を比較できるので高い保険料の保険会社を選ばないようにするためにも利用するのが賢い選択です。完全無料で使えでデメリットは一切ありません。

【保存版】自動車保険の保険料のシミュレーションをする方法手順まとめ

自動車保険の任意保険の一括見積りは無料で何度でも利用できて無料で使えるので電話勧誘があるのでは?と思うかもしれませんが、一括見積りを使っても保険会社からの電話勧誘はありません

見積り手順は下で詳しく説明していますが、電話勧誘がない自動車保険の無料の一括見積りサービスは「インズウェブ」です。電話勧誘がない理由は、ネット上で見積りができるということから人件費や店舗費用などがかかっていないからです。

保険のプロの私が唯一、自信をもっておすすめできる優良なサービスです。

私も他社の保険会社が同じ条件でどれくらいの保険料を算出してくるのか知りたい時によく使っていますが電話勧誘は一度もありません

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク