Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】事故の過失割合の調査を行う「損害保険リサーチ」の詳細

相手がいる事故がいる場合に大切になってくるのが過失割合です。

示談交渉で保険会社を通じて双方が過失割合に納得してはじめて示談となります。基本的に自分の車は停車中に追突された事故など以外は100:0にならないので示談交渉で過失割合を決めることになります。

過失割合は相手の保険会社から支払われれる保険料に直結するのでできるだけ自分の過失割合を小さくするように努力します。そのような時に第三者的な立場から過失割合を決める「損害保険リサーチ」会社というのが出てきます。基本的に警察は過失割合を決めてくれません。

これは、どちらの保険会社にも属しないで事故の状況を双方に聞いて過失割合を決定します。基本的に中立で公正な調査を行い過失割合を決めます。事故をした後に自宅に直接事故の状況を詳しく聞きに来てその調査内容を保険会社に報告する仕事をしています。

事故の過失割合の調査を行う「損害保険リサーチ」とは

過失割合は基本的にお互いの保険会社同士で契約者から話を聞いて決定します。

しかしお互いが言っている内容が異なっていたり、片方が事実と異なる証言をしているような場合は、双方の保険会社に属さず中立・公正な立場で事故調査を行うのが「損害保険リサーチ」会社です。

事故を起こして過失割合に揉めた場合は多くの場合で保険会社が「損害保険リサーチ」に事故調査を依頼します。

それにより後日事故の詳細を聞きに来ますので自分の主張をしっかりと伝えましょう。

この損害保険リサーチのリサーチャーの作成した報告書は保険会社に提出されるだけでなく、証拠として裁判に提出されることもあるので話す内容をしっかりと話すようにして話すようにしましょう。

損害保険リサーチ会社の裏話・真実

損害保険会社に不利になる報告書は作成しない(異常)

長く、保険会社に努めていると損害保険リサーチ会社の黒い部分も見えてきます。

「損害保険リサーチ」会社は双方の保険会社に属さず中立・公正な立場で事故調査を行うものですが、実際は損害保険会社から仕事を依頼されて調査をして損害保険会社から報酬をもらいます。

この話はあまり大きな声では言えませんがわたしは公正では無いと思っています。

そのためその損害保険会社に不利となる調査報告を必ずしもするとは限りません。

そのため損害保険リサーチと話すときには下記に注意した方がいいです。

  • 自分に不利な証言はできるかぎりしない
  • 調査報告書にサインを求められた時にはすぐにはサインしない
  • 自分に不利となる報告内容を記入した時には消すように求める
  • 調査報告書にサインをするときには報告書の内容に必ず目を通す
  • 必ず損害保険リサーチのリサーチャーの名刺をもらう

また弁護士の中にも損害保険リサーチのリサーチャーが作成した報告書が正しいと思っている弁護士も多くいます。本来は依頼者の立場にたって弁護しなければならないのに不利な調査報告書を疑うことなく信用してしまっている弁護士もいます。

双方の損害保険会社の調査依頼を同じ損害保険リサーチのリサーチャーが行っていることがある(異常)

通常、損害保険リサーチのリサーチャーは加害者と被害者が加入している保険会社からそれぞれお違う損害保険リサーチのリサーチャーに依頼します。しかし、同じ害保険リサーチのリサーチャーが調査をして報告書を作成していることがあります。

公正とはとても言えない状況になっていることがあります。

  • 自分の損害保険会社 → 損害保険のリサーチに依頼してA社のAさんが担当
  • 相手の損害保険会社 → 損害保険のリサーチに依頼してA社のAさんが担当

通常はそれぞれの損害保険会社は違うリサーチ会社に依頼をします。

しかし、実際は同じ損害保険リサーチ会社の同じ担当者であることがあります。これはまったく公正な調査ができていないといえます。双方の損保保険会社が同じ損害保険リサーチ会社の同じ担当者になっていることはまずわかりませんし知りようがありません。

「損害保険リサーチ 2ch」などで検索して内容を見ると理不尽な実態を知ることができます。

損害保険リサーチ会社が過失割合を決めることがある(異常)

本来、損害保険リサーチ会社はそれぞれの事故状況を調査する役割です。

過失割合を決定するのは保険会社を通じて示談交渉を行っている事故の当事者同士です。

しかし、ここで恐ろしいことが裏で起きていることがあります。

まず、保険会社は過失割合について揉めて過失割合が決定しない限り年々、何十年かかっても保険料を払う必要が無いようになっています。

そのため、損害保険リサーチ会社に過失割合を決めさせるようにすると必ず揉めるので双方が納得できないような過失割合をだしてきます。

そのため何年も揉めることになり、保険会社は保険料を払わなくてもいいという状況ができあがります。

わたしはこのようになっている状況を何度か見ていますが保険会社が支払う補償金の金額が高い事故ほどこの実態がある気がしています。あまり損害保険リサーチ会社を信じてはいけません。

保険料を安くしてもしもの時も時も自分で修理できる貯金を作る

このように相手がいる事故をした時は基本的にスムーズに話が進むことはあまりありません。また過失割合が納得出来ないといつまでも示談せずに数年、数十年保険金が支払われないことも多々あります。

そのため、普段から保険料が安い保険会社を利用して浮いた分を修理代や車の乗り換え用に資金として貯金しておくこが賢い選択です。このようにしておけば10%(1割)や20%(2割)程度の過失割合にも納得しやすくなりますし、保険金も早く支払われます。

過失割合で支払われる10%(1割)や20%(2割)程度のマイナス分を貯金から出すことで、保険金+貯金で十分修理や車の乗り換えができるようになります。貯金分のお金は無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで現在の保険料より2割〜5割程度安くすることができるので賢い人はうまく活用して上手く節約しています。

無料の自動車保険一括見積もりサービスを活用すると大幅に保険料の節約ができる

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)