この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】急ブレーキが原因の追突衝突事故の過失割合と賠償のすべて

前を走っている車が急ブレーキをかけた事が原因での追突事故の過失割合は追突した側が70%(7割)で追突された側が30%(3割)が基本の過失割合になります。高速道路上の場合は追突した側が50%(5割)で追突された側が50%(5割)が基本の過失割合になります。

急ブレーキが原因で追突された側の30%の過失割合は「わざとブレーキを踏んだ場合」や「アクセルとブレーキを間違えて思い切り踏んだ」場合に適用される過失割合で、動物や子供などの人を轢くのを裂けて踏んだ「危険回避のための急ブレーキ」は追突された側の過失割合が0%(過失なし)で追突した側の過失割合は100%(10割)となります。

高速道路は道路上での停止や駐車が認められていなので過失割合が一般道と異なります。高速道路の場合の過失割合は追突した側が50%(5割)で追突された側が50%(5割)が基本の過失割合になります。

ただし落下物や他の車を回避が原因での急ブレーキはこの過失割合は適用されません。

スポンサーリンク




急ブレーキが原因での追突事故の過失割合と賠償

「一般道」で急ブレーキが原因での追突事故の過失割合

一般道で前を走っている車が意味のない急ブレーキを踏んで、その急ブレーキが原因で発生した追突事故の過失割合は下記になります。

  • 一般道での意味のない急ブレーキが原因の過失割合: 追突した側が70%(7割)で追突された側が30%(3割)
  • 動物や人、落下物を避けるための急ブレーキが原因の過失割合: 追突した側が100%(10割)で追突された側が0%(過失なし)

このように煽られたとか車間距離が近かったことが原因でわざと踏まれた意味のない急ブレーキの場合は過失割合が「70:30」になります。しかし危険回避で踏んだ急ブレーキは「100:0」で追突したが側が100%の過失割合となります。

動物や人、落下物を裂けて踏んだ急ブレーキは「危険回避の急ブレーキ」であるとされて追突された側(急ブレーキを踏んだ側)の過失割合はなし。になります。

この理由は車間距離が離れてれば前の車が急ブレーキを踏んでも追突事故が発生しないという理由があるからです。

「高速道路」で急ブレーキが原因での追突事故の過失割合

上記の過失割合は一般道上での過失割合ですが、高速道路上では同じ状況であっても過失割合が変わります。高速道路は高速道路の本線上ではそもそも停車や駐車をしてはいけないことになっているからです。

  • 高速道路での意味のない急ブレーキが原因の過失割合: 追突した側が50%(5割)で追突された側が50%(5割)※走行車線の場合
  • 高速道路での意味のない急ブレーキが原因の過失割合: 追突した側が40%(4割)で追突された側が60%(6割)※追越車線の場合
  • 落下物を避けるための急ブレーキが原因の過失割合: 追突した側が60%(6割)で追突された側が40%(4割)
  • 歩行者を避けるための急ブレーキが原因の過失割合: 追突した車やバイクが20%(2割)で追突された歩行者が80%(8割)
  • 人を避けるための急ブレーキが原因の過失割合: 追突した車やバイクが50%(5割)で追突された人が50%(5割)※故障から降りた人

高速道路上では前の車が嫌がらせや報復などで急ブレーキを踏んでそのことが原因で追突事故が発生した場合でも過失割合は追突した側が50%(5割)で追突された側が50%(5割)となります。一般道では追突した側が70%(7割)で追突された側が30%(3割)の過失割合なので高速道路は追突された側も過失割合が大きくなります。

また追越車線は10%(1割)程度急ブレーキを踏んだ側の過失割合が大きくなります。

急ブレーキをかけた側が自動車で、追突した側がバイク(二輪車)の場合は過失割合は10%(1割)〜20%(2割)程度急ブレーキを踏んだ側の過失割合が大きくなります。

高速道路上では落下物を回避するために急ブレーキを踏んだ場合も追突された側(急ブレーキを踏んだ側)の過失割合が100%(10割)となりません。

落下物が原因で起きた追突事故でもお互いに過失割合が認められるので必ず十分な車間距離をとって走行することが大切になります。

急ブレーキでの衝突事故は「意味のないブレーキ」か「危険回避」なのかが重要

急ブレーキが原因での事故は「意味のないブレーキ」なのか「危険回避でのブレーキ」なのかがとても大事です。例えば一般道の場合は下記のように過失割合が変わります。

  • 意味のない急ブレーキ: ブレーキを踏んだ側の過失割合は30%(3割)
  • 危険回避のための急ブレーキ: ブレーキを踏んだ側の過失割合は0%(過失なし)

車を運転する時は自動車保険への加入が必須

このように追突事故は一般道で動物や人を避けて急ブレーキを踏んだ場合を除きお互いに過失割合が発生します。過失割合が発生するということはお互いに補償する必要があるということです。ほとんどが対物事故になるので自賠責保険(強制保険)の対象外となり自動車保険の任意保険と車両保険からの補償になります。

そのため自動車保険への加入は必須です。加入していないとすべてが自己負担となりとても払えない金額になることがほとんどです。最悪自己破産をします。

今は保険料が安い自動車保険会社を簡単に探せます。安い保険料の保険会社がどこなのかは一括見積もりを使って見積もりと比較をしないとわかりません。

自動車保険の一括見積もりサービスを上手く活用すると保険料を大幅に節約できます。なぜなら同じ条件と補償内容でも保険会社によって保険料の違がかなりあり2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。1等級であっても複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスを使って保険会社を探すのがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば5分の入力で簡単に複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。見積もり結果は各保険会社から公式に回答された結果です。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約20分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。何回見積もりをしても無料なので補償金額や補償内容を変えながら保険料を下げることも簡単にできます。

この方法を使えば必ず自動車保険に一番安い保険料で加入や更新ができます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク