この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】休日のみ運転する場合のおすすめ自動車保険・任意保険

土日などの仕事が休みの日の休日しか自動車を運転しない場合は自動車保険(任意保険・車両保険)の保険料を大幅に安くすることができます

休日のみしか運転しない場合、ここで紹介する方法を使うことで自動車保険業界の最安値の保険料で保険に加入することができます。

結論を書くと、大前提として土日などの休日のみの自動車保険というものは存在しないので、使用目的を主に休日のみ運転する「日常・レジャー」を選択し、走行距離を年間1000km〜5000kmの範囲で選ぶことで自動車保険の保険料を通常よりも大幅に安くすることができます。

また、自動車保険(任意保険)は同じ保険の内容、補償の内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります

理由は、保険会社によって事故に対するリスク判断がことなるからです。

保険料の安い保険会社を探す方法は『自動車保険の無料一括見積もりサービス』を使うことで20社以上のメジャーな各保険会社の保険料が1度の条件入力で確認でき各社で比較ができます。

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ

武中
私達保険のプロでも他社の保険会社の保険料を調べるのに使っている方法です。
スポンサーリンク




休日のみ運転する場合の自動車保険のおすすめなかけ方

自動車保険には土日のみや休日のみという条件はありません。

その代わりに同様の条件として「日常・レジャー」という使用目的の選択がありこれが休日のみ利用と同様の条件となります。この使用目的は保険料を決定する大きな要素です。

使用目的:「日常・レジャー」を選択することで大幅に保険料を安くできます。

休日のみ運転する場合の自動車保険のおすすめの条件

  • 使用目的: 「日常・レジャー」を選択
  • 走行距離: 年間1000km〜5000kmを選択(実際の走行距離に合わせる)

(参考)選択できる自動車の使用目的

自動車保険の保険料は選択する「使用目的」で大幅に保険料が変わります。

車の使用目的は下記の3種類から選択できます。

自動車保険(任意保険)で選べる3つの使用目的
  • 「日常・レジャー」: 事故リスクが低いので最も保険料が安い(一番安い
  • 「通勤・通学」: 事故リスク高いので保険料が高い(日常・レジャーの次に高い)
  • 「業務」: 事故リスクがかなり高いので保険料が高い(一番高い

保険料の高い目的順: (安い)日常・レジャー 通勤・通学  業務(高い)

自動車の使用目的「日常・レジャー」の詳細

自動車やバイクを休日や買い物などにしか使用しない場合は使用目的を

「日常・レジャー」とすることで大幅に保険料が安くなるので節約ができます。

「日常・レジャー」は自動車の使用頻度が少なく走行距離が「通勤・通学」や「業務」とくらべて少なくなるので保険会社も事故のリスクが低いと判断して保険料を安くしてくれます。

武中
土日や休日にしか車を使わない人は「日常・レジャー」を選択しておきましょう。

自動車の使用目的「通勤・通学」の詳細

毎日通勤や通学に車を使用している方は使用目的が「通勤・通学」となります。「日常・レジャー」と比べると使用頻度が高いので保険料は高くなります。

具体的に使用目的が「通勤・通学」となる条件は「業務目的以外ではなく、年間を通じて週5日以上または月15日以上通勤・通学に車を運転する場合」となっています。

通勤や通学目的でなくても週5日以上または月15日以上の車の利用であれば使用目的は「通勤・通学」となります。

自動車の使用目的「業務」の詳細

使用目的の「業務」は「日常・レジャー」や「通勤・通学」と比べて一番事故リスクが高いと判断されて保険料が高くなります。

仕事で車を使うと運転時間だけでなく運転距離も多くなるため事故リスクが高くなり保険料が高くなります。

具体的に使用目的が「業務」となる条件は「業務目的で使用して年間を通して週5日以上、または月に15日以上車を運転する場合」となっています。

自動車保険(任意保険)は一括見積もりサービスを使って料金を調べる

自動車保険は使用目的「日常・レジャー」で一括見積もりをすると保険料が大幅に安くできます。

武中
同じ条件であっても、保険会社によって保険料が大きく違います。

自動車保険の保険料を調べる方法は無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをして保険料を確認、比較することで

高い保険料を払ってしまうというリスクを回避できます。

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で利用でき、同じ条件で20社以上の保険会社のそれぞれの保険料が一覧で出てくるので保険料が高い保険会社を選んでしまうということがなくなります。

これは同一条件で一括見積もりをした結果ですが、保険会社によって7万円も保険料に差額が出ています。

武中
高い保険料の保険会社であってもサービス内容はほぼ同じなので気が付かないで無駄な保険料を払ってしまうということがあるのです。

通常この方法を使うと2割〜5割程度保険料が安くなるので必ず利用するのがおすすめです。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入もできるようになっています。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料で利用でき、同じ条件で20社以上の保険会社のそれぞれの保険料が一覧で出てくるので保険料が高い保険会社を選んでしまうということがなくなります。

これは同一条件で一括見積もりをした結果ですが、保険会社によって7万円も保険料に差額が出ています。

武中
高い保険料の保険会社であってもサービス内容はほぼ同じなので気が付かないで無駄な保険料を払ってしまうということがあるのです。

通常この方法を使うと2割〜5割程度保険料が安くなるので必ず利用するのがおすすめです。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入や等級を引き継いでの乗り換えもできるようになっています。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いので私はそれをなんとかしたいと思って当サイトを運営しています。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク