この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】水害や水没の場合に自動車保険で補償される条件と保険会社

豪雨や洪水、川の増水や氾濫による水害で自動車が水没してしまうことはよくあることです。

結論を先に書くと、車両保険の補償範囲なので車両保険に加入していればどのプランや保険会社であっても保険金が支払われます

自動車保険(任意保険)の車両保険に加入していれば車両保険のプランに関わらず補償の対象となります。

車両保険は保険会社によって金額が大きく異なるので事前に自分の今契約している保険に車両保険をつけた場合の金額と、

全く同じ条件であっても保険会社によって保険料は大きく異なるので、一括見積もりで保険料の安い保険会社を探して乗り換えることで車両保険を使えても金額のアップはほぼないくらいや、むしろ車両保険を付けても保険料を安くできることも多いです。

現在代理店経由で自動車保険(任意保険)に加入している場合は一括見積もりを使うと車両保険をつけても確実に現在の保険料よりも安くすることができます。

>>自動車保険の無料一括見積りを試してみる

洪水や豪雨などの水没や水害は車両保険の対象で補償される

車両保険には「一般型」タイプと「エコノミー」タイプの2つのタイプが用意されています

「一般型」タイプと「エコノミー」タイプのどちらのタイプの車両保険であっても豪雨や洪水、川の増水や氾濫による水害は補償の対象となっています。

そのため車両保険に加入していれば補償されて保険金が支払われるので自動車を修理したり乗り換えることが出来ます。

当然ながら車両保険に加入していない場合は、補償の対象外となりどのような状況であっても保険金は1円も支払われないので注意が必要です。

事故や災害の種類 一般 エコノミー
他車との事故 対応 対応
自然災害(落雷・洪水・台風など) 対応 対応
火災・爆発 対応 対応
イタズラ・盗難 対応 対応
落下物・飛来物 対応 対応
動物との衝突事故・接触事故 対応 非対応
車上荒らし 対応 対応
自損事故 対応 非対応
当て逃げ(相手車不明) 対応 非対応
自然災害(地震・噴火・津波) 非対応 非対応

このようにとりあえず車両保険に加入していれば豪雨や洪水、川の増水や氾濫などによる水害は車両保険で補償されるので安心です。

洪水や豪雨などの水没や水害で車両保険を使うと翌年は等級は1等級下がる

台風による豪雨や洪水、川の増水や氾濫、堤防の決壊などよる水害で車両保険を使った場合は、1等級ダウン事故として扱われるので、翌年度の保険の更新のタイミングで保険料が上がります。

通常、事故などで保険を使用すると3等級ダウンしますが、豪雨や洪水、川の増水や氾濫などよる水害で車両保険を使った場合は、1等級ダウン事故なのでたった1等級ダウンするだけですみます。

もし水害などで車を治したい場合は車両保険をつかった治したり買い替えたほうが無駄な出品を大幅に抑えることができます。

事故の種類 事故の内容 翌年の等級
3等級ダウン事故

(通常の事故)

  • 相手を死傷させて対人保険を使った
  • 車同士の事故で対物保険を使った
  • 当て逃げにあった
  • 自分の車の修理や乗り換えで車両保険を使った
3等級ダウン
3年間 事故有等級
1等級ダウン事故

(小さい事故)

  • 水害にあった、落雷、火災、爆発
  • 車が洪水で流された、故障した
  • 車の盗難や落書きにあった
  • 飛び石での窓ガラスの破損を車両保険で修理した
1等級ダウン
1年間 事故有等級
ノーカウント事故

(等級影響なし)

  • 搭乗者のケガで人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使った
  • 125cc以下の原付バイク事故で保険を使った(ファミリーバイク特約
1等級アップ
無事故等級等級影響なし

【保存版】ノンフリート等級やノンフリート契約の詳細まとめ

浸水や水没、浸水した車の修理費用は高額(参考)

基本的に車が水に浸かった場合の修理代はかなり高額になります。

たとえば、シート下浸水で約25〜40万円、シート上浸水の場合は50万円以上の修理代がかかるのが一般的です。

浸水するとエンジンや電子機器(エンジンやエアコン、ATをコントールするコンピューター)が故障するのでその修理費用で100万円を超えてしまうこともよくあります。

そのため車両保険に加入していることは重要で、もし自動車保険の任意保険に車両保険を付けていない場合はすぐにでも付けておいたほうがいです。

洪水や豪雨などの水没や水害で車両保険を使うと翌年は保険料が上がる

現在の自動車保険(任意保険)の制度は等級によって保険料が変わるノンフリート等級制度をどの保険会社も導入しています。

豪雨や洪水、川の増水や氾濫などよる水害で車両保険を使う事故は1等級ダウン事故として扱われるため事故有等級による影響で翌年保険料がアップします。

等級 無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 △2%
5等級 △13%
6等級(F) △19%
7等級(F) △30% △20%
8等級 △40% △21%
9等級 △43% △22%
10等級 △45% △23%
11等級 △47% △25%
12等級 △48% △27%
13等級 △49% △29%
14等級 △50% △31%
15等級 △51% △33%
16等級 △52% △36%
17等級 △53% △38%
18等級 △54% △40%
19等級 △55% △42%
20等級 △63% △44%

