Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【必見】自動車保険の内訳は「純保険料」+「付加保険料」保険料の比較は無料一括見積もりが簡単

自動車保険の保険料の内訳は、大きく「純保険料」と「付加保険料」の2つに分けられます。

保険加入者が支払う保険料というのは、「純保険料」+「付加保険料」になっています。

自動車保険(任意保険)の「純保険料」の内訳は、損害保険や損傷保険、車両保険などの保険と、ファリミーバイク特約や他車運転危険担保特約、弁護士費用等担保特約、新車特約などの特約が合計されたものです。

自動車保険の無料一括見積もりサービスを使うことで自分の保険の条件で各保険会社の保険料と内訳、保険の条件と内容を無料で確認することができます。

例えば、基本保証である、対人賠償保険、対物賠償保険、他社運転特約、車両保険、人身損傷保険、登場者傷害特約などの保証額と特約をつけた場合やつけなかった場合、保障の内容を変更した場合の保険料の違いと内訳も複数の保険会社の保険料を一括で確認することができます。

そのため充実した保険内容でありながら最安の保険料になる保険会社を無料で調べることができ、どの保障をつけると保険料が安くなったり高くなるということが保険会社の担当者に聞かなくても自分で確認することができます。

自動車保険の保険会社の担当者は保険料を多く払ってほしいので本来必要ではない保証だったり保険料が高くなるような保証をつけさせようとしたりしますがそのようなことがなくなるので大幅に保険料を安くすることができます。ほとんどの人は知りません。

自動車保険の内訳と保険料の比較は無料一括見積もりで無料でわかる

自動車保険の内訳と各保険会社の保険料の違いは無料の自動車保険の一括見積もりで簡単にわかります。自動車保険の一括見積は何度条件を変更して保険料をシュミレーションをしても無料なので、納得する結果が出るまで何度も見積もりをすれことができます。

自動車保険の保険料の内訳は純保険料と付加保険料の2つ

自動車保険の保険料の内訳は、大きく「純保険料」と「付加保険料」の2つに分けられます。

保険加入者が支払う保険料というのは、「純保険料」+「付加保険料」になっています。

「純保険料」は事故や自損などの時に保険料の支払いに当てられる原資で、「付加保険料」は代理店の手数料、利益、自動車保険事業の経費となっています。

また、保険会社によって「純保険料」と「付加保険料」の割合も違いますし、ウェイトも異なるので同じ条件であっても保険料が変わります。

通販型(ダイレクト型)と代理店型と保険会社の繋がり
  • 通販型(ダイレクト型):  保険会社 <-(直接契約)-> 保険に申し込む人
  • 代理店型: 保険会社 <-(代理店経由)-> 保険に申し込む人

そのため、代理店を持たないダイレクト型保険というのは「付加保険料」の代理店の手数料や人件費、支店等の物件費などの中間コストがかからないわけですから、その分保険料は安くなります。

【保存版】自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いまとめ!保険料を安くする方法

自動車保険の代理店型とは

  • 保険会社 -> 代理店 -> 保険加入者

ここでの代理店とは自動車販売店やディーラー、修理工場、整備工場、中古車屋のことをさします。担当者が保険の条件や補償内容などの相談に乗ってくれるので自分で保険の条件や内容を選べない方や担当者をつけてほしい場合はこちらの方法を利用するといいでしょう。

ただしダイレクト型と比べると保険会社が代理店に払う手数料が保険料に上乗せされるので保険料は120%〜150%ほど高くなるというデメリットがあります。

また他の保険会社と保険料や補償内容の比較ができません。

自動車保険のダイレクト型(通販型)とは

  • 保険会社 -> 保険加入者

ダイレクト型(通販型)は代理店を経由せずに直接保険会社と契約するので代理店に払う中間マージンがかからないため保険料が安くなります。

視点を変えるとダイレクト型(通販型)が本来の形で代理店型が無駄なコストを発生させているともいえます。ただしダイレクト型(通販型)には担当者がつかないので保険の条件や補償内容は自分で選ぶ必要があります。

しかしほかの保険会社と保険料や補償内容の比較が簡単にできます。

ダイレクト型(通販型)は代理店型とくらべて保険料が2割〜5割程度安くなります。

受けられる補償内容な事故の時の対応は代理店型と全く同じです。

自動車保険の保険料は各保険と特約が合計されたもの

自動車保険(任意保険)の保険料は、損害保険や損傷保険、車両保険などの保険と、ファリミーバイク特約や他車運転危険担保特約、弁護士費用等担保特約、新車特約などの特約が合計されたものです。

特に車両保険の保険料はかなり高く保険料の中でも大きなウェイトを占めています。

言い換えれば車両保険をつけなければ保険料が4割〜7割ほど安くなります。

賠償保険 対人賠償保険

対物賠償保険

他車運転危険担保特約

ファミリーバイク特約

傷害保険 自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険 他車運転危険担保特約

ファミリーバイク特約

車両保険 車両保険

※高ウェイトを占める

新車特約、事故付随費用担保特約、身の回り品担保特約、代車費用担保特約
その他 弁護士費用等担保特約、おりても特約、交通傷害担保特約など

保険料の安いダイレクト型(通販型)保険が大幅に節約ができる

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険会社によって等級や年齢や、仕様用途や車種に対するリスクの考え方が異なるため保険料は大きく異なります。

無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく弁護士費用特約付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。

絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。

何度も条件を変更して見積もりをしても完全無料なので納得するまで徹底的に見積もりをして比較をすると保険の条件を充実させながら保険料を安くすることができます。

800万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社の保険がお得になります。この一括見積もりでの算出結果は保険会社が直接算出するものなのでその金額で実際に乗り換えることができます。

事故で等級が下がって保険料が上がった場合でも、そのまま継続すると保険料は高くなったままですが、同じ保険の条件で保険料の安い保険会社に乗り換えることで事故をする前の保険料よりも安くすることができます。完全無料なので一度試してみてください。

今契約している保険会社が実は他の保険会社よりも大幅に高かったということにも気がつけます。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2018年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)