この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

運転者年齢条件を変更していなかったため保険が受け取れなかったケース

自動車保険の任意保険には年齢条件が選択でき、年齢条件が高いほど保険料が安くなります。なぜなら年齢が低い人のほうが運転が未熟で事故を起こす確率が高いからです。

年齢条件は35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしから選択できますが、年齢条件が高いほど保険料が安くなります

事故を起こした時にはその運転者が補償される年齢条件の範囲内でなければ補償を受けられません

ここでは実際に私がよく対応する運転者年齢条件を変更していなかったため保険(補償)が受けられなく実費負担で215万円を支払うことになった事故のケース運転者年齢条件を変更しても保険料を上げない方法も合わせて紹介します。

結論を先に述べると、運転者年齢条件を満たしていない場合はいかなる場合も任意保険の補償を受けられないので「少しだけなら大丈夫」という軽い気持ちで運転させると大変なことになるということを知っておいてほしいのです。

保険会社は営利起業なので補償の条件から外れていたら補償の対象外となり保険会社の担当者に泣きついても結果は変わらないからです。事前に連絡するのを忘れていたでは通用しません。

運転者年齢条件と補償される条件

自動車保険(任意保険)はどの保険会社であっても運転者の年齢条件を設定することができます。

設定できる運転者年齢条件は35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしから選択でき、35歳以上補償が一番保険料が高く、年齢制限なしが一番保険料が高くなります。

年齢条件 補償される人の条件
全年齢補償 全ての年齢の人
21歳以上補償 21歳以上の人
26歳以上補償 26歳以上の人
30歳以上補償 30歳以上の人
35歳以上補償 35歳以上の人

運転者年齢条件は保険料に大きな影響を与える

31歳、6等級での新規加入、トヨタプリウス、日常・レジャー使用で、無料の自動車保険の一括見積りサイトで見積りをした場合の運転者年齢条件別の保険料の違いは下記になります。

運転者年齢条件
年齢問わず補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償
運転者の年齢を問わず補償 21歳以上の方が運転中の事故のみ補償 26歳以上の方が運転中の事故のみ補償 30歳以上の方が運転中の事故のみ補償
年間187,520円 年間80,150円 年間46,820円 年間42,410円

実際の保険料の金額を見ると運転者年齢条件を設定しない「年齢問わず補償」を選択するとかなり保険料が高くなることがわかると思います。

【必見】自動車保険の任意保険の「年齢別」保険料の相場まとめ

運転者年齢条件は運転者以外も保障される

運転者年齢条件は事故を起こしたその車の運転者(記名被保険者)だけでなくその配偶者と配偶者の同居の親族が補償の対象です。

運転者年齢条件の範囲内であれば補償される対象の人
  1. 記名被保険者(運転者)
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居親族

また、別居している親族や友達や知人は自動車保険(任意保険)で設定している年齢条件の内容に関係なく補償されます。

運転者年齢条件を変更していなかったため保険が受け取れなかったケース

では実際に運転者年齢条件を変更していなかったために任意保険から保険金(補償)が受け取れなかったケースを紹介します。このケースは補償を受け取れない悲しい事故でよくあるケースです。

事故を起こした時の運転者は同居する未婚の子で親の車を子供が運転していたというものです。子供が運転免許を取得したので練習のために少し運転させたという状況です。

事故の状況は渋滞で徐行運転している車の後ろで停車するのにアクセルとブレーキを間違えて追突してしまったという事故でした。

運転者年齢条件の適用外で実費負担となった事故の詳細
  • 過失割合: こちら側が90%(9割)で相手側10%(1割)
  • 相手の車の修理金額:65万円(全額自腹)
  • 自分の車の修理金額:廃車のため車買い替え(150万円)
  • 任意保険の適用: 年齢条件を満たさないため適用外
  • 相手との示談交渉: 保険会社の示談交渉は使えないので自分で行った

