この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

自動車事故の過失割合相殺による賠償金の計算方法まとめ

自動車事故や物損事故をした時はお互いの過失割合によって保険金の補償金額となる賠償補償額が決まります。自分の損害額x相手の過失割合」が自分に相手の保険会社から支払われる保険金の賠償額(補償金)となります。

自分が相手に支払う場合も同じ考え方で「相手の損害額x自分の過失割合を支払うことになります。相手に支払う賠償補償は自分の契約している保険会社が支払うので負担はありません。

この過失割合での過失相殺は任意保険の話で自賠責保険では例えば過失割合が50%の場合でも、支払われる保険料は自賠責保険の傷害の限度額の120万円が受け取れます。

任意保険では被害者の損害額の50%の保険金が支払われます(正確には自賠責の補償額から引いた残りの保険金)

スポンサーリンク




自動車事故の過失割合相殺による賠償金の計算方法

自動車事故の起こした場合は相手が四輪自動車やバイクにかからわず過失割合によって支払う保険金が変わっていきます。

例えば事故による自分側の損害が100万円で相手側の過失割合が50%の場合は、請求できる金額は100万円x50%の50万円となります。これが基本的な過失割合による受け取れる保険金の計算方法です。

しかし相手がいる自動車事故で物損事故場合はこのような計算式で簡単に計算することはできません。なぜなら自分も相手に補償する保険金があるからです。

相手への補償する保険金は自分が契約している保険会社から支払われるので負担額はありませんがもし自動車保険の任意保険に加入していなかった場合は自分の車の修理費用と相手の車の修理費用は実費負担となります。

例えば下記のケースで自動車事故の物損事故の場合の過失割合に基づいた保険金を計算してみます。

  • 自分の損害額(修理費用): 100万円 :Aの修理費用とする
  • 自分の過失割合: 30% : Aの過失割合とする
  • 自分の損害額(修理費用): 50万円 :Bの修理費用とする
  • 相手の過失割合: 70% : Bの過失割合とする

自分(A)と相手(B)が受けられる修理代と負担額

自分(A)の車の負担額の計算

  • Aの自動車の修理費用 × Aの過失割合: Aの負担額(a)
  • Aの自動車の修理費用 × Bの過失割合: Bの負担額(b)

相手(B)の車の負担額の計算

  • Bの自動車の修理費用 × Aの過失割合: Aの負担額(c)
  • Bの自動車の修理費用 × Bの過失割合:Bの負担額(d)

自分(A)と相手(B)の合計負担額

  • 自分(A)の負担額の合計: (a) + (b)

→(A車の修理費用+B車の修理費費用)× Aの過失割合: Aの負担額合計

  • 相手(B)の負担額の合計: (c) + (d)

→(A車の修理費用+B車の修理費費用)× Bの過失割合: Bの負担額合計

自動車事故の過失割合相殺による賠償金の計算の例

基本的には自動車事故(相手がいる物損事故)の場合は上記の式で相手の自分の賠償金と受取れる保険金を計算することができます。

Aを自分、Bを相手とした場合は下記の式で計算することができます。あまり深く考えないで式に実際の修理費用と過失割合をいれて計算するだけで簡単に算出することができます。

  • (A車の修理費用+B車の修理費費用)× Aの過失割合: Aの負担額合計
  • (A車の修理費用+B車の修理費費用)× Bの過失割合: Bの負担額合計

(例)過失割合が50:50の事故の場合の賠償金と保険金の計算

  • Aの車の修理費用:100万円, Aの過失割合: 50%
  • Bの車の修理費用:150万円, Bの過失割合: 50%

過失割合がそれぞれ50%ずつの場合の計算はとても簡単です。

まずAに相手の保険会社から支払われる修理費用は100万円x50%=50万円となります。しかし相手の修理代である150万円x50%=75万円を負担することになりますので最終的に過失相殺によって自分の保険会社から25万円支払うことになります。

理解しにくい場合はAを自分、Bを相手と考えるとわかりやすいです。

(例)過失割合が30:70の事故の場合の賠償金と保険金の計算

  • Aの車の修理費用:180万円, Aの過失割合: 30%
  • Bの車の修理費用:50万円, Bの過失割合: 70%

まずA(自分)の過失割合が30%だった場合は自分の自動車の修理費用として90万円x30%=54万円が支払われて、相手の修理費用として50万円x70%=35万円を負担することになりますので最終的に過失相殺によって自分の保険会社から54万円-35万円=19万円相手から受け取ることになります。

実際は相手の保険会社から54万円の修理費用が支払われれて、相手への35万円の修理費用の支払いは自分の保険会社が支払うので54万円が自分の口座に入金されて相手への修理費用は保険会社が支払うので実際に負担する額はなく、自動車保険を使ったことにより等級が3等級ダウンしますので翌年から3年間保険料が上がるだけです。

車を運転するなら自動車保険への加入は重要

もし任意保険に加入していない相手に支払う35万円は全額実費負担となり、過失割合の交渉や示談交渉もすべて自分で行うことになります。

それだけ自動車保険の任意保険や車両保険の加入は重要(必須)ということなのです。たとえば相手が高級車の場合であれば修理費用が1000万円を超えることは普通にあります。

もし自動車保険に加入していないけれすべて実費負担となり人生を棒に振ることになり自分の人生を守るためにも自動車保険への加入は必須なのです。

安くてもいいので自動車保険の任意保険と車両保険には加入しておく

このように事故を起こすと過失割合が自分が0割である場合を除き必ず相手へ補償することになります。そのため保険料が安い任意保険でいいので必ず加入しておくようにして下さい。これはあなたが人生を棒に振らないためにとても大切なことです。

多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

そのため自動車保険に新しく加入する場合や安くても任意保険に加入する場合は、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで高い保険料を払うということを回避でき、最安で無駄なく自動車保険に加入することができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約できます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク