Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】事故の相手が無保険だった場合に自分を守る3つの保険

交通事故の相手(加害者)が無保険だったというケースは実は多くあります。その場合には自分の任意保険に「無保険車傷害保険」と「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」を付帯しておけば自分の任意保険で自分を守る事ができます。

「無保険車傷害保険」はどの任意保険でも自動車保険の任意保険に加入するだけで最初から自動付帯される保険です。「無保険車傷害保険」を使って翌年度の等級は下りません。

「人身傷害補償保険」は運転者の自分の怪我だけでなく同乗者の怪我の場合も、無保険車が相手であっても補償されます。

無保険車傷害保険とは?対応している保険会社と適用範囲金額

「搭乗者傷害保険」は対人賠償保険に自動で付帯される保険で、「死亡」または「後遺障害」の場合のみ補償されます。

事故の相手が無保険だった場合に自分を守る3つの保険

交通事故の相手が無保険だった場合に自分や搭乗者を守ってくれる保険は、「無保険車傷害保険」と「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の3つです。

  • 「無保険車傷害保険」
  • 「人身傷害補償保険」
  • 「搭乗者傷害保険」

交通事故で相手がいる事故をした場合は相手が自賠責保険に未加入や任意保険に未加入のいわゆる「無保険車」であることは普通にあります。これは、自賠責保険や任意保険の加入率が100%ではなく85%程度だからです。

【必見】任意保険未加入者の割合と事故を起こした時の補償の詳細

自動車保険の任意保険は主に相手と搭乗者、運転者を守る保険ですが、相手が無保険車であった場合の事故でも「無保険車」の場合でも補償される保険を付帯しておくことで「無保険車」との事故でも自分の契約している保険会社(任意保険)から保険金を支払ってもらえます。

「無保険車傷害保険」は任意保険加入で自動付帯される

「無保険車傷害保険」はどの保険会社も任意保険に加入すると自動付帯(自動的に付属)されるようになっています。

「無保険車傷害保険」に対応している保険会社と補償金額のまとめは下記になります。

保険会社 補償金額(限度額) 付帯条件
ソニー損保 無制限 自動付帯
損保ジャパン 無制限 自動付帯
セゾン自動車 無制限 自動付帯
東京海上日動 2億円 自動付帯
三井住友海上 2億円 自動付帯
イーデザイン損保 2億円 自動付帯
SBI損保 2億円 自動付帯
アクサダイレクト 2億円 自動付帯
チューリッヒ 2億円 自動付帯
共栄火災 2億円 自動付帯

「無保険車傷害保険」が適用されるケースや条件

「無保険車傷害保険」の補償が適用されるケースや事故の条件
  • 事故の相手が無保険や無保険車だった場合
  • 事故の相手が対人補償保険(任意保険)に未加入だった場合
  • 当て逃げやひき逃げなどで相手が特定でいない場合
  • 損害賠償責任額が相手の保険の補償限度額を上回っている場合
  • 事故の相手は任意保険に加入しているが適用外の状況での事故(運転者限定特約の対象外だったり、年齢条件の対象外など)

相手が自賠責保険に未加入だった場合は「政府補償事業」を使う

車検の有効期限がある自動車やバイクは、自賠責保険(強制保険)の加入が義務付けられてます。しかし、交通事故の相手の自動車やバイクの車検の有効期限が切れていると自賠責保険もほぼ確実に切れています。

相手が任意保険だけでなく自賠責保険に未加入または有効期限が切れていたああ胃は、一切の補償と保険金を受け取ることができません。

もし、事故の相手の加害者が自賠責保険に未加入だった場合は自賠責保険から補償や保険金の支払いを受けることはできません。自賠責に未加入の無保険車だった場合には、救済処置として「政府補償事業」というものがあり、相手が自賠責保険に未加入であっても自賠責保険とほど同様の補償を受けることができます。

【重要】事故の相手が任意保険なしの場合の「政府賠償保険」の詳細

ただし、「政府補償事業」を使える条件は、「相手が無保険車であった場合」「加害者が特定できないひき逃げ事故であった場合」とされています。

「無保険車」との事故を守る保険をつけて保険料を最安にする方法・手順

道路を走っている車は残念ながらすべての車が自賠責保険や任意保険に加入しているわけではありません。そのため、相手が無保険車であっても自分や同乗者が補償される保険の内容にしておくことが重要です。

「無保険車傷害保険(自動付帯)」と「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の3つを付帯しておけば無保険車との事故でも自分の保険で補償されて保険金が支払われるので安心です。この3つを付帯していなければ付帯した時に保険料がどれくらいになるのかを知っておくことはとても大事なことです。付帯しても今よりも保険料が下がることも多々あります。

この3つを付帯すると基本的にはつけなかった場合と比べて保険料はあがります。しかし、複数の保険会社に対して一括見積りをして保険料の安い保険会社を選ぶことで保険料を大幅に抑えて節約することが確実に可能です。

なぜなら同じ条件と補償内容でも保険会社によって保険料の違がかなりあり2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。1等級であっても複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスを使って保険会社を探すのがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば5分で簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。見積もり結果は各保険会社から公式に回答された結果です。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約20分で見積もり結果が出てくるのでこれ以上の方法は現状でありません800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。何回見積もりをしても無料なので補償金額や補償内容を変えながら保険料を下げることも簡単にできます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)