渋滞している車の最後部に追突する事故は初心者でなくてよく起こっていて、今回のケースではアクセルとブレーキの踏み間違えで前を走る車に追突してしまったケースです。

この場合、運転者の年齢が運転者年齢条件の対象外となっていたため保険会社からの補償は一切なく示談交渉も利用することができない事故になります。

そのため、自腹で相手への補償金額として65万円と自分の車の買い替え費用の150万円の合計の215万円を自己負担して解決したという事故でした。

この事故では、運転車年齢条件を満たしていない事故のため私は示談交渉は行なえませんでしたが、最大限アドバイスとフォローはさせていただいた結果がこの内容です。

最初は修理金額も100万円近く相手からの圧力も強かったため無料で相談に乗ってくれる弁護士を紹介させていただいた結果65万円の修理代に落ち着きました。

相手の過失割合は1割なので65万円の1割の約6万円だけしか保険金で受け取ることができませんでした。

幸いだったのが、相手が「人身事故扱い」として警察に事故の届け出をしなかったことです。もし「人身事故扱い」となる通院費や入院費、仕事を休んだ場合はその補填費用も支払うこといなるのでさらに高額な金額を請求されるからです。

もし年齢条件を正しく設定していた場合は補償金額として65万円と自分の車の買い替え費用の150万円の合計の215万円は自動車保険から支払いがされて、

翌年度3等級ダウンで保険料が10%程度上がるだけでだったのに、年齢条件を変更しなかったために大きな出費となった事故でした。

実際に年齢条件を変更していた場合は、月に1500円保険料がアップするだけだったので実際に事故を起こすと自動車保険の任意保険は事故の時に有効になるということです。

この事故の年齢条件の範囲内と範囲外の時の負担
  • 年齢条件を変更しなくて事故をした: 215万円-6万円=209万円の自己負担
  • 年齢条件を変更して補償対象の状態で事故をした: 月に1500円保険料がアップ+翌年度3等級ダウンで10%保険料があがるだけ

※年齢条件の範囲外の事故は保険会社の示談交渉のサポートもうけられません。

運転者年齢条件は契約中いつでも変更や見直しができる

運転者年齢条件は保険の更新タイミングでなくても契約中いつでも変更や見直しができるようになっています。実際の手続きは保険会社に電話をするかその保険会社のマイページからスマホやiPhone、パソコンから簡単に変更できるようになっています。

さらに運転者年齢条件は変更した翌日から適用されるので運転させる一日前などに変更して保険の対象にすることもできます。

運転者年齢条件を変更する時とは?

運転者年齢条件を変更する時やタイミングは保険をかけている車を運転する人の年齢が年齢条件の区分を超える時や子供や家族が別居する時です。

運転者年齢条件を変更する2つのタイミング
  • 保険をかけている車を運転する人の年齢が年齢条件の区分を超える時
  • 子供や家族が別居する時

保険をかけている車を運転する人の年齢が年齢条件の区分を超える時

自動車保険の任意保険の運転者年齢条件の区分は、35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢制限なしで分けられいます。

それぞれの区分に応じて保険料が決まっているのでその区分をまたぐ時は運転者年齢条件を変更した方が保険料が安くなったり、もしも事故を起こした時も任意保険で補償されるようになります。

子供や家族、兄弟が別居する時

自動車保険の任意保険はたとえば子供や家族や別居する場合は年齢条件が問われなくなります。別居している人は何歳であっても、その自動車の保険の運転者年齢条件がどのような内容であっても補償されます。

年齢の若い子供が別居した場合は運転者年齢条件を高くした状態で子供が運転者年齢条件の対象外の年齢で事故をした場合であっても補償されます。

このメリットは保険料を大幅に下げつつ運転中に事故をした場合も補償されるということです。

運転者年齢条件を変更してもあまり保険料を上げないことができる

運転者年齢条件を低く変更すると基本的には保険料が高くなります。しかし、保険会社によってはほとんど保険料が上がらないだけでなく、保険料が安い保険会社を選ぶことで年齢条件を低くしたのに前よりも保険料を大幅に安くすることもできます。

運転者年齢条件と運転者限定特約を組み合わせるとさらに安くできる

自動車保険の運転者を限定して保険料を安くする方法は運転者年齢条件だけでなく、運転者限定特約もあります。

自動車保険の任意保険や車両保険の運転者限定特約のすべては下記のとおりです。

運転者限定 補償範囲に含まれる人
本人限定 記名被保険者本人のみ
夫婦限定 記名被保険者本人とその配偶者(配偶者限定)
家族限定 記名被保険者本人とその配偶者とその家族
限定無し 別居の家族や既婚の子、友人、知人などすべての人が対象

本人限定特約や配偶者限定特約

本人限定特約や夫婦限定特約(配偶者限定特約)は本人だけ補償される契約と本人と夫婦(配偶者)が補償される特約です。

保険料は「限定なし」や「家族限定」と比べてや安くなります。

家族限定特約

家族限定特約は本人と配偶者に加えてその家族に対して補償される契約です。

家族とは同居の家族やだけでなく別居している結婚していない子供も補償の対象です。そのため就職や進学などで別居している子供や家族が運転している時に事故をしても補償されます。
【保存版】自動車保険の「家族限定」の割引率と保険料と補償範囲
この運転者限定特約や運転者年齢条件と組み合わせることができ、自動車保険の運転者限定特約のそれぞれの割引率は下記になります。

運転者限定 割引率
本人限定 8%
夫婦限定 7%
家族限定 1%
限定なし 無し

「本人限定」は一番割引率が高く、誰が運転していても補償される「限定なし」が一番保険料が高くなります。この割引率の考え方は運転者が少ない=事故のリスクが低い」と考えられているのでこのような割引率が設定されています。

本人限定の8%の割引率や夫婦限定の7%の割引率は、あまり保険料が安くならない?と主かもしれませんが、保険料には大きな影響を与えます。

運転者の限定を「本人限定」に設定すると5000円〜8000円程度保険料を下げることができます。とりあえず保険料を簡単に下げたい場合は一番効果的な方法です。

自分や夫婦、家族しか車を運転しない車であれば運転者限定特約を活用することで保険料を大幅に下げることができます。7〜8%割引という割引率はとても大きく1割近い保険料の節約になるので効果的です。

実際に年齢条件を変更した場合の保険料の変化を無料で調べる方法

では実際に運転者年齢条件や運転者限定特約の内容を変更した時に保険料がいくらになるのかは自動車保険の一括見積りサービスを使うことで完全無料で調べて保険会社ごとに比較することができます。

一括見積りサービスを使っていろいろな条件や補償内容で見積もったり複数の自動車保険会社に対して一括見積りをした結果を比較できるので保険料を安くほぼ最安で契約できます。

また、すでに自動車保険に加入している場合でも等級を引き継いで保険会社を乗り換えることができるので早い段階で保険料の安い保険会社に乗り換えたり保険の内容を見直すことで支出を減らすことができます

現在の保険会社の保険料よりも同じ等級や条件であっても一括見積りで探した保険料の安い保険会社の方が安いことはよくあります。

また、自動車保険は定期的に見直すことで保険料が変わります。運転者年齢条件や運転者限定特約の内容を変更して自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直すことで保険料を大幅に安くすることができます。

武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、法人利用や個人利用だけでなく車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで法人契約であっても大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

武中
運転者年齢条件や運転者限定特約の内容を変更をいろいろと変更して見積り依頼をすると簡単に保険料を調べられます。また同じ条件でも保険会社で大幅に保険料が変わるので保険料が高い保険会社と契約してしまうことを回避できます。

この無料見積りは800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。各保険会社の保険料と現在の保険料との比較がそれぞれに使用目的ごとに簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)