Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】示談交渉に対応している自動車保険会社・任意保険完全まとめ

自動車事故を起こした時には加害者と被害者の間で示談するための話し合い(交渉)を行います。この示談交渉、示談代行に対応している保険会社や任意保険はどれなのか気になるかと思います。

結論から先に書くと、すべての自動車保険会社が示談交渉や示談代行に対応しています

具体的には東京海上日動、ソニー損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、チューリッヒ保険、セゾン自動火災保険、アメリカンホーム・ダイレクト、三井住友海上、セコム損保、そんぽ24、SBI損保、エース損害保険 、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和損保、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、日新火災、富士火災、AIU保険が示談交渉の代行に対応しています。

どの自動車会社にも「示談代行」や「示談交渉」の特典がついており、事故を起こした時の示談の話し合いを保険会社が代行してくれます。

示談交渉は対物事故、対人事故に対して有効でこれができるのは保険会社か弁護士かのどちらかになります。弁護士に示談交渉を依頼すると高額になるので保険会社の示談交渉や示談代行の特典を利用するのが一般的です。

「示談代行」や「示談交渉」を使うと弁護士費用も無料になりますし、示談交渉の費用も無料です。

示談交渉は全ての保険会社が対応している

示談交渉はすべての保険会社が対応しています。

対人賠償事故、対物賠償事故が起きた場合は保険会社のスタッフが当事者に代わり示談交渉を行います。事故の相手方との交渉から保険金の支払いまですべて代行してくれます。

ただし、事故に対する過失がない場合は、法律の規定により保険会社が示談交渉を行うことができません。

事故を起こした時は加害者側の保険会社の担当者と被害者側の保険会社の担当者で示談交渉をします。

武中
場合によっては弁護士が相手と直接示談交渉をします。

相手の保険会社からなにを言われるのか不安になるかと思いますが、まずは相手に自分が直接保険会社の担当者と直接やり取りすることはありません

基本的には担当者同士の話し合いで示談交渉がすすみます。そのため保険会社が示談代行をしていれば確実に賠償金が支払われるので安心できます。

示談交渉に対応している自動車保険会社(任意保険)

示談交渉に対応している保険会社は以下の保険会社です。

東京海上日動、ソニー損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、チューリッヒ保険、セゾン自動火災保険、アメリカンホーム・ダイレクト、三井住友海上、セコム損保、そんぽ24、SBI損保、エース損害保険 、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和損保、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、日新火災、富士火災、AIU保険

保険会社の示談交渉代行の費用は無料

示談交渉は保険会社が代行してくれて費用は無料です。

武中
示談交渉は基本的に、自動車保険会社と弁護士の2つに依頼することができます。
ぺんぺん
自分で探した弁護士を使うこともできます。

交通事故に遭ったり起こした時は保険会社に示談交渉を依頼できますが、示談交渉にかかる必要は無料です。弁護士特約に入っていない場合、弁護士は有料なので自動車保険の示談交渉は有効に利用しましょう。

物損事故(対物事故)や対人事故の修理費用の金額や過失割合に対しても交渉してくれます。

治療費も保険会社が加害者に請求してくれる

事故で病院にかかった場合に治療費がかかりますが、その治療費は保険会社を通じて加害者に請求することができます。治療費は一時的に自分で立て替えて後から保険会社に縁込んで貰う場合もあります。

治療費を建て替えた場合はかならず領収書を保管しておくようにしましょう。

また、交通事故では健康保険が使えないという噂があったりしますが、交通事故でも健康保険は使えます。

ほんの一部に小さい地方の病院の場合は「治療費は保険会社が負担するのだから、自由診療でやっても良い」と思っている病院があり健康保険を使った診療ではなく自由診療での診療になる場合があるので受付で確認しておきましょう。

健康保険が使えない事故は下記になります。

  • 業務上の事故: 健康保険ではなく労災が適用される
  • 法令違反による負傷(酒酔い運転などでの怪我。自己責任扱い)
  • 第三者の行為による負傷(酒酔い運転などでの怪我。自己責任扱い)

被害者の過失なしの事故は示談交渉を利用できない

示談交渉が利用できる事故は被害者に過失がある場合です。

追突事故などの被害者の過失がゼロの事故の場合は保険会社の示談交渉を使って交渉をすることはできません。

保険料を安い保険会社を選ぶのがおすすめ

示談交渉はすべての保険会社が対応しています。

自動車保険は同じ条件や内容であっても保険会社によって保険料が2割〜5割り程度変わります。そのため自動車保険に加入する場合や、いま加入している自動車保険の保険料が高い、安くしたいと思っている場合は、

完全無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って複数の自動車保険の保険料を比較して納得いく保険会社で加入したり、乗り換えることができます。

武中
1つの保険会社を長く使っていると高い保険料を払っていることに気が付きません。年間5万円〜15万円ほど節約できるのにそのまま使っているのはとてももったいないことです。

保険料が安くても条件は同じなので安い自動車保険(任意保険)に加入して、浮いたお金で車両保険をかけるようにしたり、貯金をしていくようにすると事故をした時も修理代も出るようになるので賢い選択です。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

また、一括見積もりの結果の画面から保険への加入もできるようになっています。

同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

武中
無料で使えるので使わないのはもったいないです。

ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約5分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になりますし無駄な保険料を知らずのうちに払っていたということがなくなります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)