Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】子供が車を購入する時に自動車保険を安くする方法裏技まとめ

子供が自動車を購入する時や購入した時は自動車保険(任意保険・車両保険)に加入します。その場合は保険会社の言いなりになって普通にかけると保険料はかなり高くなります。

結論を先に書くと、親の自動車保険の等級が高い場合は「子供に等級を引き継ぐ一括見積もりで保険料の安い保険会社を比較して選ぶ」ことで自動車保険の保険料を安くできます。

親は年齢が30歳以上や36歳以上であることが多く6等級スタートやセカンドカー割引を適用した7等級スタートからはじめても最初から自動車保険の保険料の割引率が大きいので子供と親の自動車保険の保険料を合わせたトータルの額を安くできます。

親の自動車保険の等級を子供に引き継ぐと保険料が大幅に安くできる

息子や娘の子供(未成年を含む)の自動車保険をかける時は普通に自動車保険を新規で契約すると損をします。しかし下記の3つの方法を使うことで大幅に子供の自動車保険の保険料を安くることができます。

  1. 親から子供に保険の等級を引き継ぐ(効果大
  2. 免責金額を高めに設定する(効果中)
  3. 無料の一括見積もりサービスを使って安い保険会社を選ぶ効果絶大の裏技

親から子供に保険の等級を引き継ぐ

自動車保険では、等級制度(ノンフリート等級制度)が採用されているため、子供に自動車保険をかけると新規での加入になるため6等級からスタートします。

6等級は年齢条件割引が適用されないため保険料がとても高いです。

しかし、親や親族が加入している自動車保険があればその保険を子供に引き継いで最初から20等級や18等級などの高い等級からスタートすることができます。

等級は1〜20等級までありますが数年間保険に加入していた場合は等級はそれなりに上がっているはずです。等級があがると割引が適用されかなり保険料が安くなります。

等級引き継ぎの例(親が20等級、子供が6等級の場合)

子供が新規で保険に加入 等級引き継ぎを使用
親の保険料 2,970円/月 6,690円/月
子供の保険料 17,240円/月 6,900円/月
合計の保険料 21,210円/月 15,590円/月

このように等級を引き継がないで子供が新規に保険に加入した場合の保険料はとても高く、等級引き継ぎをした場合はとても安くなることがわかります。

親の保険を子供に等級引き継ぎをして引き継いて親が新規で保険をかけた場合の等級を引き継いだ子供の保険料と新規で加入した親の保険料を合わせた合計額を比較すると等級引き継ぎをしたほうが月に5000円以上保険料が安くなります。

結果的に等級引き継ぎをすると、年間6万円以上保険料を安くすることができます。

子供の車と親の車を両方親名義にすることでセカンドカー割引を適用できる

セカンドカー割引(複数新規所有割引)とは既に1台の自動車を保有していて一定の条件(2台またはそれ以上の車の名義と被保険者が同一名義であること)をみたす場合は、2台目以降の自動車の割引を6等級スタートではなく7等級スタートできる制度です。

実際に自動車保険3社対して「セカンドカー割引あり」と「セカンドカー割引なし」でそれぞれ無料でできる自動車保険一括サービスを使って見積もりをしてみました。

その結果3社とも1万円以上保険料が安くなる結果が出ました。

保険会社 割引前 割引適用後 差額
イーデザイン損保 46,350円 34,590円 -11,760円
ソニー損保 47,000円 34,800円 -12,200円
三井ダイレクト 48,140円 35,500円 -12,640円

同一名義や所有者で2台ではなく家族で合計して2台でも適用されるので

最初から割引が適用された状態からスタートでき保険料が安くなります。

ちなみにこのセカンドカー割引は1台目の車と2台目以降の車で保険会社が違っても適用することができます、しかしセカンドカー割引が適用できることを知らずに割引無しで保険をかけている人が多いのです。

これは自分で保険会社に対してセカンドカーであること申請する必要があるからです。

自動車保険の一括見積もりサービスの場合は見積もり時に「セカンドカー」にチェックをいれることで最初からセカンドカー割引が適用された保険料で見積もりがでてきます。

無料の一括見積もりサービスを使って安い保険会社を選びさらに割引を適用させる(裏技)

子供が運転免許を所得して自動車保険をかける時に同一条件で見積もりした複数の自動車保険会社なかで最安の保険料と見積もり回答がきた自動車保険に乗り換えることで大幅に保険料を安くすることができます。またセカンドカー割引もすべての保険会社が対応しています。

これは無料の自動車保険一括見積もり比較サービスを使って複数の保険会社から保険料の見積もりがでてきて比較ができるので2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

この無料の自動車保険一括見積もり比較サービスは大手自動車保険会社に対して一括で見積もりができるので最安で自動車保険に加入できます。知らない人が高い保険料を払っているのが現実で賢い人は上手くこのサービスを利用して節約しています。

1社の保険会社だけで決めてしまうと高い保険料で契約させられてその保険料が高いことにも気が付きません自動車保険の一括見積もりサービスは完全無料なので絶対に使ったほうがいいです。何回見積もりを繰り返しても無料です。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)