Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】死亡事故の被害者の葬儀や通夜の参列と香典や日程のすべて

交通事故死や死亡事故で相手が亡くなった場合は、加害者は葬儀や通夜には参列したほうがいいです。特に被害者の相手から参列しないように言われていないければ加害者は葬儀や通夜は参列し葬儀所まで行きましょう「お香典」の金額は1万円~3万円程度です。

参列することで示談交渉がスムーズに進みますし誠意を見せとして受けめられる場合も多いので被害者に示談を先延ばしにされたり高額な損害賠償金の請求をされにくくなります。

また、被害者の葬儀や通夜の参列は自分が執行猶予付きの判決になるかどうかにも関わってきます。

死亡事故の加害者は葬儀や通夜には可能な限り参列する

交通事故で相手の被害者を死亡させてしまった場合は、相手の被害者から葬儀や通夜に参列しないよに言われなければ可能な限り参加していください。

わたしも必ず加害者には葬儀に参列するようにいいますし、葬儀のさいに包む金額も指定します。葬儀や通夜に参加することで相手も加害者も誠意を見せて反省していると受け取られることが多く今後の示談交渉のためにも参加しておくほうがいいのです。

葬儀やお通夜に参列するかどうかは遺族に確認してもいい

被害者の葬儀やお通夜に参列するかどうかは基本的に参列したほうがよいですが、相手の被害者の遺族にお伺いを立てても良いです。もしここで断られた場合でもできるかぎり会場まではいくようにしてください。自分が執行猶予付きの判決になるかどうかにも関わってきます。

もし追い返されてもお香典だけでも受け取ってもらうようにします。

交通死亡事故の加害者のお香典のつつみの金額

金額はあくまで「お香典」として包むものになるので1万円~3万円程度です。

お香典は慰謝料とは異なるため、10万円包むようなことはやめておいたほうがいいです。これは個人の場合でも会社の場合でも同じです。金額よりも誠意のある謝罪を被害者は求めているので金額が重要ではありません。

また、この見舞い金やお香典は保険会社から慰謝料の一部として支払われるものではなく、あくまで個人が自らの出費として出すものですのであまり高い金額を出すよりも常識的な1万円~3万円程度にしておき、翌年上がる保険料の補填に使うほうが得策です。

加害者が葬儀やお通夜に参加しないと示談交渉が「不利」

加害者が交通事故で死亡した相手の被害者の葬式やお通夜に参列しないと被害者の親族が葬儀やお通夜に参加しなかったということで、示談交渉を先延ばしにしたりするケースが多々あります。

示談交渉を知ない限りその事故は解決したことにはなりませんので事故を早期に決着させるためにも特別な理由がない限り参列することをおすすめします。

もし参列して、葬儀場などで被害者の遺族や親族から参列を断らればその場で帰ればいいだけです。いちよう加害者が葬儀場まで参列したことは伝われりますので一応の誠意を見せたと思ってもらえるでしょう。

武中
被害者に拒絶されても葬式やお通夜に参列しようとしたという事実が大切です

中には見舞いも葬儀もお通夜も参加しない加害者もいますがそれでも示談がスムーズに進む場合もあれば一向に示談交渉が進まないケースもあります。結局は死亡させてしまった被害者の遺族が示談交渉に応じるかにかかっているので出来る限りスムーズに示談交渉が進むように参列しましょう。

必ず任意保険に加入して示談交渉代行をつけておくことが大事

自動車保険の任意保険には最初からほぼすべての保険会社に示談交渉代行が最初から付加されています。そのためもしも相手の加害者を死亡させてしまうような死亡事故を起こした場合でも保険会社が示談交渉をすべて代行してくれるで必ず加入しておくようにしましょう。

もしも、任意保険に加入していない場合はすべての被害者との示談交渉は自分個人でやることになるのでとても大変であることと、損害賠償金として請求される金額はとても払えません。

交通死亡事故で人生を棒に振らないために保険料が安い自動車保険でもいいので加入しておくことが重要です。今はすべての任意保険に示談交渉代行が最初から付加されています。

近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーで車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができて20社くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分の入力だけで見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

任意保険に加入していなかった場合は示談交渉も補償も含めてすべて自分で行う必要がありとても大変で日常生活も仕事もできないような状況に陥ります。そのため安い保険料の自動車保険でいいので任意保険には必ず加入しておくようにしましょう。あなたを守るために大切なことです。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)