Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の「人身傷害補償保険」の金額と必要性と詳細

自動車保険の「人身傷害補償保険」は保険を契約している車に乗っている同乗者がケガをした場合にケガや死亡、過失割合関係なく実際にかかった入院費や休業損害などが支払われます

また、通常自動車保険というのは示談をしてはじめて保険金が支払われますが「人身傷害補償保険」は示談をしなくても保険金を受けとることができます。

「人身傷害補償保険」は補償の範囲が広く例えば保険を契約している車にのっている同乗者が家族以外の誰であってもすべての人が補償の対象となります。また、すごいのが記名被保険者の家族が保険を契約している車以外に乗っていた時に起きた事故や歩行中に事故に遭った場合にも補償範囲となります。

自動車保険の「人身傷害補償保険」の必要性とメリット

通常事故をして自分にも過失がある事故の場合は、相手の過失割合分だけ治療費や休業損害の保険金が支払われますが「人身傷害補償保険」がつけてあると過失割合関係なく保険金を受け取ることができます。

また、「人身傷害補償保険」がない場合は事故の示談が成立してからでないと保険金が受け取れませんが、「人身傷害補償保険」をつけていると示談を待たなくても保険金が支払われます。

自動車保険の「人身傷害補償保険」の種類

自動車保険の「人身傷害補償保険」には下記の2種類があります。

  • 「人身傷害補償保険」
  • 「人身傷害補償保険」(搭乗者のみ)

下記の表を見ていただけるとわかりやすいのですが、「人身傷害補償保険」(搭乗者のみ)の場合は保険を契約している車の事故のみが補償の対象となり、他の車に乗っている時に事故や歩行中の事故は補償されません。

「人身傷害補償保険」の場合は、保険を契約してる車だけでなく他の車での事故や歩行中の事故であっても補償されとても補償範囲が広くなります。

自動車保険の「人身傷害補償保険」の金額

自動車保険の「人身傷害補償保険」は実際の損害額の保険金が支払われます。

例えば事故によって入院治療費と休業補償で200万円の損害が発生した場合は200万円分が保険金として支払われます。自分の過失が100%の事故であっても全額支払われます。

この実際にかかった費用がそのまま支払われるのは「人身傷害補償保険」に加入していた場合のみでもし未加入だった場合は「実際にかかった費用の200万円x 相手の過失割合」の金額が保険金で支払われます。

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害特約」の違い

「人身傷害補償保険」とよく似たものに「搭乗者傷害特約」がありますが、「人身傷害補償保険」は保険を契約中の事故だけでなく、他の車に乗っている時の事故や歩行中の事故でも実際に医療費や休業損害、精神的損害としてかかった費用が保険金が支払われるのに対し、「搭乗者傷害特約」は対象が保険を契約中の車限定で、さらにケガをした場合はケガを下部位と症状によって予め決められた金額が保険金として支払われます。

そのため「人身傷害補償保険」の方が補償範囲が広く治療費を気にせずに治療に専念できることになります。

自動車保険の「人身傷害補償保険」は示談前に保険金が支払われる

通常相手の過失割合が100%(10割)の事故以外の場合は相手と過失割合と補償金額を示談交渉することになり、保険金は示談成立するまで支払われません。

しかし、示談成立をしなくても治療費や休業損害というものは発生するので生活が苦しくなったります。

自動車保険の「人身傷害補償保険」に加入していた場合は示談を待たなくても過失割合がどうであっても実際にかかった入院費や休業損害の全額が支払われます。そのためお金を気にすることなく入院して治療に専念することができるというわけです。

「人身傷害補償保険」をつけても保険料を安くする方法

自動車保険の「人身傷害補償保険」はオプション扱いとなっていますがメリットが大きいのでもしもの事故にそなえてつけておいたほうがいいです。

「人身傷害補償保険」を普通につけると保険料は上がりますが、保険料をあげないでむしろ保険料を下げる方法があります。

結論を先に書くと、無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って「人身傷害補償保険」をつけた条件で一括見積もりをして保険料の安い自動車保険会社を探すことです。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。「人身傷害補償保険」をつけても「人身傷害補償保険」をつけてない他の保険会社より保険料が安くなることは多々あります。そのため複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスを使って保険会社を探すのがメジャーです。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば5分の入力で簡単に複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。見積もり結果は各保険会社から公式に回答された結果です。

「人身傷害補償保険」をつけた同じ条件でも保険料は保険会社によって大幅に変わるので、少し手間ではありますがこの方法を利用することで今現在加入している保険会社よりも安い保険料にすることができます。

無料で使えるので使わないのはもったいないです。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

利用料は完全無料で約20分で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。何回見積もりをしても無料なので補償金額や補償内容を変えながら保険料を下げることも簡単にできます。

この方法を使えば「人身傷害補償保険」をつけても「人身傷害補償保険」をつけていない今の自動車保険会社よりも保険料を安くすることができます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2019年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)