Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

使用目的の日常レジャー通勤業務用と違う目的で使用中の事故の補償

結論を先に書くと、使用目的通りに車を利用していい時に事故をしても申請した使用目的と違う使用目的での使用日数が、

申請した使用目的と違う目的で車を使用中に事故をした場合の補償は「使用日数が年間を通じて月15日以内か15日以上かによって補償が受けられて保険金が支払われるかが決まります

事故を起こしたときには使用日数を調査されますが、月15日以上の使用日数かは自己申告しないとわかりませんので以上に走行距離が多いなどの他の理由がなければ基本的に申請した使用目的以外で利用中に事故をした場合も補償は受けられます

とはいっても正しい使用目的にしておくのが最善の方法です。

自動車保険の任意保険を契約する時には「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務用」の3つの使用目的から選択して契約します。保険会社によっては「家庭用」と「業務用」の2つの使用目的しかないこともあります。

ただし、使用目的が違っても補償が受けられることを前面に出して保険会社と話を進めていくといい結果にならないため、事実と異なっていてもそうであったかのように淡々と使用日数だけ伝えましょう。

申請した使用目的と事故の時に使用目的が違っても補償される

もし事故を起こしたり事故にあった時に申請した使用目的と違う目的で使用中の事故の場合であっても、使用目的どおりに乗っていなくても申請している使用目的の条件に一致した乗り方をしていた場合は、事故の時も補償されて保険金が支払われます

自動車保険の任意保険にはどの保険会社でも「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務用」の3つの使用目的が設定されています。

自分の使い方がどの使用目的になるのかは明確な基準がありますので、その基準に従って使用目的を申請します。

3つの使用目的の定期とその使用目的の基準となる使用日数は下記のとおりです。

自動車保険の任意保険の3つの使用目的の選び方・基準
  • 「通勤・通学」: 年間を通じて月平均で15日以上通勤・通学に車を使用
  • 「業務用」: 年間を通じて月平均で15日以上業務に車を使用する場合
  • 「日常・レジャー」:「通勤・通学」及び「業務用」に該当しない場合

※ソニー損保だけでは使用目的が「家庭用」と「業務用」の2つの設定しかありません。その理由は「通勤・通学」も「家庭用」の使用目的に含まれると定義されているからです。

自動車の使用目的 事故リスク 保険料
業務使用 高い
通勤・通学使用 中間
日常・レジャー使用 安い

自動車保険 任意保険の使用目的による保険料の違いと変更で節約する

使用目的を偽って自動車保険を契約する人がいる理由

任意保険の契約者には使用目的を偽って自動車保険を契約する人がいます。

その理由は1つで、業務で使用する車であっても「通勤・通学使用」や「日常・レジャー使用」として申請したほうが保険料が安くなるからです。

「通勤・通学使用」で使用する場合でも「日常・レジャー使用」として申請すると保険料が安くなるからです。

契約時に使用目的をわざと偽って契約した場合は補償対象外

使用目的を偽って契約した場合は、契約時に実際の使用している状況から選ぶべき使用目的と違う使用目的をわざと選んで契約した場合は、事故にあったときには補償されない可能性がとても高いです。

この理由は、「告知義務違反」になるからです。

保険会社の決まり事を定めている「約款」には「告知義務違反」をした場合は、保険金を支払わないと定められています。

使用目的の変更は契約中のどのタイミングでもできる

自動車の使用目的が変わった場合や、間違って契約した場合でも契約期間中に使用目的の変更は可能です。保険会社に電話1本するだけで変更ができるため必ず行いましょう。

使用目的が変わっているにも関わらず、保険会社に報告をせずに事故をした場合は、「通知義務違反」となるため、事故の際に補償を受けられずに保険金が支払われなくなることがあります。

自動車保険の約款には「使用目的が変わった場合は速やかに変更を保険会社に通知しなければならない」と定められています。

使用目的が変わると、保険料に差額が生じます。ほのため保険料の追加支払いや差額の返金(返還)がされますので、その金額は保険会社の担当者に確認すれば教えてくれますので確認しておきましょう。

使用目的と同時に保険会社を選び直して保険料を節約する

使用目的が変わった時は保険料を下げて節約をするチャンスでもあります。使用目的を変更すると保険料が変わるので、手続きが発生します。保険会社を乗り換えても手間はほとんど変わりません。

どうせなら保険料の安い会社に乗り換えるのが得ですしずっと保険料が安くなります。

また、自動車保険の契約更新のタイミングは保険料をさげる絶好のチャンスなので自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直すことで保険料を大幅に安くすることができます。

武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで使用目的を変更しても大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。
武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

各保険会社の保険料と現在の保険料との比較がそれぞれに使用目的ごとに簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。上手くいくと保険料が半額になることもあります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)