※表は横スクロールできます

表の「+」は割増を「△」は割引を表しています。事故無等級よりも事故有等級のほうがどの等級でも割引率が大幅に低く設定されているのがわかると思います。

洪水や豪雨などの水没や水害で車両保険を使っても保険料を上げない方法

車両保険に入っていれば車両保険のプランに関係なく豪雨や洪水、川の増水や氾濫などよる水害は補償されます。

車両保険を使うとどの保険会社でも翌年度(保険の更新のタイミング)に等級が下がるので保険料は上がってしまいます。

しかし、保険会社によってリスクの判断基準が異なるため同じ等級であっても保険料が安い保険会社はあります。ほとんどの人は保険料の安い保険会社で契約しているわけではなく、高い保険料を払っていますし、安い保険会社がどこなのかも知りません。

しかし完全無料で利用できる一括見積もりサービスがあるのでこれを使うと自分の保険に車両保険をつかた場合の保険料と同一条件での他の保険会社を比較することができます。

自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ

自動車保険(任意保険)の一括見積もりの特徴
  • 保険会社ごとに見積もり内容を入力しなくてもいい
  • 複数の保険会社の保険料を比較することができる
  • 保険用の安い保険会社を探す手間を大幅に減らせる
  • 完全無料で利用できる
  • 見積もりを取るだけで契約する必要はない
  • 何度も条件や補償内容を変更して納得行くまで見積もりができる
  • 電話がかかってきたりダイレクトメールや売り込みをされることはない
  • 代理店や保険会社に行かなくても契約が完結する

1社ずつ条件を入力して見積りを依頼することで保険料の見積り金額を知ることはできますがとても手間がかかります。

通常は「ダイレクト型(通販型)」自動車保険に対応している保険会社に対して、無料で一括見積りができる一括見積りサイトを利用するのが一般的です。

一括見積りサイトにアクセスして、契約者の情報や保険をかけたい車両の情報、補償内容や条件を1度入力すだけで10分程度で各保険会社から具体的な保険料が入った見積りが返信されてきます。

その内容をみて自分の条件にあった保険会社を選ぶのがおすすめです。

一括見積りを使うと車両保険をつけても自動車保険も保険料を安くできる

豪雨や洪水、川の増水や氾濫などよる水害を保険会社に補償してもらう場合は、車両保険をつけている必要があります。

一括見積りサービスを使っていろいろな条件や補償内容で見積もったり複数の自動車保険会社に対して一括見積りをした結果を比較できるので、車両保険をつけても保険料を安くほぼ最安で契約できます。

また、すでに自動車保険に加入している場合でも等級を引き継いで保険会社を乗り換えることができるので早い段階で保険料の安い保険会社に乗り換えたり保険の内容を見直すことで支出を減らすことができます。

現在の保険会社の保険料よりも同じ等級や条件であっても一括見積りで探した保険料の安い保険会社の方が安いことはよくあります。

また、自動車保険は定期的に見直すことで保険料が変わります。自動車保険の一括見積をして複数の保険会社の保険料を比較をして保険を見直すことで保険料を大幅に安くすることができます。

武中
自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって保険料が違うのは保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、法人利用や個人利用だけでなく車種に対するリスクの考え方が異なるためです。

そのため、複数の保険会社に見積りをとった結果から安い保険料の保険会社を選択することで法人契約であっても大幅に保険料を安くできます。自動車保険の一括サービスは完全無料なので簡単に安い保険料の保険会社を探すことができます。

武中
無料の一括見積もりサービスを使って複数の保険会社に対して一括見積もりをするとどの保険会社が一番保険料が安いのかが簡単にわかります。もちろん一括見積もりサービスは完全無料で何度でも利用できます。

対象の自動車の車検証と免許証があれば5分の入力で見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

武中
無料の一括見積もりサービスを使うと保険料が保険会社ごとに分かって比較ができます。保険会社が直接算出するものなので信頼のある金額です

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

豪雨や洪水、川の増水や氾濫などよる水害にあっても安心な車両保険をつけた場合の各保険会社の保険料と、現在の保険料との比較がそれぞれに使用目的ごとに簡単に無料でできるのでぜひ一度使ってみてください。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)