この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険を途中解約したら一括払いの保険金は戻ってくる?

自動車保険の任意保険や車両保険を年払いで一括払いしていた場合は途中解約すると保険金は解約返戻金(かいやくへんれいきん)として戻ってきます自賠責保険も廃車にすると解約返戻金として還付されます

自動車保険は分割払いや月払いでの支払いもできますが基本的に1年間の一括払いとなっています。しかし途中で解約した場合は月割りで計算されて解約返戻金として返金されます。

自動車保険の任意保険や車両保険の契約時の解約返戻金は日払いではなく月払いです。

自動車保険を途中解約しても途中解約による違約金は発生しません。

スポンサーリンク




自動車保険を途中解約したら一括払いの保険金は月割りで返還される

保険料を一括払いしている自動車保険の任意保険や車両保険を途中解約した場合は、月割り計算で計算されて解約返戻金として返金されます。

一部の保険会社では月割りではなく短期率で解約返戻金が計算されます。

短期率の計算方法

期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1ヶ月まで 25%
2ヶ月まで 35%
3ヶ月まで 45%
4ヶ月まで 55%
5ヶ月まで 65%
6ヶ月まで 70%
7ヶ月まで 75%
8ヶ月まで 80%
9ヶ月まで 85%
10ヶ月まで 90%
11ヶ月まで 95%
12ヶ月まで 100%

自動車保険は分割払いの月払いと一括払いの年払いが選択できますが、一括払いの年払いの方が保険料が5%ほど安くなります。

【保存版】自動車保険の保険料を分割払いや月払いにする方法まとめ

そのため1年間の保険料を一括で払うだけの余裕があれば一括払いで支払いをしておき自動車保険が不要となった時に解約することで無駄なく節約して自動車保険に加入できます。

自動車保険の解約時の解約返戻金の計算の仕方と計算方法

  • 12月1日に契約した自動車保険を6月15日で解約する場合: 7月〜12月分の保険料が月割りで返金される
  • 12月1日に契約した自動車保険を5月1日で解約する場合: 6月〜12月分の保険料が月割りで返金される

1年分の保険料を一括払いしている場合、翌月から契約終了までの保険料が月割りで返金されます。返金は指定の銀行口座に振込で返金されます。

自動車保険の保険料を月払いや分割払いで払っていた場合

自動車保険の保険料は一括払いと分割払いが選べますが、分割払いや月払いで支払っていた場合の解約時も月割り計算となります。

そのため3ヶ月目の途中で解約した場合は、3ヶ月分の保険料が支払われていれば問題ありません。分割払いや月払いの時も日割り計算ではなく月割り計算となるので月の途中で解約しても解約返戻金での返金はありません。

自動車保険を解約する時は中断証明書の発行をする

自動車保険を解約する時に翌年の等級が7等級以上になる場合は、中断証明書を発行しておくほうが次に自動車保険を契約するときに等級を引き継いで自動車保険を契約することができるので最初から割引が適用されてお得になります。

中断証明書は10年間有効なので、車を手放したりして数年後に車を購入した場合も10年以内であれば中断証明書を利用することで等級を引き継いで自動車保険を契約できます。

中断証明書
の有無
解約時
の等級
再加入時
の等級
中断証明書「有り」 20等級 20等級
中断証明書「無し」 20等級 6等級

中断証明書が発行できるのは廃車や売却、譲渡や長期間外国に住む場合などの下記の場合に発行できます。

  • 車を廃車にした
  • 車を他人に譲渡した
  • 車が盗難された
  • 車が災害によって失われた

この中断証明書を使った保険の等級継承はどの保険会社でも有効なので解約した保険会社と新しくかける保険会社が違っても等級は引き継がれます(継承されます)ので必ず発行してもらうようにしましょう。

ちなみに中断証明書の有効期間は10年と長いので途中で紛失する場合もあります。

そのような場合は以前契約していた保険会社に問い合わせることで中断証明書を再発行してもらえます。依頼してから約1週間〜1ヶ月程度で再発行されますので安心です。

自賠責保険にも解約返戻金があり払い戻しがされる

解約返戻金は自動車保険の任意保険や車両保険だけでなく強制保険である自賠責保険にも同様の制度があります。

自賠責保険の場合は契約の残り期間(契約残存期間)が1ヶ月以上であることが条件となっていて、自動車やバイクを廃車した場合と自賠責共済に加入した場合に解約返戻金を受け取れます。

交通事故で全損扱いとなったり車両保険での補償を受ける場合は保険会社が車両を引き取るので廃車扱いとなり自賠責保険の解約手続きは保険会社がやってくれて解約返戻金が保険会社から還付されるため自分で手続をする必要はありまえん。

保険料の安い自動車保険の任意保険や車両保険を探す方法

自動車保険には保険会社がたくさんありますが、同じ条件であっても保険会社によって基準がことなるため保険料が大幅に変わります。保険料が安い自動車保険(任意保険や車両保険)を探すには無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで簡単に探すことができます。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです

この一括見積もりサービスを使って出て来る保険会社はすべての保険会社が分割払いに対応しています。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。そのためロードサービス付きで一括見積もりをしてみるともし現在保険に加入している場合はどれくらい安くなるのかがわかりますし、新規の場合も最安の保険料で自動車保険に加入できます。

は無料で複数の保険会社に対して任意保険の保険料を一括で見積もれるサービスは大人気でほとんどの方が自動車保険に申し込むときにや乗り換える時や自動車保険を見直す時に利用しています。

自動車保険会社によって保険料は大幅に変わりますのでこれから自動車保険に加入しようと考えている方や現在加入している自動車保険の保険料が高いと感じている場合は無料の一括見積もりサービスを使って同一条件で他の保険会社だとどれくらい安くなるのか比較してみるとかなり節約できることがわかって驚きます。

利用料は完全無料で約5分の入力で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

スポンサーリンク




この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク